「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 28日

ネット選挙の課題

twitterで鳩山首相の偽物が遊んでたんだってね。クリスマスに暇だからというだけの理由で。

あほくさとか、ネタとして普通につまらんとかは思えども、twitterがキャズム(笑)を超えるにつれ、まぁ今後こんなことが山ほど起きてくるのだろう。むしろ早めに大きな事象が起きてくれて良かったのではとも思う。
・・・早めって言うのは、選挙運動をネット上でもできるようにとの話が具体化する前のタイミングってことね。

現在の公職選挙法では、twitter・ブログ・メルマガ等々ネットを選挙運動(政治活動とは異なることに注意)には利用できないことになっている。
これらのネット上の活動は選挙期間中は公職選挙法上の「文書図画(とが)の頒布」にあたると総務省が解釈しており(まだ司法の見解はないはず。)、また文書図画の頒布の脱法行為禁止の条文もあるため、どっかの優生学市長くらいの厚顔じゃないと更新なんてできない状態におかれている。

僕は前にもちらっと書いたけど、選挙運動にネットが利用できることには否定的だ。反対というか、このままだとロクなことにはならん。

その理由を挙げてみる。

・今回の騒動のように偽物が出てくる
本人確認をどうするかというのが大きな課題。
とはいえ、この問題は本人だけに限らない。連座制対象者(親戚とか後援会管理者)のブログになりすまして「票買います」って告知した場合にはどうなる?もしくはなりすましたふりをして本人だった場合には?
司法判断ではなんともないようなこの事象も、ネット特有の「炎上」とセットで考えた場合、あまりおもしろくない事態になりそう。・・・あと、外国サーバーから「票買います」ってやった場合、日本の法律で取り締まれるのかな?(票買いますなんて阿呆みたいな違反はないとは思うけど、まぁ違反の典型としてね。)


・炎上
ネットは即応性が高いと思われている。実際には人の問題が出るのでただの幻想だけど。だからどっかの電波学者が半日レスがないから勝利宣言したみたいに、時間を持て余しネットに張り付いているものの方がなんか強い。(これを無双状態と呼ぶことにする。)では無双状態の人間が100人いたらどうなるか?
…つまり、暇だけは大量に有する者が、気に入らない候補を圧倒的な書き込み量で押し流してしまう事態が考えられる。いわゆるサイバーカスケードだ。そして無双状態の人間を100人用意することって実はとっても簡単だ。(煽ればゾンビのように涌き出てくるし、最悪、雇ってしまっても1日たった100万円ですんじゃう。コメント欄に悪口を書くだけの簡単なお仕事です。)
これは国内におけるサイバーカスケードに限らない。例えば国外に無双状態の人間が1000人いたらどうなるか?F5を擦り切れんばかりに連打することでサーバーダウンだって可能だ。
あとはハッキング。改竄の内容によっては、政治生命に致命傷を与えることだって簡単だ。
ネットに移ったばっかりに、言論に対しての国内外のテロ活動が、簡単にできてしまうのである。


・消せる。
紙で残るものならまだしも、消したり足したりできるネットにおいて、政治主張のブレが出ないかと言うこと。
たとえば鳩山首相がブログやっていたら、基地問題について自分でwiki並に編集合戦しているだろうね。
・・・ま、首相ならだれかが保存しているかもしれないけど、市町村レベルの議員さんならばどうだろう?


・他の人も規制してしまう。
問題:次のうち、選挙当日にしてはいけないことをすべてあげよ。
1、投票に行こうよ。私が車で迎えに行くよ?と誘いかける行為。
2、選挙は誰々に投票してねという、最後の電話お願い。
3、投票所近くに看板を掲示する行為。
4、手が震えて字が書けないおじいちゃんの投票用紙の代筆をする行為。

・・・選挙に携わったことがある人なら誰でも答えられるこんな程度の問題も、実はネットでは知らない人が多い。(ちなみに1はOK、2と3は当日はNG、4は投票所の係員の代筆ならOK)

選挙運動中、被選挙人は、基本的人権の一部である「言論・集会の自由」をある程度制限される。(精神の自由に規制はかけられないという大原則があるとはいえ)競争にルールを設けること自体は仕方のないことと僕は思う。
もちろん規制されるのは、被選挙人だけではない。後援会をはじめとする世話人等、選挙運動に携わる者は一定の制約を受ける。
では、選挙当日に何も知らずに「誰々に1票お願いします。最後のお願いです。」とつい、ネットで呟いちゃった人がいたらどうなるだろう?(これまでは電話とか個人個人の会話だから表に出辛かったところだ)
投票依頼は選挙運動以外の何者でもないため、例え後援会なんかの応援組織に所属していなくても「勝手連」として扱われ、間違いなく法に触れる。
つまり、いまみんなが好き勝手にブログやtwitterでつぶやいていることが、そのまま規制対象になる。


・年賀状出せる?
例えば、議員や候補者は法により年賀状を送ってはいけないことになっている。
だったら、Twitterやブログ等の「あけおめ」とつぶやくことも禁止にするか、もしくはリアル側の規制を解除し年賀状を出せるようにしないと釣り合いが取れない。(でもこれ、事前運動につながるんだよね。)
ネットを解禁するならば、同時にリアルとの整合性を図るべきだろう。


