「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 27日

体験版はネットで。製品版はリアルで。

僕はネットの可能性を信じていた。


ニュースの現場にいた場合や当事者の場合、
それを取り上げた報道記事やニュース映像、あいまいさや切り取り不足、主観的感想の差(盛り上がっていたはずなのに、つまらなそう書かれたとか)等が感じられることはよくある。
同じように、自分の専門範囲のことが記事になったとき、記者の勉強不足や認識間違いなど、とてもよく分かることがある。


だから、僕はネットの可能性を信じていた。


それは、一次ソースを集約可能なアーキテクチャであること、さらに、その分野の専門家の意見を取捨選択して聞けることで、新しい報道の形が見えていたから。

もっと端的に言えば「みんなで得意分野を持ち寄れば、そしてそれを批評しあえば今のマスコミよりマシじゃね?」ってこと。

おそらく3年前の「ブログジャーナリズム」ブームってこの可能性のことだったのではないかと思う。湯川さんの本読んでいないけどさ。
まぁ少なくとも僕はそう捉えていた。


ただ、ブログジャーナリズムがついぞ発展することはなかった。少なくとも2008年11月現在なっていない。
何故か。

・「その分野の専門家」をネット上で探すことが物凄いコストだった。
  例えば、僕は地方局勤めだとはブログの横に書いてあるけど、地方局の業務のどこの分野に詳しいのか、初見の方には分からない。どうやら考査とか法務や運行関係に強いんだというのは、半年分くらい読まないと見えてこない。もう半年分くらい読んでいくとどうも法哲学やってたとかも見えてくるかも。
 その時々の専門家を何人か探すだけなのに・・・誰が読むかって話である。
 だったらネットの力を結集してみんなで探す(CGM)という方法は?これも1つの解と思うし、実際この方法でうまくいく場合も多い。(見つける専門家を見つけることが出来れば。)
ただ、「はてな」なんかを見るにつけ、ことホッテントリ等「数に頼った仕組み」は、うまくいっていない・・・というか衆愚化している。マスコミから逃げてブロガーに騙されてるんだから世話がない。別に例は挙げないけど。
 じゃあ、アルファブロガー制は?
・・・時代として必要だったのかもしれないが、あれってただの権威付けだ。別にネットじゃなくてもよくね?で、権威付けは盲従させる人間を出現させるという意味で求めるべき方向と反対だし。別に例は挙げないけど。
 最後に、 専門家を探すには専門家じゃないと難しい。
昔僕が書いた放送確認書の記事、例え間違っていたとしても訂正できる人間なんて日本に200人くらいしかいない。

 要は、自分の手で時間を割きつつ、姿勢等の他の要素で信頼できる人を探していくしか方法はない。


・ネットが社会の縮図になっておらず「専門家」の数が足りない。書かない。
 これはそのまま。解説の必要なし。書きたくても普通守秘義務や内規に阻まれて書かないし、書いたところで続かない。(メリットないし。)
 それどころか、善意で書いていただけなのに突然炎上→職場電凸とかで、首が絞まったりする。(書き手にも落ち度がある?落ち度のない例も山ほどあるよね。) 
 僕だって正直ブログを続けていることに関する恐怖感はある。今のネットって歯止め全く聞かないしさ。
匿名でもあるわけだし、僕だって本当にヤバいネタは書けない書かない。法的リスクも(メリットない以上)取れないし。


・ソースはともかく解析ツールが足りない。
 大体、本当に世の中を動かしている情報なんて、EDINET以外はネットに無料で落ちてはいない。






・・・これだったら、ネット経由でも何でもいいからリアルで分野分野、頼れる人信頼できる人を探して、直接尋ねていく方がよっぽど効率的だってことになる。
仲間内「みんなで得意分野を持ち寄ってそれを批評しあえば」別にマスコミやその代替なくても構わないしさ。





