「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 20日

鳴らなかった木鐸

報道じゃないので好き勝手に書く。



報道が圧力で報道をやめることはないということはすでに書いた。
そこはまぁそう。

ただ、何故この原発事故はとまらなかったのか。
報道がきちんと機能しており、災害前に津波で危ないんじゃない?という適切な指摘がなされていれば、事前に防げたのではなろうか。そんなことはやはり思う。


圧力でものを書く書かないは決まらないけど、結果論だけでものを見れば(結果論はすごく安易だけど)、結局一緒じゃないかとは思ってしまう。



今回の件、起こってしまった問題についてはTVは比較的よく取材しているし、事実ベースでのオチなしに報道している。安全側に寄った見解が多い気もするが、下手に危険を煽ってパニック引き起こすより100倍まし。あとは要検証だろう。もちろんやらかしている点もたくさんあるだろうし。


ではどこが足りなかったか
「原発が津波で危なくなる可能性を指摘し、事前に問題提起できなかった」点だ。
なぜか。誰か?


これは非常に酷なことを言うようだが、地元のマスコミの責任だ。
県と言う必要とされる場所が明確にありながら、そこに必要とされるだけの情報を結果的には届けられず、東電発の人災を引き起こしたマスコミには、道義的な責任があると思う。別に法とか倫理とかそんなものではなく責任の感じ方の問題として。完全に結果論でものを言っているのは100も承知。


では、何故報道できなかったか。

切込隊長は、
>報道を行って、仮に東京電力から異議をぶつけられて、あるいは巨額の訴訟を起こされたとき、耐えられるだけの証拠集めができるのかというハードルだ

と書いた。これも確かにある。
せっかく事前につかんだ事件でも、映像だけとりだめておいて逮捕の瞬間まで報道しないとかはある。なぜかと言うと訴訟リスクがあるから。逮捕となった場合、事実ベースでの報道となるのでリスクがない。
裁判所の真実報道についてのハードルが高いというのも原因として考えられるが、コンプライアンス追求の結果はないかとは思う。



僕が考えるのは、前に地元の利点として書いた「顔が見える距離」だからかと思う。
利害関係者に遠慮と言う意味ではない。地元で、顔が見える中での報道は、受け手と送り手が近い距離同士で見えるだけに、「あそこのおばあちゃんが、このニュース見て不安に思わないか」と書けなくなってしまうことがあるのではないかと思うのだ。
別にスポンサーには遠慮しないが、地元民や地元民意には遠慮が働いてしまう。

まして原発に関しては福島県民は共犯者だった。なぜならば福島県議会によって誘致されたから。
 共犯者と言うか、なんとなしにの「なんか不安だけど、まぁ俺たちが誘致したんだよなぁ」という居心地の悪さに名前をつけるとするならば、そんな言葉になるのかといった程度の意味だけど。
「県民とともにあるメディア」としては、県民のそのなんとなくの共犯者心理と、なんとなくの安全神話に切れ込みを入れるのをためらったのではないかと思う。
 だから、今となっては予言に近い、共産党の原発総点検申し入れも無視してしまった。メディアも議会も東電も。

そういう居心地の悪さから、結局徹底検証とまでならなかったのではと思う。


テレビ報道はどこもニュースネットワーク制で、県域放送の集合体として全国ニュースが作られる。
ということは、福島地元局が声を上げなければ、誰もあげる人はいなくなる。

何もなければ問題ない。あるけどない。ただ、1000年に1回の地震が来てしまった。



そして3.11、木鐸はならなかった。
[PR]

by soulwarden | 2011-04-20 04:04
2011年 04月 15日

川端幹人へ質問してみたよ♪

川端氏が東京電力をはじめとした電力系が2000億円の広告費を使って

ミヤネ屋も朝ズバッもめざましテレビもバンキシャも報道ステーションもNEWS23も東電がスポンサー」と吠えている件について。


まぁその番組群のスポンサーじゃないことは全部じゃないけど確認済。まぁ1つ2つ確認するだけで十分でしょう。and条件だし。そして普通に番組が訴えたら勝てるレベル。


で、改めて質問ツイートを送ったのでここに公開しておきます。



では@riversidecry荒唐無稽な2000億広告費の根拠説明が終わったところで、その金額が、かの大量投下で有名なgreeの21年度広告予算の28.5倍にもなってしまい、何をどう考えても露出量と矛盾している点を合理的に説明してください。ちなみにこの質問はブログに載せときます。


greeの200倍くらい高く買わないと整合性が取れない。


しかも彼は
>東電には広告とは別に、普及啓発費という予算がある。電事連や他の電力会社、原子力の天下り法人の広報予算などもあわせると、メディアに流れてる金は2千億円! ミヤネ屋も朝ズバッもめざましテレビもバンキシャも報道ステーションもNEWS23も東電がスポンサー。

