<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 30日

今日の思いつき

あのニュースの1年後。


というのは、どこかできちんと報道すべきなのではなかろうか。
ただでさえ特性上、「忘れやすいメディア」なんだから。




餃子事件からまだ半年なんだってさ。
[PR]

by soulwarden | 2008-06-30 01:11
2008年 06月 27日

パブリックコメントへの総務省の回答に対する反論に対する反論

池田氏のパブリックコメントへの総務省の回答に対する反論にて、テレビ局がヒドい言われようをしている。

元々の氏のエントリはこちら。

これについては、基本的には前に僕が酔っ払いながら書いたエントリにて、
1、中継にFPUは地方局ではまだ使われている。
2、SNGの使用料金が高い。
3、SNGでは回線が絶望的に足りない。
4、ディレイドが発生して、掛け合いが出来ない。
5、ヘリ中継が出来ない
6、雨が降ったらどうする?降雨障害で放送中断するけど。

とコメント欄まで含め指摘してるんだけど、
今回の「回答に対する反論」もまた電波記事。(誹謗中傷じゃなくて事実電波記事)


役所の
>移動体SNG 中継車は、ビルや電線等により伝送の途絶が発生し、都市部では移動中の中継利用が困難です。

との回答に対して

反論:
総務省の官僚はテレビ中継をしたことがないから、これはテレビ局に問い合わせたのだろう。私は中継をしたことがあるから、こんな嘘はすぐわかる。マラソン中継はマルチカメラだから、「ビルや電線等により伝送の途絶が発生」する地点では固定カメラに切り替えればいいのだ。実際の中継では、事前にすべての地点を下見して詳細なカメラ割りをした台本をつくるので、こんなことは問題にならない。


一気にテンション上がる文章である。
何故なら、中継をやったことがあるはずの池田氏なのに、大変なことに気付いていないからだ。

だからその固定カメラからセンターまでどうやって映像伝送するんだ?
今、廃止廃止って主張しているFPUで飛ばすんだろうがぁ!

(6/29 追記:5000億弱も値段つけたので僕は、氏は全FPU廃止の話を主張しているのだと思っていた。それは誤りで、800M帯だけの廃止ということで、他帯域での伝送との回答だった。これについては謝罪致します。申し訳ございません。ただし、800M帯に限っても、SNGで置換するには、やはり絶対数の問題が残るため、氏の主張には賛成しかねます。ただし、最後の「使っていないときには開放を」には、これが守られる限りにおいて賛成します。)



それとも何か?ありえないぐらい長いケーブルをセンターまで引くのか?
それともそれともENGでとって、テープ持ってセンターまでスタッフがマラソンするのか?残念ながら、それだと選手のほうが早くゴールする。


「固定カメラで撮る」と自信満々に言うのなら、そこからの伝送経路くらい説明して欲しい。
もちろんSNG以外で。(だってSNG回線は全国回線を占有するので、その固定カメラ向けだけのために占有とかそんな贅沢ありえないし、他局超迷惑。回線数も限られてるのに、その間に事件起きたらどうするんだって。それに、普通そのような固定カメラは10~20台くらいは出るので・・・この時点で民放各系列の持つSNG回線数を大きく上回る。)





回答:
>一方、800MHz 帯FPU は、SNG やSHF 帯FPU よりも移動中の中継に適しており、マラソン中継に限らず報道中継等にも欠かせない伝送手段となっているものです。

反論:
これも嘘である。報道中継に800MHz帯を使うことはありえない。東京タワーなどの中継局が見えないと中継ができないので、事前に中継下見をしないと放送できないからだ。報道中継は、地方局でもSNGである(だからSatellite News Gatheringという)。「報道」とか「災害」とか「公共性」という錦の御旗を出せば、どんな無駄使いも許されると思ったら、大きな間違いである。