・みんなが見れる訳じゃない
よくプル型プッシュ型と情報を区分けするけど、ネットの情報は明らかにプル型だ。自分が検索しないと、情報は自然には入ってこない。
つまりネットに疎い人やそもそも政治にあまり興味のない人には、ネットの上の情報なんかあってもなくても一緒だ。
よく自らを「情報強者」と思い込んでる人が「ネット上にないものは存在しないのと同じ」みたいなことをぬかすが、これと正反対のことが起きるのだ。
それらの人へは従来の選挙活動でアプローチするしかない。ということはこれまでの活動は手を抜けないので…ネットの分だけ余計な経費がかかることになる。
ポスター等と同じく選挙管理委員会からの支出(つまり税金。供託金没収規定の意義はここにある。)で賄って貰えればいいけど、そうでなければ、立候補者の敷居があがる。



まぁいろいろ問題点を挙げては見たが、逆に言うと、これらがちゃんと解決されるのならば、ネット選挙は全く支障がないと思う。
ネットというものがリアルにどんどん近づいているという現状、いつまでもこのままで・・・とはいかないはずだ。




ただ、何も考えずに「ネット選挙解禁!」とわめく人は、あまりに想像力がないと思う。
なんといっても選挙運動は、言論活動の規制なのだ。
[PR]

by soulwarden | 2009-12-28 23:42
2009年 12月 26日

芸能人が捕まるたびに誰かが泣くわけで

久しぶりのお休みで寝坊してたら時事通信から号外速報メール。メッセンジャー黒田、傷害容疑で逮捕。ふむふむ。


・・・メッセンジャー黒田、今日のすべらない話に出演じゃないっけ?あ、やっぱ入ってる。





・・・cx内部、今頃大騒動だろうなぁ。この年の瀬に、大変だなぁ。
編集を今から手を入れるか、間に合わないと判断してスーパー処理するか。



もちろん推定無罪だけど、お茶の間の違和感をどう捉えるか。



なんか、OA前に芸能人捕まったりするのって、cxが一番多い気がする。イメージ的にだけど。


追記:スーパー対応らしいね。
[PR]

by soulwarden | 2009-12-26 14:17
2009年 12月 22日

ネットにもこんなに沢山ツールがあるんですねぇ(旅番組調に)

下のエントリに関連して。テレビの裏側をちゃんと理解するためのツール。



なにはともあれEDINETで経営状態を見る。

あと、大事なのは番組表。これが商品だから。CX,NTV,EX,TBS,TX(スポット順)


視聴率は、枠と銭の交換単価です。


飯の種の詳細。スポンサー名を思い出しながら見てみて。


テレビ局の行動規範。放送基準。




これらをくっつける知識はすでにネットには転がっていると思うよ。
[PR]

by soulwarden | 2009-12-22 01:11
2009年 12月 21日

「マスゴミ」批判を批判してみる


口を開いたら「マスゴミ」言う人は、
3交代で運行を守るマスター、送信所や中継局を徹夜で整備している技術、CMを円滑に流している事務、泥臭く数字作ってる営業、どこの会社にでもいる総務なんていう存在について、どう思っているんだろう。


・・・存在を意識していないんだろうな。別にそれでもいいんだけど。
でもその「意識しない」ということは、多分にこれまで「テレビの信頼感」の育成になっていたのだと思う。


これは飛行機の整備システムに似ている。「よく知らないし特段意識はしないけど、毎回うまくやってくれているんだろう」的な安心感信頼感の土壌。飛行機会社からすれば、手を抜いてもばれにくいし、結果的に事故を起こさなければブランドの形成にも引き続き寄与しちゃう。


「マスゴミ」と世間(つかネット)で名指しされる範疇には
目立つ場所にいる報道や、なんか偉そうな気がするP(プロデューサー)しか入っていない気がする。


たしかに僕も報道なんかには色々言いたいことがあるけどさ、そしてそこは確かに大事なところだけどさ、全民放の構成員の1割にも満たない報道や、全民放で100人くらいしかいないPなんかだけに目をやって口汚く罵るインターネッツ諸君におかれましては、批判が片手落ちになっていることを自覚したほうがいいんじゃないかと思う次第。
それは飛行機会社でいうと「スチュワーデスさんが可愛くない!」「機長の運転が荒い」みたいな批判みたいなもんだ。(ちょっと違うかと思ったけど、亀田騒動とか思い出すにつけ、そんなもんかという気もしてくる。)


だから多分、肝はそこじゃない。
誰にでも出来る「目に見える」ところの批判じゃなくて、考査・編成(そうするとPも含むけど)や営業なんかのバックボーンシステムを批判的に見る視点・人間が足りないのではないか。


それと某学者モドキのいうような「ぼくのかんがえたでんぱりけん」じゃなくて、本物の「電波利権」。(これをきっちり詰めてきた批判というのに、正直お目にかかったことがない。)