結論。R30(呼び捨て)氏の
>今後は知り合いでもない方々に自分の論考をタダでは提供しないことに決めたので、あしからず

方針って、結局は正しかったんだなぁと。名刺代わりというか体験版はネットで。製品版はリアルで。
[PR]

by soulwarden | 2008-11-27 01:40
2008年 11月 21日

謝り下手さん

毎日の件について、何か書かなきゃ駄目なのかなぁ。。。別に目新しい視点でモノが書けないので気が進まないんだけど。


というのは、3年半ブログ書いてて、ネット上のバランスをとるために、敢えて既得権益とか既存勢力とかの書かなくてもいい擁護書いたりとかは、これまでしてたけどさ、(もちろん1人じゃバランスとれないことなんか分かっている)今回ばかりはどうにもならない。


どっかのブログに書いてあるのをそのままコピって貼り付けていいくらいこればかりは以下同文。僕のブログはTumblr。



人間なんで間違えることはよくあることで、そりゃ仕方ない。仕方ないことなんだけど、その間違いをシステム的にブロックしてゼロに近づける機構が求められているんだし作ってきたんだろうに。
まぁそれでも出ちゃったものは仕方ない。ブロックする人間だって人間なんで間違えることはある。(0.1%ミス率の人が0.1%ミス率の人の書いた記事をチェックしても0.01%は通過するわな。)←ほらまた間違えた。。。
そりゃ誉められたことじゃないけど、仕方ない。僕だって結構放送事故を起こしている。(本当に誉められない。)



でもね、このお詫びはなんだよ。。。
[PR]

by soulwarden | 2008-11-21 01:45
2008年 11月 17日

「ほっとけない世界のまずしさ」を放り出した「ほっとけない世界のまずしさ」

ホワイトバンドを運営していた「ほっとけない世界のまずしさ」が、まずしい世界をほっといて、自分だけとっとと解散してた。


なんだ。結局ほっとけるんじゃないか。そして彼らは世界を何も変えなかった。
やったことといえばホワイトバンドの活動の失敗(といってもいい)を、ただ「"アドボカシーキャンペーン"であることが日本では理解されなかった」と責任転嫁するだけだった。

違う。アドボカシーキャンペーンなのは別にいい(ここも多分に事務局が説明責任を怠った面はあるが)。炎上に一役かった当人としては「債権放棄じゃ救えない」ことを問題にしていた。結局、ここに関しては全く説明ないまま、ホワイトバンドは逃げ切った。

「アフリカが貧困で大変だから国に働きかけて債権放棄させます」ってそもそも意味が分からん。なにその徳政令?

この問題の解決法は「最底辺の10億人」に詳しい。まぁ解決方法というか「自分たちの国は自分たちで何とかするしかないよね。期待値59年くらいだけど。で、先進国が出来るのはこれくらい?」みたいなのが書いてある。
これまとめるのは危険だから是非とも読んで欲しいんだけど、それでも一応まとめると
・援助
・安全保障
・法と憲章
・貿易
の4つの武器を、紛争の罠の打開、天然資源の罠の打開、内陸国の罠の打開、失敗国家からの脱出、不安定状態からの脱出のそれぞれの局面で使い分けることとなる。また当然のことながら各国の事情も勘案すべきだ。
 ホワイトバンドの求めていた債権放棄は「援助」について、かなり限定した役割しか果たせない。これで救われる国は果たして存在するのだろうかってレベルだ。僕が調べた限り(調べたっていっても外務省のHPの基礎データから、「国内情勢が安定し、資源がなく、対外債務に悩まされていて、それが原因で経済発展が難しい国」を探しただけだが)ではそんな国存在しない。
(ちなみに弾氏は何故か「日本が何とかしろ」といっているが、お前何とかって気軽に言うけど本書の何とかって「血」のことも含むぜ。しかも彼の地で中国と競合する。まぁ彼に二等兵として彼の地に赴く覚悟があるなら立派だと思うが、口だけで若者を行かせる気ならふざけんな老害と思う。)


僕にはアフリカのために血を流す覚悟はない。
ただ「忘れない」との思いだけは忘れていない。
それしか出来ない。




ホワイトバンドの奴らは日本から逃げた。世界を1ミリも変えないまま。
逃げ出した今となっては世界を変えようとしたのだか、儲けようとしたのだか判別つかないけど、普通に考えて「ほっとけない」という「思い」があるなら逃げ出せない。地べたにへばり付いて手を変え品を変え手弁当でもアフリカのために尽くすはずだ。

