ニセモノの良心

soulwarden.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 18日

秋葉原デモの信じられない稚拙さ又は、ぼくのかんがえたデモ

今週末、つか今日、実は東京にいた。

出張の度に東京いること書いたら、出張スケジュールから身元逆算されそうだから最近書かないようにしてるんだけど、実は最近ちょくちょく東京にいたりする。


で、聖地秋葉原で買い物(交換レンズ買った)した帰り、日の丸抱えたデモ隊に出会った。

人数は200人弱と言ったところか。
シュプレヒコールが要約するとこれ。
「中国人は出ていけー。ソフマップを秋葉原から叩き出せー。民主党は売国奴だぁー。中国共産党はなんちゃらー」…お腹いっぱい。


これはただのレイシストの集団。
「人種差別はいけませんよ」との小学校の教えすら忘れたところを見ると、頭悪いをつけてもいい。
日の丸汚すようなことするな馬鹿。

 ネタとしては面白かったので写真撮ってたら、「中国人かてめー」とデモ参加者に絡まれた。そのあまりのテンプレさに爆笑していた僕は、公安に引っ張り出され「煽るな!面倒を増やさないでくれ。囲まれて殴られるぞ」と怒られた。ごめん。でももしも殴られたら間違いなく刑事と民事にするから証言台に立ってね。(つか殴った時点でデモの負けだ)


こんなんが保守とか思われると、日本の恥だ。
昭和20年と一緒・・・どころか「神国日本の地を異人どもに踏ませるものか!」とか言ってた安政頃の攘夷派となんら変わらん。


尖閣諸島の件で腹が立つのもわかる。僕もあれには腹が立つ。
じゃあ、どうするかだ。


まず目的と主張の整理だ。
目的は、まぁ・・デモをやるぐらいなんだから時節自説の支持者を増やし、共感を得たい」となるのだろう。政治活動なんだから。
(「主張すること自体が目的」は、すでに手段と目的が入れ替わっているので、ここでは放置する。また、単にソフマップへの営業妨害の筋も考えられるけど、まぁそれも考えない。言論の自由を超えた、ただの威力業務妨害事件だからだ。)

さらに主張。僕が聞いた限り
1、中国人排斥
2、中国人相手に媚びる日本企業の排斥
3、民主党政権の退陣
4、中国共産党の世界からの排斥

以上に聞こえた。もっと崇高な主張はあったのかどうか知らないが、少なくとも僕には届いていない。


これだけ見るだけで、彼らが安保の歴史から何の教訓も引き出せていないことがわかる。

第一原則
・一般良識から遊離しない。
第二原則
・日常生活を脅かさない。
 1951年、現在の共産党は(スターリン・毛沢東の指導の下)武装闘争路線を選択し、交番とか襲撃したりしていた。殺人もあったかな。しかしその結果、共産党は良識ある有権者より見放され、52年の総選挙で全員落選という憂き目を見る。
 共産党の武闘派と血気盛んな大学生が、「新左翼」となり、その後武装闘争を継承するが、やはり交番襲撃事件やあさま山荘事件等で、殺人の事実が明らかになると、市民活動から遊離していった。
 つまり、市民生活において普遍的な真理とされているもの(ぱっと思いつく限り、公平・公正・平等・伝統・自由・民族自決・公共・自)そういった概念の順列組み合わせで表される特定の社会の「正義」の概念)それに反している概念は、良識ある市民は、受け入れるのに抵抗を感じる。その時点で拒絶されるといっていいかもしれない。
 社会から遊離した過激集団はテロに走るか消滅する。(選挙という形で社会から排斥されたオウム真理教が、その後急速に変になって例の事件群を起こしたように。赤軍の例は・・・挙げるまでもなかろう。)まぁ、事件も消滅もどっちにしたって先がない。

よって
1、中国人排斥
2、中国人相手に媚びる日本企業の排斥

については、問題外の主張といえる。
1は、市民の良識(平等・公平)から外れるため、にわかには受け入れがたい。つかこれを受け入れる日本人は見たくない。
2は・・・場合によっては市民の良識よりも優先順位が高くなる「日常生活」を脅かすため、絶対に受け入れられないであろう。つか「中国人相手に搾取」している優良企業ソフマップに出て行けといい、国産を中国産に切り替えて工場流出させた他企業に何も言わないのは・・・まぁ安政時代を生きる者には難しい問題なんだろう。