インターネットが「電波媒体のカウンター/フォロー」としての存在を今後高めていきたいならば、現状のような「誰にでも出来る」批判を「物量作戦」で行うのではなく、もう一歩踏み込んだ論調が求められるのだと思う。
現状のネットはテレビのカウンターですらなく、「劣化版テレビ」だ。より扇情的に!より食いつきやすく!!より多くのPVを!!!・・・正直それはいらん。


インターネットからリアルへの力の提示が「分かりやすい(食いつきやすい)内容」で「物量作戦」しかしないから、衆愚っぽくなっていくんだよな。
だから梅田望夫 じゃないけど「インターネットは残念」になってしまう。実際、ネットの共有知のプールはリアルと同じだけ水が溜まっていない。

賢い人はネットの中に山ほどいるので、それを「数じゃない力(ここ重要)でピックアップ」し、プールに吐き出させるする方法が必要なんだけどね。権威主義以外で。






さて。例によって、自分の立ち位置がよく分からない記事が出来上がったしまったぞ。






追記:
あんまりに伝わっていないので追記。まぁ僕の筆力が足りない。
「ネットの批判があんまりに表層的でテレビ的なんで、全く本丸に届いていませんよ。本丸というのは、見えない後ろにあるんですよ。それ、知ってますか?」ってこと。
[PR]

by soulwarden | 2009-12-21 02:18
2009年 12月 01日

戦略的赤字

こんにちは。
最近、訳あって2人分の仕事をしていて、さらに年末進行がぼちぼち始まって1.5倍速で進行が進み始め、掛け算で3人前の仕事をこなしている孝好です。正直しんどい。・・・けど、今日という今日は書かないと1月のカレンダーが空白になるから書く。


お題。戦略的赤字について。

最近、ようやく「2011年問題」がクローズアップされ始め、「地デジ普及率100%いくかいな?」とか「このままだとHUTが・・・」みたいな話をよく聞き始めた。業界にいる人全員が5年も前に気付いていた(・・・でもないか。編成と営業と営業管理部門の人間くらいかな。)デジタル化の一番深刻な問題がここにきてようやくクローズアップされはじめたのは、汐留にある某D様が声を上げ始めたからだと思う。

まぁ、対策を練るのが1年半前。遅すぎの気もしないでもないけど、動かないよりまし。
動く術があるのかという点もまた別の話。そして僕は社内では一歩も動いていない。


ただ、地デジでHUTが減少するという媒体価値に関わる未来課題に逆行するように目の前で火が出ている。

不況だ。


TV局は、まぁ大抵は株式会社だ。ということは、年に1回株主総会がある。もちろん単年度決算だ。
で、総会を乗り切るためにはこの単年度決算を、少しでも見栄えをよくする必要がある。
ただ、広告のパイはここ一年でぐっと小さくなった。・・・ということは、シェアを上げることによって数字を作る必要がある。今までと同じだけパイを食べたければ裏局から力ずくでもパイを分捕ってこなければいけないのだ。
もちろん強奪される裏局も必死。自分の食い扶持は死守しよう、あわよくば相手のパイも食ってやろうと、血みどろの争いが繰り広げられることになる。

で、結果何が起こっているのかといえば、値下げ合戦だ。
ま、それ自体は、どこの業界でも行われているから、健全かどうかは別にしても珍しいことではない。
ただ、TV局の場合、自エリアで合戦を納めようとしても、横のエリアから飛び火するのが特徴的だ。
 200万人の人口を抱えるエリアが値下げ合戦でたたきあった結果、100万人の人口のエリアのコストと並んでしまう。そのため、平穏無事だった100万人のエリアも値下げを求められてしまうという、要は東京地区の4位争い、お前等いい加減にしろ地方が大迷惑なんじゃ!といった話である。


 本来、2010年の状況を考えれば、値下げなんて論外なのだ。
在庫が減少するのに単価を下げたら、待っているのは在庫切れ以外ない。
 在庫切れは普通は単価の上昇を促すが、デジタル化に関して言うと、どっちかというとネズミが商品をかじっちゃったみたいなもんで、それがお得意に価格転嫁できるかといえば・・・まぁ2年後の市況にもよるけど・・・まぁ・・・・ね。
 なのに、現状は値下げをしなきゃ正月が迎えられない。
 
 要は目の前の数字を乗り切るという短期目標と、2年後の商品量を考えるという長期目標が完全に相反している状況だ。
 




 ここでお題に戻る。
 戦略的に考えれば、ここは赤字を出すのが正しい。赤字を出してでもコストを守り通すべき状況だ。
ただ、その選択が取れた会社があるかといえば・・・多分ない。みんな株主総会が怖いからだ。
 さらに言えば、地方局は赤字戦略が取れない。前述のようにより大きいエリアでの値崩れが波及するからだ。

だから、キー局。
キー各局が、役員のクビ1つ覚悟して、赤字で突っ張ってくれたら、2年後業界が助かる。

人柱、待ってます。



・・・もう遅いか。遅いかな。




あと、キー局はネットタイムの安売りやめろ。こっちは遅くないから。
[PR]

by soulwarden | 2009-12-01 00:26