下見が出来ないから不可能?
うちの技術スタッフは事件場所の住所を聞くだけで、FPUが使えるかどうかすぐに分かるけど。え、それ普通じゃないの?(関東平野想定ならもっと簡単で、例外地点をちょっと覚えたらいい気もするけど関東の事情は分からん。分かる人教えて。)多分だけどNHKの人も同じ事できるよ。それにそこが見通せるかどうか調べる地図ソフトもあるし。

地方局でもSNGって、そりゃSNGも使うけど全部じゃない。報道でもFPU使うし(下見しなくてもな)、報道モノ以外でもFPU使う。もちろんSNGだって使う。要は使い分けしてるんだって。




>総務省は、根本的な1の疑問に答えていない。800MHz帯はマラソン中継専用なのだから、マラソン中継をしない場所では開放できるはずだ。 

だからマラソン用じゃないって・・・
常日頃から使ってます。

電波の有効利用という点では賛成なんだけど、そこに至るまでが。。。
(ただ、常日頃使っているから細切れになって、結局何にも使えないと思う。)


何故FPUをSNGで代用可能とか、そんな話が出るのか。本当に分からない。


もう1回まとめる。

まずもって、SNGは雨に弱い。NHK技研が「雨に強いSNG」開発中だけど(降雨データを取得し降雨地域に増力放送する)、実現はまだまだ先(スーパーハイビジョンとセットの話だっけ?今パンフレット無いからうろ覚え。)
その次に、FPUの代わりに使用するつもりなら、SNGの回線が絶望的に足りない。人口衛星をあと何基も上げなきゃいけなくなるだろうし、追加帯域もその分必要になって・・・
あれ?ならFPUでよくない?多分そっちのほうが帯域節約できるし。



あとヘリとかディレイとか料金とか、もういいや。
寝る。おやすみ。
[PR]

by soulwarden | 2008-06-27 03:08
2008年 06月 26日

酔っ払ってる今こそ書くテレビ局の給料の真実

もらってねーよ!
「高給取りの癖に」書かれる度にイラッてする。地方局の待遇の悪さを舐めんな。


大体なぁ、時給に直すと都会のマクドナルドの高校生バイトより安いんだぞ!たーこ!たーこ!

しかもよく分からないけど、4月から手取りで1年目より減ってた。
[PR]

by soulwarden | 2008-06-26 01:48
2008年 06月 23日

「秋葉原連続殺傷事件、あなたは何を思いましたか?」

ひさびさ連日投稿。酔ってないし。


しかし、悪いが使い回しだ。
Lifeに投稿した。元々はラジオっ子だったが、投稿するのは実に15年ぶりだ。ちゅうぼー以来。

お題は「秋葉原連続殺傷事件、あなたは何を思いましたか?」
==========================

僕らは普通の事件では殺された人に自分を置き換えて、その恐怖を語る。

今回の事件でちょっと違うのは、あの犯人に多くの属性があり、その属性の多くの人が
「あの犯人は俺かもしれない」とつぶやいていること。

曰く、派遣だ厳しい家庭だサバゲオタだコミュニケーション能力不足だ非モテだアキバだ・・・
そして犯人のモヤモヤとした閉塞感もわかる。メチャクチャな事件起こしたいという気持ちも分かる。
だから「あれはオレがやっててもおかしくなかった」

でも、やることと、やろうと思うことには大変な差があるのを僕らは知っている。
漫画家になりたいのと漫画家になるのでは天と地ほども違うのと一緒。
伝説の木の下で告白するゲームやってるのと、実際に女の子呼び出して告白するのと、同じくらい違う。
「そんなの広告でペイすればいいじゃん」と簡単に言い放つのと、実際に広告を売って歩くのと同じくらい違う。(ここ読む時飛ばしてください)


それと一緒。
事件を起こした奴と、自分を予備軍だと思っている人とは、全く違う。
別の人格で、別の人間だ。
だって、まだ何も事件を起こしていないのだから。

 家庭環境や趣味や仕事がちょっとくらい被っているからと言って、そして、自分がたまたま「ムチャクチャな犯罪したい」とココロの隅でちょっとだけ思っていたとしても、別に犯人と同一視することは何もない。安心して欲しいと願う。
 


