「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 26日

電波利権利権者の見分け方

電波利権


と一括りにして話す奴らは大勢いる。

が、何故だか電波利権をそのものずばりと理解している人はとても少ない。
すくなくとも、そういう本を出版している人は、何故だかみんな外角高めに外している。(かつ、ボール球だからみんな無視したのに、「本質を突いたから皆の衆が黙っているのだ」と勘違いしてる。幸せな生き方だと思う。)

まぁ、外角どころか、ベンチ辺りに向かって投球しているくらいの外し方をする人も見受けられるので、それを真に受けた書籍の購入者やインターネッツ諸氏は本当にかわいそうにと思う。
(そういう投球をする人は、指摘するといきなり「本名を名乗れ」とかいいながら殴りかかってきて乱闘に持ち込むので、誰も近寄らない。そしたら「本質を突いたから皆の衆が黙っているのだ」と勘違いしてる。幸せな生き方だと思う。)


 電波利権とは何か。


 一言で言えば、他媒体と比べて余りにも安価に送信可能だという一点。そこに尽きる。
情報のボトルネック化や大量情報送信機能や莫大な広告料というのは、実はそこから派生した付加価値に過ぎない。


 ただし、この「利権」は使用にあたり条件がついており、その特性ゆえに

・国の統治機構の一部に組み込まれる。(例えば周辺事態法)
・国の規制を受け、その指示に従い、サービスの無償提供を請け負う(地デジ・地震速報・字幕等。正直ここが利益を食っている。)
・サービス地域に100%送信する。(利益の出る地域のみの送信禁止。サービス対象地区を99%→100%に引き上げるために99%までのお金と同額くらいがかかったりする。)
・報道の必要(経営的視点から見た場合、報道ってただのコストセンターだ。)

等の義務を背負う。


そう。80年代のバブリーな頃ならいざ知らず、現在のところ、テレビ局というのはおいしい商売ではない。
給料がいい?そんなのごくごくごく一部の局の一部の人間だ。僕の給料、悪いけど言えないくらい低いぞ。
(せめて同年代大卒平均とは言わんが同年代高卒平均くらいは欲しいよなぁ。。。)


つか、本当においしい商売だと思うのなら、新規参入すればいいと思う。
まじで。だって県によっては電波余っているから。

でも、いないでしょ?TX系列が2年位前に一瞬色気見せただけで。

そこに利権があるのに、何故に誰も飛びつかない?飛びつかないような「利権」ってそれって本当に利権なのか?

じゃあ、何故に電波利権なんて言葉が出てくるのか?
「電波利権だからテレビ局はダメだ。特に地方局はなんにもやってないから死ね。」と得意げに言う人の話をよくよく聞いてみると、
B-CAS等のテレビ業界と対立軸(という程じゃあないか)にある業界のこととかも含んでいることがとても多い。(あと、何故か東京人に多い。地方局見ていないのに「地方局無駄」とか言ってるの。)


実際大きく分けても「電波利権」は以下のパターンがあり(抜けはないよね?)、それぞれにプレイヤーがいるし、時期や地域によっても状況がまるで違う。

・電波を実際に握っている民放
・受信料という既得権益を持つNHK
・アナアナ変換とかARIBとかの総務省周辺
・番組制作や販売周りを含めた業界の慣習・制度
・広告業界
・B-CASとかその辺のよく分からないの
・テレビ受像機メーカー



なのに、それをあえて混同している人間が余りにも多すぎる。




「電波利権」の話は、受けが良く、あまりにも大量消費されていくために、まがい物がよく出没する。
まぁ○-CAS○なんかに載ってるのは大抵そうだよね。(BーCASじゃないよ。)



まがい物の見分け方は、上記のプレイヤーの視点を混同して話しているかどうか。
そういう人間は、天然のバカか、わざと煽ることでおいしい思いをしている(しようとしている)「電波利権利権者」のどっちかなので、注意が必要だ。
[PR]

by soulwarden | 2009-02-26 02:17
2009年 02月 18日

GDP、すごい数字が出たねぇ

広告費って、GDPの1%って経験則的に決まっているから・・・大変になるねぇ






















・・・なんか日付変わった頃から4時間くらいかけて、地方と東京との市況の違いから始まる超大作を書いたんですけど、これ人様にお見せするのは色々まずいものになってしまってしまったのでボツにして、最初の1文だけアップすることにしてみました。
[PR]

by soulwarden | 2009-02-18 04:07
2009年 02月 12日

だったら全会一致がとれるんだな!と小一時間問い詰めたい

誰かあの経済学部のセンセに「パレート効率性(最適)の使い方がおかしいよ」って教えてやれよ。。。

例に挙げてるのも、効率で見た場合は合ってるかもしれないが、分配と選考の両面で全くパレートしていないじゃん。






どの先生かは知らないよ。
[PR]

by soulwarden | 2009-02-12 23:41
2009年 02月 11日

JASRACへ排除命令って

詳しいことはまだなんも分かっちゃいないから、あんま言及はしたくないけど、JASRACへ排除命令って放送局側の問題になりそうな気がする。



僕の予感では、排除命令を受けてJASRACが
「テレビ局の「全局報告義務」(今もそうなんだけど、猶予中。)を即時徹底します。これがなされれば、JASRACに問題はなくなります。」とか言い出しかねない気がする。



