人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ニセモノの良心

soulwarden.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 20日

台風と中継局

ごめんよ。更新滞りまくりです。改編前という時期柄…だけじゃないですリア充ですすみません。今も身体ダルくて布団から出れないで携帯から更新しているくらいリア充。つか風邪引いたかも。



世の中では台風がやってきてて大変だったみたいだね。これも時期柄。大変。


何が大変って停電が大変。

停電になったらテレビ局と圏内全域に張り巡らされた中継局・サテ局も当然ながら停電する。すると電波も停波する。
するとCMが送出出来ない→契約違反→ペナルティ3倍(事故のペナルティは業界慣例で3倍だ。1本のCM未送出につき3本補償になる。)→そんなに枠がない。


なので、停電でも電波を止めないシステムがどうしても必要になる。

本家のテレビ親局は無停電装置と自家発電と燃料があるから、1ヶ月程度は大丈夫。スタッフもいるから対応可能だ。
まずいのは中継局網。
こちらも大抵は停電と同時に自家発電機能が動き出し、1日2日程度は停電中でも電波送出するようになってる。(旧型というか100世帯向けミニ中継局には自家発電機能がないこともある。高いから。)

ただ、台風による停電は、1日2日では復旧しない場合が多い。


と言うことで技術系のスタッフが燃料を継ぎ足しに、圏内に山程ある中継局を駆けまわることになる。台風後の荒れた山道、倒木で前に進めない時には、徒歩で油運んだりとか、すげー大変。



不毛だと思うのは、ここまで頑張って停電時の電波を維持しても、一般家庭の受像機は映らないってこと。だって停電してるから。


まぁ今はワンセグもあるから無駄じゃない。
…と信じて、技術スタッフは今回の台風も徹夜で頑張ったのだろう。


今回の台風で停電の憂き目にあった局があるのかどうか、知らないけどね。

by soulwarden | 2008-09-20 15:37


<< いいかげん書けよ俺      で、ネットタイムどうするのさ?... >>