・・・それをしないということは、そういうことなんだね。

白いワッカを買った皆さん、怒ったほうがいい。
・・・まぁ300円で免罪符買って、世界のためになんかいい事した気分になったと一瞬でも思えれば、安いものか。








ちなみにここの事務局2008年度3月時点でキャッシュ3000万円以上、財産で4500万円ほど余らせているんだけど(リンク先pdf)、解散後の財産処分についての説明責任すらまだ果たしていない。

追記:見落としていたけど外部監査後に公開予定とのこと。お詫びして訂正します。失礼しました。
[PR]

by soulwarden | 2008-11-17 00:01
2008年 11月 16日

ネットタイムなんかやめちまえ

地方局の人間が「ネットタイムなんかやめちまえ」と言い出したら「お前は何を言っているんだAA略」みたいな反応を貰うことだろうと思う。

僕も思う。お前は何を言っているんだ。って。


ちなみに基礎知識。
タイムは、3ヶ月単位で「番組」を購入するやり方。最低CM秒数は30秒で提供表示が出る。
一社提供ならスポンサー名を番組名につける「冠」も可能。「日立 世界ふしぎ発見」みたいな。
この販売方法は、スポンサーにとって番組イメージをスポンサーイメージに投影させることが出来るのが強み(と言われていたが最近じゃあどうだか)。
「ネットタイム」はこれを発局が系列全局分まとめて売っちゃうこと。





 基本的にネットタイムはキー局が系列分をまとめて販売してくれるため、地方局からすれば非常に手がかからない、仕事といえば確認書と請求書を発行するだけという分野だ。
このお手軽さゆえにダイヤモンドとか経済産業省とかたけくまとかから「補助金」と勘違いされたりする。的外れながら、そのツッコミも気分的には分からないでもない。だって汗かいてないし。

 
 さて、その地方局の手軽収益「ネットタイム」なんだけど、これやめたら?って思う。なんでかというと実は理由は数点あって、これが複合的に働くためだ。以下、順番にあげていく。


・そもそも「枠による収支」を見なくなっている
もともとのネットタイムの意義は全国への配信というスポンサーへのメリットと、それによって金額のボリュームを膨らませて番組制作費を回収するという点にある。
もちろん、地方局のネットの時はこの思考法は生きているが、キー局は予算委員会方式をとっているところが多く番組予算とネットタイムはリンクしない。つまりネットタイムの意義はそこまでなく全部スポット売りでもキー局の番組制作には影響しない。


・「売れ残り」という概念がない。
ネットタイムは常に完璧に売り切らなければならない。
しかも供給量は常に一定。市況によって増枠や減枠という作業は考えられない。(市況に合わせてフォーマットいじくられたら地方局が怒る。というかみんな怒る。まぁスポットばらしが得意な系列もあるけど。)

「供給量が一定の商品を常に完売させる。」この条件を満たす販売モデルは1つしかない。
「需要を常に供給より多めにする」ことである。
つまり「安く価格を設定する」。(実際にはここを「代理店各社枠」にしてたが大枠で見ると同じことである。安く渡した枠を代理店が安くバラ売ってたんだし)
しかし番組ごとに決算をしていない現状「原価なんてあってない」ものだし、「その値段で長らく売っていたらその値段が相場」になってしまう。
よって価格の「上方硬直性」をもたらすし、「値下げがナンボでも出来る」構造となる。

結果的に、市況が少しでも悪化すると、とたんに「安売り合戦」になる。


・枠効率が悪い
上記のため、使用しているAタイムの本数とGRPを収入と比較して考えると、スポットの価格と折り合わない。さらに言えば、ネットタイムの価格下落を受けてスポットの料金設定にも影響する。というかしてる。


・キー局とり過ぎ
ネットタイムの配分を売って来たキー局が行うため、キー局有利の配分となる。
なにそのケーキの切り方おいおいみんなで分けるんだぞ?ってツッコミを入れたくなるほどに、キー局がゴソっと持っていく。
しかも「売ってきてやったんだから金払え」って言う。安売りしているくせに何そのジャイアニズム。