つーことで、主張すべきは
3、民主党政権の退陣
4、中国共産党の世界からの排斥

あたりなんだけど、くっつけて語るとロクなことにはならんので、分けたほうがいいだろうね。
僕としては、自由・民族自決・公平・公正の概念に訴えかけられる「中国共産党の排斥」が、正義の優越を得やすいため、そこだけメインに押すことをお勧めする。(それに民主党政権が云々は、「正義」ではなく「主義」に収斂されるし)

絶対に間違っていけない点は「中国共産党」と「中国人」を別に考えること。
(追記:ここ書き方悪いな。要は混ぜるな危険!だ。)
悪いのは自由を認めずエスニッククレンジングを続ける中国共産党。中国人は朋友。
ここを混同したら、これこそ「正義の優越」に致命的な穴が開く。
(今日のデモの一番駄目な点はここだ。)


次。手法。

今のご時勢に「デモ」ってどうよ?
まったくもってスマートじゃないんだけど。
さらに、僕もされた威圧行為。社会に主張を届ける態度じゃない。ただの頭の悪いチンピラだ。が、そんな態度しか取れない人間が大勢の集団なのだろう。少なくとも公安にはそう思われている。

正直、中国の対日デモのような民度の低いマネをする必要はまったくない。











以上のことを踏まえた「僕が対chinaデモをするならば」
場所:ノルウェー大使館(広尾)発中国大使館(六本木)
題目:「劉暁波氏ノーベル平和賞おめでとう!」大祝典。
時期:12月ノーベル平和賞授賞式の頃
主催:在日中国人の人に立ってもらうのが一番いいけど、家族親戚の問題もあろうから、まぁ日本人で祝ってあげましょう
広報:この祝典は、既存メディアも取り上げやすいし、それが駄目でもZAKZAKあたりはちゃんと広報したら来てくれるので記事書いてもらう。
進攻:記事を基に、「おめでとう!僕らも祝ったよ!」の内容を中国のネットに書き込みまくる。Great wall of Chinaは反応し、削除・規制の嵐をかける。そして、削除・規制の事実を積み重ねることで次なる火種としていく。うまくいけば、削除・規制以上の状況も引き出せるかもしれない。(日本のISPにも中国国内と同じように振舞ったりとか、量が量なんで間違えて・・・とか)
ただ、削除・規制だけでも祝典との合わせ技でうまいことロビー活動しておくと、多分国会論争の具になる。

保守→革新と政権交代した場合、革新は保守よりタカ派となることが多い。(ならざるを得ない場合が多いが正解かな。)
よって、何らかの好材料は引き出せるだろうし、それをしない場合には革新の失態となる。


まぁそこまで行かずとも、ノーベル平和賞受賞が報道されない中国において、行為に意味があるはず。




市民の良識にも逆らわないし、金ももかからない。
指針だけ出したら、コピペ人員は沸いてきそうだし。楽な方法だと思うけどなぁ。
本当は、中国国内、出来れば天安門あたりで「おめでとう大行進」やってあげたいけどね。さすがに日本人の集団は戦車でひき殺せないだろうしさ。(全員拘留はされるだろうけどな。まぁこれも材料になるかも。)
[PR]

by soulwarden | 2010-10-18 00:34
2010年 10月 07日

中央宣興倒産にて

中央宣興が10月5日(昨日)破産した。
経緯についていくつかなんとなしの噂も聞いてみたり。

正直、他人事ではないという代理店もあるかと思う。他人事ではない放送局はその数倍いると思う。(とりっぱぐれたという意味で)



つかリーマンショック以後明確に、水面下では相当以前から、広告業界の構造が変わりつつある気がする。
数字が全部揃えられなかったから、理論を持って言えないんだけど。


というのは、代理店に取り扱いの集約が起きており、上から3つに集中してきている気がするのだ。
・・・というか、今まで放っておいた癖して、他人のものになった瞬間に手を出すという悪女みたいな事象が多くなった気がする。業界紙を読む限り。


・・・そりゃ掻っ攫われた側の代理店は厳しくなるなぁと。今回の件でそういうのがあったかと言えば、別段ないんだけど。



で、上から3つに集約されるというのは、取引の安全性は向上させるものの、他に放送局としてのうまみはないんじゃないかとも思う。物件が集中すると、1つの物件について他の物件まで紐付きにさせられるだけ可能性が高まり、その分枠使用についての制約が上がるような気もする。
もっと言えば「俺の枠」とか代理店に勘違いをさせてしまう。


放送局は、弱小代理店の肩入れをするぐらいのつもりで実はちょうどいいのかもしれない。
・・・とかちょっとだけ思っている。




















あとデモの件、もうちょっと世間が落ち着いてから、「完全に機を逸したな」ってタイミングでなんか書こう。
[PR]

by soulwarden | 2010-10-07 00:18