ニセモノの良心

soulwarden.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 04日

新聞業界が動き出した

おひさ。





さて、僕がサボっている間に、朝日・日経・読売が3社で共同ニュースサイト立ち上げや、
戸別配達の共通化を、毎日は毎日.jpの立ち上げ、産経はMSN産経を行うらしい。


新聞も大変だなぁと思う。
都市部はいざ知らず、山間部では個別宅配も相当厳しいみたい。
まぁ隣まで1キロとかの地区で利益率が都会と同じになるわけがない。

ネット事業も報道機関としてやらないわけにはいかないけれど、コストばかりかかって金にはならない。(誰だ?ネット配信は安いって言う奴は。)
現状、新聞紙の収益をネットに突っ込んでいるような状態で、かつそのネットに情報を出すことで「ネットで十分」と新聞紙が売れなくなっていると言う悪循環。(朝日にいたっては別の理由で売れなくもなる。)
ほんと、「ネットやめたら?」と声をかけたくなる状態だ。


その上朝刊夕刊の半日単位だったスクープ合戦が、
今ではネットに戦場を移し、1時間単位で抜いた抜かれたやるはめになっている。
(産経の社長が今回、「スクープ記事も新聞発行を待たずに掲載する」なんていっているけど、とっくの昔に始まっているよね。)
このスクープ合戦に何の意味があるのかは分からないけど、まぁそんなもんなんだろう。



さて、これらの新聞社の試みはうまくいくのだろうか?
もっと言えば、新聞社はネットで収益を上げることが出来るだろうか?

・・・難しいと思う。
広告費で無料のビジネスモデルは、そもそも市場が小さくて現状ではおさまらない。(日本全体でインターネット広告が現在3600億。2011年予想でも7000億しかない。現在の新聞社の広告収入は1兆円弱で、これが全体収入の半分くらい。)


せいぜいネットと新聞の記事を共通・自動化する等で、コストを抑えていくしかないだろう。
(利益率を捨てて、ネット広告費を新聞広告費の減少分の補完とし、グロスの数字を確保できるかどうか。)
そう考えると、ネット独自のコンテンツはありえない。というより成り立たない。


・・・誰だ?ここでロングテールの法則とか得意げに言ってる奴は。
基本的にPV集める商売とロングテールは相反する。手間をかけてロングテールを整備しても旬の話題1つのPVにもならない。
(例えばアーカイブを全部ネットに出すなど、新聞社独自のニッチなPVを稼ぐ手段はあるが、ニッチを集めたってニッチにしかならない。さらにアーカイブDVDも売れなくなる。
そして、それより「エリカ様不機嫌」の方が、よっぽどPVを集めたりする。)
 
ロングテールに意味が見出せるのはそれが銭に直接替わる場合だけである(アマゾンのように)。つまり新聞社の場合、有料化するしかない。
でも、情報には金出さないよね?



僕の予想だけど、モデルが立たない以上、手っ取り早く稼ぐ「パブリシティ」やバナー広告に連動した「提灯記事」が今後増えるのではないかと思う。
新聞社のブランドを利用できるし、「紙面じゃないから」という理由もある。
その後は・・・紙面のみに戻る社が出るのではないだろうか。5社全部は市場に収容しきれないだろう。









ネット社会がどこまで進んでも、新聞社は必要。
というか、情報のハブセンターは必要。

「情報をまず全部出せ。そこから必要な情報はピックアップする」という需要もあるし、
僕もその考え方に近いけど、それにも、まずは情報を集積させる必要があるのだ。
RSSリーダーだけでそこが何とかなるとは思えない。
記者クラブがどうとか、プレスリリースまる投げとか、新聞社への批判もあるし、
それがあたっているところはあるが、
だったら世の中のプレスリリ-スを全部読めるの?って話になるし、ノイズ除去が出来るの?って話にもなる。
多分、そういう意味で記者はずっと必要なのだろうと思う。




 もっと先のことを考えると、というかこれは僕の願望半分なんだけど、
新聞社が「情報の信頼度」を判定する「ソース」機関になるのではないかと思ってみたり。
(この話、書いててあまりに現実味なかったので、詳細には触れず、ほめのかして終わっておこうかなぁと。)
[PR]

by soulwarden | 2007-10-04 01:56


<< ニュースが無料で読める恐さ      アニメ産業に関する公文書 >>