・エリアパワーを正確に反映しない。
ケーキを切るのはキー局のため、その分配が恣意的になる。
エリア状況に依存すれば「スポット」:「ネットタイム」の比率は理論的にはどこの局でも同じになるはず。でもそうはならない。
このスポットとタイムの比率が悪くなる(つまりタイム配分で損している)傾向があるのは、往々にして基幹局クラスだ。可哀想。逆に弱小局は多くなる傾向がある。
この恣意的な配分に系列として、弱小局を救済するという意義を求めるならば、まぁ分かる。でもそういう配慮は、キー局が自分の取り分の中から行って欲しいもんである。


・キー局の支配力を高める。
分配の権限があるせいで、キー局の支配力が上がる。
まぁ今更どうでもいいのだけど。既に支配されてまくってるし。




まぁ沢山書いたけど、一番懸念しているのが2番目の理由「安売り」だ。

自分たちの枠を安く売るのなら仕方ない。自局の事と思うからいくらでも安く売ってくれぃ。
ただ、ネットタイムの宿命なんだけどキー局は「地方局の枠をも安売り」しちゃうのである。さらにこれがスポットの市況に影響する。2重の苦しみ。勘弁してくれ。


そもそもで言えば、ネットタイムもスポットもローカルタイムも只の「CM枠」だ。それを商売の都合上で白黒に色分けして塗っていただけで。
でも、その商売の都合で塗ったもののせいで、逆に値崩れを起こすのならやめてしまったほうがいい。
在庫は一元管理すべきなのだ。同じものを二箇所で管理しているから片方が値崩れしているんだ。つまり全部スポットにしてしまえ。ゴールデン帯の番組強制購入縛りとニュースネットワーク縛りさえ掛けていればキー局も問題なかろう。(まぁ1年間はすごい減収にはなるだろうけど)


全部スポットにしたら、少なくとも「完売させる」という、今一番ネックになっている部分から開放される。地方局のスポットデスクに全部投げてしまえ。何故ならそもそもスポットCMの枠は余る、むしろ完売させてはいけないものだからだ(事故や特番に対応できなくなる)。

開放された地方局がもてあます?いいんだよ。ネットタイムの需要があるなら、スポット同時間固定取りかローカルタイムでの引き合いが入るだろうし、余った部分はスポットで普通に使える。A単価は崩れるかもしれないが、元から(ネットタイムで)崩れているんだ。今更気にするところじゃない。

「スポット」:「ネットタイム」の比率で他局より得をしていた局は大変になるけどそれが市場だろ。番販費減額とかでキー局に助けてもらえばいいさ。(投げやり)



まぁ懸念としては、ネットセールスがなくなると地方局が全国放送できなくなる点だけど・・・地方局がやる全国放送ってグロスの売上以外に旨味はほとんどないし(ケーキも切れないし)、商業的側面から見た場合、別にどうでもいいような気がする。
商業的側面以外は・・・いまは地方局は考えてる場合じゃない気もするし。









さて、業界人以外に全く優しくない作文が出来上がったぞ。
[PR]

by soulwarden | 2008-11-16 00:30
2008年 11月 13日

モスCMやめるんだって。

売上1%を本部が広告費としてとっていくのに、いくらも銭がかからない携帯メールとか「各店独自の広告」でお茶を濁されたモスのフランチャイズが可哀想過ぎる。



EDINETでモスフード見ても広告費累計よくわかんないしさ。酔っているから見落としただけかも知れんが、広告費収入は(店舗売上から)分かるけど支出額っておそらく販促費にインクルードされていない?あと19年度5億(18年度8億)もあるキャンペーン協力金って言う名の「営業外収益」も良くわかんないしさ。これ僕の想像通りであってる?