誰がやるんだー。




つーか放送局だけじゃなくて、JASRACと包括契約しているとこ全部が問題になるよな。
Youtubeとかニコニコ動画とかさー、誰が調べるんだよ。

果ては店頭BGMだって一種の包括契約だもんなー。どうするんだよ。





・・・まぁ、詳細待ちだね。じゃないとなんともいえない。



あと、テレビ局はこのご時世にJASRACに払い過ぎって言うか民放連やられ過ぎ。
なんだ265億円って。
[PR]

by soulwarden | 2009-02-11 23:23
2009年 02月 09日

情報強者の定義

なんか久方ぶりに2chのぞいたら、
TV見てる層を「情報弱者」って罵倒してたのが面白かった。
「情弱」とか略してたし。


しかし「情報弱者」言っているってことは、自らを「情報強者」と置いているわけで、それってすごいなぁと思った次第。

まぁこれも「マスゴミ」に対するカウンターなんだろうけど。








まぁ、そういう面白い人は脇に置いといて
本当の情報強者ってどんな人なんだろう?
[PR]

by soulwarden | 2009-02-09 23:04
2009年 02月 06日

テレビ局には大きさがある

テレビ局には大きさがある。


エリアのことじゃない。これは昔からテレビ局の業界に伝わる遊び。
多分業界人は一度は聞いたことがあるはず。



果たしてどこのテレビ局が一番大きいか?







フジテレビ?日本テレビ?東京放送?


いやいや違う。



 フジテレビより東京放送のほうが大きいに決まっているし、それよりサガテレビの方が大きい。でも四国放送はその数倍だし、その四国ですら北日本放送にはなす術がない。






そう、その局が社名に背負っているものの面積で勝負するのだ。(富士(山)<東京<佐賀<四国<北日本ってことね)


さてそうなれば、「日本」テレビが断然有利!・・・というわけでもない。


さしものの日本テレビも、「日本海」テレビには勝てないし、1年前に世間を騒がせた長崎「国際」テレビもむくむくと顔を覗かせてくる。

「南海」放送とか「東海」テレビなんて大きさよく分からないけど、なんか上位入賞しそうだ。



何か忘れていないだろうか?!そう。我等が「朝日」放送!
まさにお日様サイズの「朝日」放送に勝てる大きさの局があろうか?
しかも系列で一杯いるぞ。岩手朝日とか静岡朝日とか。



勝負はこれにて決まりと思いきや、思わぬ伏兵が四国から。
高知「さんさん」テレビだ。

朝日放送二つ分。優勝。





面積ではなく、ハートで勝負する局もある。「あい」テレビのこと。
高知さんさんテレビとの勝負は、愛媛県民の「愛」の大きさにかかっている。








ちなみに最小のテレビ局はどこだと思う?



正解はコメント欄にて誰かが教えてくれます。こっちは簡単だよ。
[PR]

by soulwarden | 2009-02-06 01:01
2009年 02月 04日

妄想案の続き。

この間の妄想案の続き。


仮に全国が系列・地方別で30くらいの放送局に集約されるのであるならば、キー局が一部制作から解き放たれ、代わってその集約された地方局が行うことは考えられる。
月曜日の20時台は北陸朝日放送(HABのことじゃなくてね)が制作し、21時台は東北北海道朝日放送が制作する・・・・といった感じで、番組の制作発局を区分けすることが考えられるなぁと。

前もエントリで書いたが、大体東京がキーで制作する必然性って何もないのだ。それが当然と思ってる奴は東京脳。これまではエリアパワーに差があったため、地方局は植民地みたいな扱いをされてたかもしれないが、そもそも局同士は対等であるのだ。エリアパワーに応じて、G帯の配分等もない話ではないと思う。
 それに、現在の名古屋地区クラスのエリアパワーを有する放送局が沢山出来ることを考えれば、そのエリアパワーを、ただのネットタイム番組再送信機能だけにするのはもったいない。というか、地方局だってそんなに高い利益率求めてもしょうがないし。

ということはイコール、キー局はネットタイムセールスからも解き放たれるかもしれない。
自分たちで作った番組は自分たちで売るのは当然だからだ。



系列のマストバイ契約はニュースネットワーク協定がある限り維持はされるだろうが、ずいぶんと景色が変わってきそうだ。








で、なんで↑のようなことを考えたかといえば、前のエントリの「妄想案」が仮に現実化した場合、確実に大量のリストラが起こることを考えると、経営者がそれを避ける努力をすれば、必然的に番組制作への強化(人の配分)って話になるのかなぁと。
[PR]

by soulwarden | 2009-02-04 23:40
2009年 02月 03日

太陽の塔と非モテ

森見登美彦の「太陽の塔」を読んで、はじめて非モテの人の気持ちが分かったような気がした。
議論自体へも、これまでは覚めた目で遠くのほうから眺めており、また、極力関わらないようにしていたため、分かろうにもその論点すらも分からぬと言った方が正解であろうが。



思うに森見登美彦の文章は、映像化に向いている気がする。
「夜は短し歩けよ乙女」など、達磨や招き猫が文章から映像が浮かび出てくる様が、実に面白い。
ただし、その商業的成功は難を極めるであろう。冴えない主人公がぐるぐると心理的迷走を繰り返すのが芯であるため、そのまま映像化すると、見るに耐えない絵にならざるを得ない。




・・・ちょっと文体真似てみたりしたの気付いた?





ちなみに相変わらず非モテがなんの問題なのか、僕にはわかりません。

あ、解説とかも別に結構です。
[PR]

by soulwarden | 2009-02-03 00:20