2005年 05月 26日

メディアリテラシーっておいしいの?

 一時期テレビで流行ってて、また最近聞かなくなった言葉に、「メディア・リテラシー」
ってのがある。
さっき、民放4局のホームページで検索かけたら2003年を最後に、そういう番組はどこも終わったくさい。(テレビ東京はHP内検索がなかったので出来ず)ブームは去ったのだ。

「メディアリテラシー」をみんなの百科事典Wikipediaで調べてみた。
リンクがうまくいかなくて何が悪いか判っているんだけどどうやって直せばいいのかが
判らないので普通に引用してみると
>メディア・リテラシーとは、情報メディアを批判的に読み解いて、必要な情報を引き出し、
>その真偽を見抜き、活用する能力のこと。「情報を評価・識別する能力」とも言える。

らしい。なんで、これが「21世紀を生きるにあたって必要な能力」だと持ち上げられ、そして今のテレビでは語られなくなったのか。
 それは多分気づいたから。
メディアリテラシーなんか持たれたら、自分達の首を絞めてしまうことに。


 「テレビで見たから間違いない」と近所のおばあちゃんが言う。
テレビから流れることには絶対嘘がない。
だって、沢山の人が見てるものだからちゃんとしているはず。僕もそう信じていた時期もあった。
でも、テレビは嘘をつく。バラエティで報道で天気予報で。
・・・まぁ天気は仕方ない。とにかく嘘をつく。
そして、テレビが嘘をついていることを、純粋な近所のおばあちゃんとかに知られてしまったら
テレビという装置自体がソッポを向かれてしまうことに繋がる。
そしてテレビ局はその「テレビでいってたから間違いない」との根拠なき「信頼」で飯を食っている
・・・・笑わないように。

 もっと言う。武富○・アイ○ル・アコ○なんかをはじめとする、いわゆる「サラ金」が、
なんだか「サラ金」でなくて「良心的な金融業」みたいなイメージを与えることに成功したのは、
絶対にテレビのおかげである。街にあるサラ金には玄関から入りにくいし印鑑押した瞬間に
「返せなかったら腎臓が・・・」とか考えちゃうけど、無人君はスタイリッシュに借りれちゃう。
返せなかったら一緒なのに。
テレビは、自分のところに寄せられた「信頼」の一部をお金に替えてサラ金に売却した。
一時期のスポット売り上げ低迷の際、無茶苦茶高いコスト(スポットで視聴率1%あたり
いくらで販売するか)を提示されて誘惑に負けた。
そして、テレビ局は「チワワなんかで騙されるかよ!」と考える層からの信頼を失った。
 この時テレビ局は、寄せられた信頼が「小売りできる商売道具」であることに
気づいたのかもしれない。
パチンコ、健康食品、宗教、テレビ局の「信頼」を買いたい(つまり視聴者を騙したい)
スポンサーはいくらでもいる。
 メディアリテラシーなんか一般層に持たれたら売り物の「信頼」が目減りしてしまうのだ。
商売上がったりである。

 以上、営業的視点。そして、次は統治ツールとしての視点。

マスコミュニケーションは大量情報を大量な対象に画一的・一方的に流せることに意義がある。
そこで流れる情報は、誰かの視点で語られた共同幻想の種だ。
少なくともその視点はあなたのものではない。その情報だけを材料にあなたが考えたことは、
誰かの視点で語りつくされた思考の一つに過ぎない。誰かは報道デスクかもしれないし、
その上司かもしれないし、会社を超えたさらにその上かもしれない。
一番わかりやすい話。記者発表中の「マスコミが悪い」との発言はきれいに編集される。
夕方や夜のニュースで流れることはない。

だから自分でソースを当たるような人がいればいるほど、(全体的な)効率は下がり、
その誰かにとって都合のいい物語に「ノイズ」が混じる。
(当たり前だがソースを当たった人の個人的な福利は上がる。)





ひろゆきの至言。
「嘘を嘘と見抜けない人は(この掲示板を使うのは)難しい」
要は、数字が頭につく掲示板のルールをテレビに適用できるかが
テレビにおけるメディアリテラシーである。
誰が書いたか分からない情報という時点で、テレビからの情報は便所の落書きと
実は大差ないのだ。情報を保証しているものは、あなたがテレビに寄せている
根拠なき信頼のみだ。
だからソースを当たろう。
テレビ局の人間は、あなたが騙されるチャンスを伺っているのだ。








騙された?
[PR]