 空気としては分かる。
だけど、事件を語るのであるならば、そこを個人個人が否定することから始めなくてはならないのだと思う。

前のめりになったままだと客観視できないから。


PS:ギャラクシー賞受賞おめでとうございました。





なんだか、今読むと誰かの視点だなこりゃ。自分の視点じゃないような違和感がある。
まぁいいか。

さて、まさに今番組が始まるけど、明日に備えて寝る。
おやすみ。
[PR]

by soulwarden | 2008-06-23 01:31
2008年 06月 22日

もやしもん6巻を読む

大変今更なんだけどさー5巻までしか出ていないと思ってたら、今日本屋で見つけて即買い。半年間も見逃してた。


中から「おまけのおまけ」が出てくる。。。
オチの性質上、詳細は省くけど、これ考えた人すげー。




やっぱアレだ。
これもschool of lock方式だ。命名僕。


まず優良なコンテンツを創りターゲットへの訴求を図る。コンテンツの性質として、リーチは(程度問題だけど)そこまでいらないからフリークエンシーを優先させる。コンテンツへ深く潜らせた後に、そのコンテンツがあけた穴に「広告であることを楽しむ広告」・・ちがうな「ターゲットにコンテンツとして喜ばれる広告」を投入する。


・・・・なんだか、民放連盟放送基準に出てきそうな優等生的な文になったぞ。

一言で言えば「タイムCM」となるけど、そうじゃなくて、ドラマとCMでキムタクの髪型が一緒というのにどっちかというと近い・・・けどそうじゃなくて・・・ロッテの「TOPPA」みたいな・・・


いいや。説明放棄。もやしもん6巻買え。
[PR]

by soulwarden | 2008-06-22 22:29
2008年 06月 15日

404の人は全体主義者?フェア(Fair)って何(のため)?を読む

404 Blog Not Found フェアとは「続けるため」にある


・・・うーん。

これをどういうつもりで書いたか知らないが、彼が「マッチョ」言われる意味は分かる。
というのは、これは完全に「強者の論理」だよね。
フェアが「続けるため」にあるというのは聞こえはいいが、そこにフェアを使われるのは
「続けさせる」ゲームを正当化するために使われかねない。


じゃあ、同じような例えを考えてみる。

フェアの目的が「続けるためにある」とするならば、
それを確認するために、公平で「404の人が言うフェア」なゲームを考えてみよう。
太字部分、僕は追加した修正条項ね。

0.プレイヤーは二人。ショウさんとハイさんにわかれる。 2人とも月のお小遣い100円とする。
1.ショウさんははじめに10ポイント、ハイさんははじめに1ポイント持っている。
2.ショウさんとハイさんはジャンケンする。
3.引き分けなら、再び2.へ。
4.負けた方は、買った方に1ポイント渡す。
5.どちらかのポイントがなくなれば、ゲーム終了。
5-2.ただしポイントがなくなった方は、100円1ポイントでポイントを買い戻すことが出来る。
6.ポイントが残っていれば、再び2.へ。ただし、5-2.でポイントを買い戻した場合、この手順は次のお小遣いの日に行う。


これなら続く。ほら、目的とする「フェア」なルールは達成できた。
でも、これって世間一般で言う「フェア」を達成できている?違うよね。


揚げ足取りと思うかもしれない。
いや、そうではなくて、フェアの目的を「続けるため」と規定したときに、こぼれるものが沢山あるって一例の話だ。
ぶっちゃけると「ゲーム」とか「競技」とか、ごく狭い一部分しか拾えない。

何故か?
ゲームなら「やーめた」と、好きなときに場から離れることが出来る。
つまり、フェアの目的を「続けるためにある」と置くことが可能なのは、「続けること」以外を選択できるときだけだ。
でも、社会は大体「続けざるをえない」ゲームばかりだ。

上の例えの場合だと
7.ポイントを持っていない場合、日々の食事が与えられない」

とかの条件をさらに追加すると、ほら、絶対に続けざるをえないよね。
おかしなことに氏が言うフェアの目的「続けるため」にどんどん近づいて来た。

7.は極端な条件?でも、現実世界そんな条件のゲームばっかりだよね。



極々簡単な一例を考えてみればいい。
人はパンを食べなきゃ生きていけない。
つまり「パンを買い続ける」というゲームを一生プレイしているということ。
その際、お江戸の頃の水飲み百姓みたいに搾取されまくりでも、生きている=ゲームが続くということは、フェア?