ダメだ。酔ってるしよくわかんない。酔ってなくてもわかんないかもしれない。
寝る。おやすみ。


きっと朝起きたら、事情を知っているモスの元店長さんとかがコメント欄に光臨して解説してくれているはずきっと。(クツ屋に現れた妖精さんのように)

自分で追記:これ、デマだった。モスの広報発表で訂正された。
[PR]

by soulwarden | 2008-11-13 01:35
2008年 11月 11日

マネタイズってそういうことだったのか会議

先日でた伊坂幸太郎の新刊通常版1700円と、
それに挿絵がちょろっとついて文字が大きくなっただけの特別版2700円を用意して


両方買わせること。つか両方買っちゃったこと。オタク商法とも言う。そして別にマネタイズ関係ない。





・・いま僕が思いついて流行らせようと思った「オタク商法」って言葉、すでに使われているんだねぇ。
[PR]

by soulwarden | 2008-11-11 21:28
2008年 11月 11日

ニコニコ動画黒字化へ秘策、教えます。

ニコニコ動画は実は既に黒字になっている?が大変面白かった。


つかいつもなら笑って流して終わりのネタなんだけど、僕的宿題ネットタイム(なんでだろ。書かなきゃいけなくなると書けなくなる。)の話とも関連するし、いい材料かもしれない。検討をくわえてみる。


果たして広告枠を3.5倍すると3.5倍の収益をあげるか?

>この時点で広告収入がだいたい4000万円/月となっています。ここから単純に広告枠を3.5倍にしてそれが完売したとすると広告収入は約1億4000万円。


・・・すげーツッコミどころ多い文章だ。

多分3.5倍というのはここからきた数字だと思うけど。

A,枠って完売しないよね?コンビニおにぎりが売り切れないように、枠の完売って機会損失を発生させるから。
B,3.5倍も市場も出たら、普通単価が値崩れする。しかも各社とも既存バナー枠が埋まらなくて値下げ作戦でヒーヒー言ってるこのご時世。(下期多少風向き変わっているけど)
C,営業売上をあげると、そこには営業経費もかかるよ?何のために色んな業種の営業マンが肝臓を壊していると思っているのだ?(もちろん経費って接待費にとどまらないよ。)
D,グレーの色が取れないニコニコ動画に、ナショナルスポンサーが集まらない。


ぐらいがパッと思いうかぶ懸念だ。
まぁ、それでも1.4億とりあえず売上をあげる方法を考えてみよう。

まず枠の増加。
広告引き合いが枠比3.5倍以上殺到している状況以外で広告枠3.5倍にしたら、当然単価は下がってしまう。しかも一番広告費の高いブランドパネル(右上の一番目立つとこ)は増やせない。人間の目は2つ・脳は1つしかない以上、仕方のないこと。
ブランドパネルを2倍くらいに大きくして、広告費を1.5倍取る方がまだ現実的だ。(これも取れないけど。じゃあ誰が値上げを言いに行くんだ?)


じゃあスポンサー。これまでの3.5倍金だしてくれる新規スポンサーがいればいいのだ。

 今ニコ動のトップに対してF5大作戦をしてみると、ブランドパネルの広告主はネットゲーム数社・消費者金融・ポイントサイト・たまに日経就職NAVI(ある意味ターゲット)・まれに髪の毛気になる人用シャンプー、それくらいだった。

で、上トップバナーで、ネットゲーム・sexpot(なぜ?)、下の小バナーで赤い風船・ドワンゴ声優学校(自社穴埋めだな)・ANAP(なぜ?なぜ?)

こういってなんだけど、コナミ・日経就職NAVI以外は、財布の底は推測できる。スポンサーからしてもクリック率で効率計算できてしまうことを考えると、両者から逆算して枠単価も推測がつく。うん。月1.4億は無理だ。(無理じゃなかったら、僕の想像以上にネットゲームの闇は深いのだろう)
さて新規広告主となると・・・どこに売りに行く?自動車?化粧品トイレタリー?食品?
・・・どれも売れそうにない。・・・いや、もしかして、もしかしてルーツなら・・・