# by soulwarden | 2005-05-26 08:08 | メディアリテラシー
2005年 05月 25日

生活リズム壊れた

なんだかとっても朝方人間。昨日も5時とかに更新してる僕。

1回起きるのが早いと、その日のエネルギー切れも早くなってさっさと寝てしまい、
次の日起きるのも早いという悪循環。


いかん。このままでは健康になってしまう!
[PR]

# by soulwarden | 2005-05-25 07:28 | 日常
2005年 05月 24日

果たしてテレビはジャーナリズム足りえるのか1

 再びAd Innovatorさんのところより
Morgan Stanley:記事を流す前に知らせないと広告を引き上げるそうです。

一番最初にこの記事を読んだときには
「引き上げる宣言をするなんて、男らしいじゃん。」と思った。表立って堂々と圧力掛けるなんてなかなか出来ることじゃないと思う。普通はもっとこっそりやるから。
コッソリ圧力ってのは、あるかないかといえばまぁ・・・まぁ想像通り。


すべてのテレビCMは広告代理店を通される。そしてその半分くらいは俗にDと呼ばれる日本最強の広告代理店。その6割くらいがパッポンドウ連合。
細かな代理店は山とあれど、基本的に寡占業界。業界全体で公取が入ったくさいという情報は守秘義務違反な気もするが言ってみる。
だから構造的に強ええ。本気の喧嘩の時はテレビ局は収入の半分なり3割なりがなくなることを覚悟しなければならない。=喧嘩は当然出来ない。


 商業的ジャーナリズムという言葉を聞く、。が、本来この2つは絶対に両立しない。
少なくとも現在のビジネスモデルでは。
 それは僕が会社で上司の悪口を面と向かって言えないのと基本構造は一緒。
だってそんなことしたら残業代と人事評価点減らされるじゃん。
  

 この話、後日に続けさせて下さい。話したいことは沢山あるネタですので。
[PR]

# by soulwarden | 2005-05-24 04:51 | 疑問
2005年 05月 22日

15分の1CM

もう寝るか・・・と思ったところで、Ad Innovatorさんのところで大変なもの発見。


これ、日本でも可能性はある。多分。というか僕がスポンサーなら、これ、やる。


テレビCMの場合、3ヒットの法則っていうのがあって、平均で3回見ないとその商品を認知しない。とされている。実体験で考えても、多分そんなものだろう。
で、質のいいCMは1・2回で商品認知をし、しかもそれが購買行動に結び付く。
質の悪いCMは、半年間タイムでついていても視聴者に覚えてもらえない。


1秒CMなんて奇抜なものが放送終了時(station break通称ステブレ/SB)に毎回流れれば、目には付くし、3ヒットも簡単に達成することが可能。
しかも、15秒分CM料金を払わなくてすみそう。スポンサーにとっていい事尽くめ。
まぁ、1秒じゃ言いたいことは言えないだろうけど。
想像するに使用前の「くさッ!」バージョンと使用後の「臭くない!」バージョンだろうな。。。で、1秒。


一方テレビ局の事情はと・・・
まずCM枠はほとんどの場合15秒で割り切れる秒数で設定されている。つまり、1秒CMなんか入ったら残り14秒が無駄になる。しかも14秒って埋めにくい。3秒・5秒・10秒・12秒の番組PRはこの世に存在するけど、そのどの組み合わせでも14秒にはならない。。。
じゃあCM枠を2分1秒とかに設定したら?と言われそうだが、CM枠(フォーマットと言います)を変更するのは大変手間で、放送事故を起こしかねないのでこれも難しい。
1秒CMがメジャーになればフォーマット上でも対応可能だし、同枠に2か3つずつ1秒CMを入れれば番組PRで穴は埋められるけれど、1秒CMなんて奇手を多くのスポンサーがやったら、認知度は逆に下がってしまうので(SB2分間、120スポンサーが1秒ずつとか、想像しただけで気分が悪くなりそう。。。)これもない。


しかも一番辛いところ。スポンサーとは逆。
1秒でも15秒でも、使うCM枠の数は結局一緒だけど、スポンサーがCM料金を15秒分払ってくれるとはとても思えない。。。


ベルギーのこの1秒CMって料金形態どうなってるんだろ。気になるところです。







あっ、うちのシステムじゃ1秒CMなんてスタンバイ不可能だった。
[PR]

# by soulwarden | 2005-05-22 02:31 | 疑問
2005年 05月 21日

ブログ終焉?!