と「メディア」と言い切っちゃったんで。



返答が楽しみです。


4/17追記
今の状態です。
川端氏2000億円!→それならもっと露出するわ→川端氏実はCMダンピングしててその中で正価で払ってる→そもそもCM枠ダンピングの事実ないし電力も正価で買わない→川端氏あのテレビ局員阿呆。好景気とか言ってる。→ダンピングしてたら枠量一定なんだから市場縮小するよね。でもTV全体の売上伸びてるよね?どう合理的に説明するの?←イマココ!
4/20追記 まだ返答なし
ちなみに
03年19480億
04年20436億
05年20411億
06年20161億
07年19981億
08年19092億
09年17139億
10年17321億
ごめん、伸びるというか横ばい・やや減少傾向だね。09年にがっつり10年に多少戻すだね。
ただし、この中のSPOT枠を見ると、10年は前年比106%を叩き出しており、完全に景気回復してた。(過去形なのは地震があったから)。NTVの社長の同様の趣旨の会見あり。(http://www.ntv.co.jp/info/press/pdf/press89.pdf)
川端氏がいうことが正しく2~5割のダンピングが行われていると、CM枠総量が一定な以上、5~8割に数字が落ちなければならない。が、05~08年の間、料金ダウンはほとんどなされなかった。(物件数が減っただけ。)08年に東京大阪名古屋地区で多少減収が見られる。ローカル局はむしろ好調期。で、景気が急落したのは、09年リーンマンショック以後であり、ここではじめて値下げ戦争勃発、個別物件によっては2~3割程度の値下げは見られた。5割はさすがに聞いたことない。しかし、10年に入ってからスポットが完全に息を吹き返し、同時に全国的にCM枠パンクが頻発しているようになった。枠パンクと同時に09年に下げた物件の値上げ局面に入り、ほぼほぼコストが元に戻りつつあった。またタイムもそれに引きづられて値段を戻していく過程にあった。
11年1~3月が相当よかったので、10年度で見たらより傾向が顕著にわかると思われる。
あと、実は09年もCM絞ったのはナショナルクライアントだけだったということもあげられる。
地元経済はリーマンショックに影響をさほど受けず、普通にCMがでており、値下げなどの話はどこにもなかった。
なので、CMは実は収容しきれないほど好調で、ついこの間(3/11日午前中まで)まで料金アップ交渉をしていたこのタイミングで「電力系はそんな中正価で買ってくれる」とか、そもそも正価じゃねーよ。むしろちょっと値上げしろよ的な。
さらに言うと、スポット枠が立て込んでいるというのは実は大事な傍証で「~を報道するのやめろ!CM落とすぞ」って圧力に「あ、いいっすよ。他物件を断る手間が省けました」というだけの話となる。要は理論的には圧力がかけようがない状況になる。

ま、「不況で値下げで大変」ってことにしないと、川端氏の論拠が崩れちゃうので。
[PR]

by soulwarden | 2011-04-15 00:53
2011年 04月 12日

東京電力の広告費で別にマスコミは黙らない。

東京電力の事故報道において、マスコミは東京電力から広告費として金もらっているから真実が出て来ないというのは最近よく聞く。

うちらそんなものもらってないぞ(東電管区じゃないから)とか思いながら、そんなことはないよと訂正しておく。

・報道と営業は別物
 前にも書いたが、放送局や新聞において、報道記者と営業は別会社かって言うほど分かれていて(実際新聞は別会社だったりする)、ぶっちゃけ記者はその会社から広告料がいくら出ているか知らないし知ろうとしないし知ったからといって別にどうというこもしない。だって職分と関係ないから。
その尻拭いは営業だけど、まぁ嫌味言われて終わり。営業は報道内容に口を挟むことは無いし出来ないということを、スポンサーも知ってるから。
要は組織上、圧力を受けづらい構造にしている。


 また東阪名のスポンサーの場合、広告代理店が間に入っていて、営業ですらお得意の顔を知らないというのは割とよくある話。(地元じゃ代理店機能があまり無いから直でやったりするけど)
そういうところは、まさにスポンサーサイドもどこに圧力かければいいのかわからんわけで。

 つか、スポンサーに遠慮してるんなら「記者の態度悪い」みたいな話、でないよね。



・ネットワークの存在
 東京電力が東北の福島で起こした事故で、地元福島のテレビ局が積極的に動いているのに、そこに東京電力がどうやって圧力かけるの?スポンサーじゃないじゃん。発局のキー局へ?じゃあ大阪発局の場合は?
 どうやっても物理的に無理。



・出稿金額がたいしたこと無い。
 トヨタの例のリコール問題のとき、テレビ局は遠慮ナシに取り上げたと思うんだけど。
 東京電力の出稿量は・・・まぁ間違いなくトヨタよりは少ないだろうね。
で、トヨタの広告費で圧力に足りなかったんだから、東電が圧力かけられるわけないじゃん。





・・・まぁ、何を言っても届かないんだけどね。彼らはマスコミが真実を言わないという「真実」を信じきっちゃってるわけだから。


そしてわかっている人にはいまさらの話。
[PR]

by soulwarden | 2011-04-12 01:50