ニコニコ動画が「狭く深い」媒体構造なので、同じ傾向のスポンサー(ネットゲームとかね)は売りやすいが、それ以外の広告媒体としてはすごく扱いづらい。

僕はルーツ以外新規スポンサー候補を思いつかなかった。
景気がよくなった時に、就職系が金出すかもね。
これ、しばらくスポンサーチェックしてみよう。


次の案。google方式で金を取る。
数多の動画にそれぞれ適したスポンサーを集める。googleアドワーズみたいな感じで、動画に埋め込まれたタグとスポンサー登録の際のタグで合致する奴を引っ張って表示する。でクリックにつき費用発生。
ただ、これも微妙。
というのは、アドワーズって電通の言う広告理論AISASの「I」や「S」段階の人に効果があるけど、ニコニコが同じことやっても最初の「A」にしか効果がない。

つまり、
「Attention」(注意が喚起され)←ニコニコのやるアドワーズもどき
「Interest」(興味が生まれ)←googleアドワーズ
「Search」(検索し) ←googleアドワーズ
「Action」(購買し)
「Share」(情報を共有する)

購買までの段階が長いのだ。ということは、googleほど広告単価が取れない。
だったら、広告じゃなくて物販にして動画に即した物を売れば・・・あ、これがニコニコ市場だ。。。

となると、次に考えられるのは「本編を売る」ことなんだけど、これが「ニコニコ生放送」なんだろう。見たことないからなんともいえないが、公式にずらっと政党が並んでいるのを見ると・・・ああぁって思う。しかも閲覧数が酷い。
確かに政党って金出すけどさ。というか単価がいいけどさ、あれって政党助成金=税金だし、そりゃ費用対効果もみるだろうし、大体今年は金使っちゃったからさ、コメントのつき方や閲覧数如何によってはやめかねないよねぇ。


さて、どうしよう。





方法はあると思う。
ドワンゴの会長が「年間30億円の価値があるサイトだ!」といってたらしいから、地方の平成新局1つ分くらいの媒体価値と換算すれば、結構使い道はありそうなのだ。



1つ思いついた。
広告枠を増やして冠つけて月々独占買い切り契約。
バナー独占をはじめニコニコ生放送使い放題。ニコニコ動画へアクセスと同時に御社の社歌が流れます。

ただし2クール以上の契約に限らせていただきます。月額1.4億円也。解決。
[PR]

by soulwarden | 2008-11-11 08:05
2008年 11月 06日

テレ東赤字転落

テレ東赤字だってね。。。あとEDINET見てみよっと。

店子の地方局を抱えていない分、(そしてその分番販でののびしろがある分)今後の市況はtxは有利な気がしていたんだけどな。

グチらせて頂ければ、上期のスポット冷え込みだって、オリンピックが原因な気もする。(もちろん原油高大直撃もあるけど。)
オリンピック経費がかからずに、代理店がオリンピックで集めた広告料金の半分がスポットで出たと仮定すれば・・・これ黒字でしょ。1.5億程度の赤字ならさ。

 




「ざまみろ赤字だぜテレビ業界!」論調にうんざりしているんだけど、まぁそんな声がしばらくまたあふれるなぁ。


たしかに市況は冷えているけど、下期スポットはちょっと回復の兆し出てきたし、テレビ業界の構造とか広告効率がとか云々なら、まずキー局や準キー局ではなく、地方で人口/テレビ局数で考えた場合の激戦区の状況をチェックするべき。
いや、ここにも兆し出てるんだけどさ(赤字凄いところは凄いし)、そこで何が起きているか何故か外部の人は注視しないよね。ここでHUT(総視聴率)がどう変化しているかとか、持ちGRP(広告在庫)推移とか、パーコスト(広告単価)の変化とか、そっちが物凄く未来を示唆しているのに。で、その結果として潰れる所がいくつか出て隣接局救済とかそんな嫌な実績が出て、それからの話。
(今それで思い出したけど、内田樹先生の間違いを誰か親切な人訂正してあげてください。なんだよ数をこなすって・・・)





つか、東阪名と他地方エリアで、市況が何か動きが違う感じがする。
思い当たる節はあるけど、根拠がないので裏が取れたらまた今度。







ちなみに宿題ネットタイムも忘れたわけじゃありません。
[PR]

by soulwarden | 2008-11-06 01:15