ガ島通信さんより、
http://blog.livedoor.jp/zentoku2246/archives/22452637.html


そんな?!ブログの終焉って、僕はつい1週間前に始めたのに!(笑)







考えるところがあるので、追記します。


(以降追記分)

とりあえず上記分だけアップした後、会社で仕事しながらしばらく考えていました。
仕事中の自分へのお題:
>それは単純にブログがリアルに支えられた、コミュニケーションツールになった。
>WWWやメールのように、システムインフラとして今からスタートしたということでは
>ないでしょうか。
何故終焉なのかという文脈で、ガ島通信さんのこの文をどう捉えるか。

⇒これからブログは、リアルに支えられたコミュニケーションとなっていく。そしてそれは現状からの変質を指すので、ブログはある意味終焉し、そしてこれからスタートする。
・・・そう理解するのが自然なのかなと。


システムインフラ化するかと言えば、ブロガーの数が増えている今、その可能性は高いと思っています。(まぁ揚げ足を取るならばブログもWWWの一部ですが。)

で、ここからがわかりません。
何故に、リアルに支えられる必要はあるのかなと。じゃあ今あるブログは全て質的変化を起こすのかなと。

リアルだとかサイバーだとかは、瑣末的なもので正直どうでもいいことです。要は何を表現するかで、それはリアルに担保されないと破綻するようなものではないでしょう。
というか、もっと言えばリアルなんかに言及されると僕なんか非常に弱いです。
うちは組合に入ったら役員に呼ばれるような会社なんです。ブログなんかつけている事が上にばれたら、例え守秘義務違反なんかしてなくてもgoogleみたいな対応とりますって。
ただでさえ、表現するために僕の立ち位置を示しただけで、「150社の中小企業群の勤務者の1人」ってところまで条件絞込検索できるんですから。
だから、リアルに言及されるとすれば、僕にとっては「ブログ書くな」と言われるのに等しいのです。勘弁して下さい。
(ただ、エキサイトには住所氏名年齢趣味好きな食べ物座右の銘、うそ偽りなく登録しております。僕が刑事で訴えられた時には僕のリアルは担保されていますので、その時には皆様好きなように煮て下さい)

話を元に戻します。
では逆にR-30さんがおっしゃるような、リアル側のインセンティヴの問題なのかと。
リアル側で何かいい事がないと、これ以上ブロガーが増えないし質も向上しない。それなら話は分かります。

じゃあ。と僕は思います。
最初、ブログを書きたいから書いたであろうであろうガ島通信さんにとって
「ガ島通信第1期終焉」とは、「ブログやっててもリアルでいい事ないから終焉。商業主義的第2期へ続く」との宣言になるのではないのかなと。


・・・なんかもう推測するのも考え疲れましたので、ガ島通信さんの
>まだ、きちんとまとまっていません。ぼんやりとそう思っています。

の、まとまるのを待ちます。。。
[PR]

# by soulwarden | 2005-05-21 12:06 | 疑問
2005年 05月 20日

眠いながらも今から会社

 先日ですが、某ゴーログで、「TBS盗用問題にみるマスコミの現状」についての記事がアップされてました。



そりゃ、おっしゃることも分かります。「奇遇ながら」僕も全く同じ事を思っていました。

というか、原理屋はいつも正しい。後は本人のスタンスと言動ではないかと。
だから正しいことを言っているのに、「例のセクハラ報道、まだ根に持っているの?」と邪推して終わってしまいます。



・・って説得力がないのは、僕も同じなんだけどね。所詮、安全なところから叩いている側です。


(5/21、加筆修正しました。)
[PR]

# by soulwarden | 2005-05-20 06:53 | 日常
2005年 05月 20日

テレビCMの効果って?続き

おはようございます。(業界人っぽく。)
・・・てネタをやろうとしたんですけど、リアルに朝ですね。ゴミ出さなきゃ・・・


昨日の、いえ、一昨日の話の続きをば。

これまでのまとめ
1、テレビ局は視聴率を指標にしてCMを販売している
2、視聴率はどうもテレビ局有利に設定されている
  ↓
VNU社が行おうとしているポータブル・ピープル・メーターは、テレビ局的にまずいんでないかい?


 先日はCMの「密度」がばれる。とは書いたものの、スポンサーサイドからすれば、とっくに判っていることだろうとは思う。指標として、商品の反響率があるからである。
 
 例えばhotwiredにも名前が挙がっていたP社。このスポンサーは、ネットタイム戦略をとっており、昼帯からゴールデンまでにかけて、1日の出稿量も多い。
P社は、ネットタイムCMのローカル差し替え(発局からのネットCMを、ローカル局で同スポンサーの別CMに上書きすること)を多く行う。普通ローカル差し替えは、発局(東京・大阪・名古屋)で流れるCMの商品がその地方では販売されていない場合に行われる(例えば発局が大阪の一般車のCM、北海道では寒冷地仕様車のCMに差し替えられる)が、P社は、販売可能であろうがなかろうが、とにかく毎回差し替えだ。

 ここからは想像だが、P社はその地区における「CM投下量と商品売り上げの相関」について、統計を取っているのではないかと思われる。細かにCM素材をいじることにより、地区特性と番組視聴層属性を把握している、と思う。というかそれ以外考えられない。

 公称視聴率と商品売り上げ高は判明している。そしてその相関関係もわかっている。
この時に公称視聴率が実際より高目となると、購買活動におけるCMの影響度は逆に落ちるということになる。
つまり、(誰も知らない実際の)視聴率10%の番組へ出稿した際の商品売り上げが、100万円だったと。で、視聴率調査で出てくる視聴率によると、その番組は20%とっていたと。
この場合、CMの購買における影響度、つまりCMのコストパフォーマンスは半減している。

 つまり、テレビ局は、今現在、自分の首を絞めている可能性がある。
あれ、最初に想定していた結論と違うな・・・続けます。

 そして問題のポータブル・ピープル・メーターである。
この機械で購買行動におけるCMの影響度が判明すれば、「視聴率」「商品売上高」「購買行動に与えるCMの影響度」のデータが揃う。
小学校の算数の速さの問題「時速・距離・時間」の関係のように、本来これらのデータは、3つのうちの2つが判っていれば残りのひとつは自ずから判明する数値だ。
しかしポータブル・ピープル・メーターのデータがあれば3つのデータが相互に補正されあい、より正確なデータが提供される。
 逆に言えばポータブル・ピープル・メーターによる調査をしばらく継続し、補正に必要なだけの
データをそろえた暁には、「視聴率」と「CMの影響度」から「商品売上高」が事前に算出出来るという、恐ろしく画期的なシステムとなる。(商品にもよるでしょうが)

・・・なんだ。テレビ局関係ないじゃん。
と言いたいが、「CMの影響度」が出るのは、正直ビクビクものである。
現在の流通において、新商品には「500%以上の総視聴率(GRPと言います)を投下しないと、うちの小売店では取り扱い致しません。」等という縛りがあるのだ。正確な数字は知らないけど。
また「1000%以上のGRP投下で、陳列棚のいいところを提供します」というやり方もされる。
ポータブル・ピープル・メーターによって、「CMの影響で売れて」いるのか、「陳列棚がいいので売れて」いるのか判明してしまえば、そしてその結果CMの影響が実はゼロなら、テレビ局破産。 自分の購買行動を考えると、CMの影響はさすがにゼロではないと思うのだけど・・・不安でいっぱい。


 いずれにせよこのテレビ業界は、広告という、効果があるんだかないんだか算出や検証のできない、よくわからない世界の中で生きてきていて、数字の取り扱いに慣れていない。
 だから視聴率でも、誤差3~5%くらいあるのに0.2%とかの上下で一喜一憂している。あほくさ。
 ポータブル・ピープル・メーターの技術的完成度は分からないけれど、これからデジタル化をはじめとするイノベーションの結果、そういったリアルな数字に晒される可能性は増えていく。



 どうするんだろうね。僕も覚悟しとく方がいいかな。
[PR]

# by soulwarden | 2005-05-20 06:32 | 疑問
2005年 05月 18日

テレビ広告の効果って?

Hotwiredに気になる記事が載ってた。

テレビ広告の効果を正確に測定する新プロジェクト(上)
テレビ広告の効果を正確に測定する新プロジェクト(下)


テレビ局の主なCMの販売は2通り。タイムとスポット。
タイムは、3ヶ月単位で「番組」を購入するやり方。最低CM秒数は30秒で提供が出る。
スポンサー名を番組名につける「冠」も可能。「日立 世界ふしぎ発見」みたいな。
この販売方法は、スポンサーにとって番組イメージを
スポンサーイメージに投影させることが出来るのが強み(と言われている)。

スポットは視聴率でCMを販売する方法。基本単位は15秒で、
流す番組の視聴率を加算していき、購入金額にあわせる。
例えば「1%1万円で150万円分。期間は1日から4日まで」との発注があった場合、
1日の伊藤家の食卓(30.5%)1本、
2日と3日のNews23(20.9%と10.2%)1本ずつ、
4日の大岡越前(21.5%)とその終了時(25.2%)1本ずつ、
同日のでぶや(11.1%)スマスマ(30.6%)1本ずつ。   合わせて150%毎度あり。
この方法だと、新商品発売とかで1週間CM集中投下とかが可能なのが利点。

そしてそのどちらの販売方法も視聴率が大きく影響する。
タイムは視聴率が悪いと番組にスポンサーがつかないし、スポットの視聴率の低下は、
在庫量の減少につながってしまう。(視聴率が上の例の半分しかなかったとすると、
発注を満たすためには、もう75%分の本数を出さないといけない。)


で、ここから本題。
現在のビデオリサーチ社の視聴率調査は、どうもテレビ局有利に設定されている。
何故か。答えはビデオリサーチの株主

一番下の段は代理店が並んでいるが、これも事情は一緒。
実際にCMを発注する代理店にとっても在庫量が減るのは商売上不利。
パンク(発注されたCM量に対してテレビ局のCM枠がオーバーフローしてしまい、
収容できなくなってしまう事)されたら、首が絞まるのは代理店。
今、テレビ局有利とさらっと書いたけど、理由をば何点か。
①一般に視聴率とは世帯調査の事を指すが、世帯視聴率は1軒につき同時に3~4台の
テレビをカウントする。つまり、世帯視聴率の上限は100%でなく400%。
②個人視聴率の方はいまだ日記式。そして日記式の場合、取れるデータは視聴率でなく
「番組接触率」となってしまいがちなため、機械式に比べて数値が高く出る。

③「テレビを見ている」状況ではなく、「テレビがついている」状況でカウントされる。
④CMになると、もうどうしようもなく視聴率は落ちるが、使用する視聴率は番組全体での数字。


つまり、テレビの売り場面積は実際より広げられている。
というより、CMの1本1本について、販売数字より「密度が薄い」。

VNU社が行おうとしているポータブル・ピープル・メーターは、この状況を無効化する。
つまり、「完全個人の機械式視聴率」が「どの程度意識して見られ」たか調査され、
さらには「それが購買に結びついたか」までをチェックされる。

・・・つまり「密度」がバレる。


ちょい長くなってきたので続きは明日に回します。眠いし。



おやすみさい。。。
[PR]

# by soulwarden | 2005-05-18 01:47 | 疑問
2005年 05月 17日

うちの親父も禿げている

 そういえばこのネタ報道しないなぁ、YAHOOで見たっきりだ。と今気付いた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050512-00000051-mai-bus_all
http://www.shiseido.co.jp/050506adngn/html/sw_adngn.htm
消えてるので追記。
資生堂の「禿げは子孫に迷惑」とのネットCM(ホイチョイプロ作)が、抗議を受け中止。資生堂がお詫び文を掲載。



この会社、怒らせるとまずいスポンサー10位以内には入ってる気がする。
自粛か圧力かは知らないけど、確実に言えるのは、報道していないという事実。
例えナチス並みの優生学思想の持ち主でも、金を持ってたら勝ち。資本主義万歳。



JR西日本も、もっとお金出してたら、あんなに叩かれなかったのにね。
[PR]

# by soulwarden | 2005-05-17 00:15 | 疑問
2005年 05月 15日

はじめに。

僕が地方のテレビ局に入社して3年経ちました。

 入社以来、数々の疑問が仕事中に沸いていました。その疑問の99%は新入社員の無知と無経験からくるものでしたが、残り1%は核心を突いた疑問だったと思います。

 そして僕は、現在進行形で、疑問に思った大事な1%の事実を忘れていっています。ニセモノの多いこの業界の中に埋もれていってしまっています。

 例えば、JR西日本の事故会見にて、怒声を張り上げていた報道陣。彼らは間違いなく醜悪そのものでした。でも、彼らは自分達で自分の事を醜悪だとは思わなかったでしょう。きっと日常の仕事に追われているうちに「疑問だった事実」を忘れ去ってしまったのです。それか最初から勘違いしていたかです。
 

 僕は埋もれたくない。ニセモノを売っているニセモノの業界で、良心の欠片を残していきたい。それが独善であろうと。そして僕自身がニセモノであろうと。



 そんな思いの青くさいブログ。本日開店です。

                              孝好
[PR]

# by soulwarden | 2005-05-15 21:27 | はじめに