ネット難民って、色々大変そうだけどすくなくとも今のところ「人生」続けているよね。
じゃあ、これも今の社会はフェアという目的を達成していることになる。
ホームレスも救済の必要ないね。生きてるんだから。






・・・フェアは何のため?氏は「続けるため」と規定する。
ここで零れ落ちているのは「誰のために、何のために続けるの?」の視点だ。



ゲームや競技を続けるために、ハンディ他のルールを整備することにより「続けるため」について努力することには、目的が存在する。
「競技人口を増やし、その競技を興隆させるため」だ。
つまり初心者等の弱者に対して間口を広げることにより、競技を行う強者にも前行のようなメリットを付与することが出来る。
つまり、「続けるため」という目的は、強者の側から見ると「続けさせるため」のルールとなる。


これが前述の「降りることが出来ない」という条件下で運用されたらどうなる?
氏の主張するフェアの目的「続けること」は「死なない程度に搾り取れ」を許容するルールとなってしまう。

つまり
>"Excellent", "Good"ときて"Fair"
でいう「並」すら演算できないルールだ。

これを阻止するには別の道徳条項を因子として付加しないといけない。
{今僕が行おうとしているのは、ロールズの真似、社会設計を支える正義の理論(今回だとフェア=続けるという目的)を現実に投入し、それだけでうまく社会正義が演算できるかという反照的均衡だ。}




だから言った。これはよく分からんがお金一杯持っているらしい404の人が言う「強者の論理」だと。
この言説を学生相手に講義したの?
・・・社会的弱者が多いであろう学生相手に、こうした言説を広めること自体が、何らかの別目的を秘めているんじゃないの?
まぁ少なくとも、そう勘繰られるだけの帰結になることと、これだけのでっかい抜け(論理バグ)をスーパーハカーが見逃すとは思えないことを付き合わせると、・・・まぁ妙な邪推はされてしまうだろうね。



まずこれが1点。次の1点。これは奇しくもご自分で言われている。「姥捨て」問題だ。全体VS個人の「フェア」の対立ね。




「村を続けるため」との理由のために「姥捨て」をフェアとするならば、
「人生」というゲームを続けることを断念させられた年寄りにとって、このルールは「フェア」?・・・もちろんフェアじゃない。
つまり、「社会設計」におけるフェアという一面だけをみて「フェアだからいい」というのは、
残念ながら「プレイヤー誰にとってもフェア」であることを保証していない。・・・フェア言いながらフェアではない状況だ。


このようなフェアの対立をどう解決するか?
「当時はフェアであり、キャリング・キャパシティが科学技術によって大幅に大きくなった時、姥捨てはアンフェアになった」と自らが言っているということは、
全体を優先させるための社会設計側ルールの方が強いことを想定していると考えられる。しかも、生存権という最低限度の権利よりも強く。

つまり・・・個人の最低限の福利すら全体の福利に畳み込んでしまうわけで・・・・こんにちは。全体主義さんって話だ。ハイル言いながら右手上げて敬礼しましょうか?


あと、この背景把握(食糧足りない)と解決策(姥捨て)を、一体誰が演算し、決定するのかという問題が残るけど、これも突き詰めると全体主義に繋がるね。
独裁なら、そのまま言うことなし。
民主主義なら多数決による(全体による)個人の生存権の侵害。つまり全体主義。
個人に>「自分より大切なもの」(larger than life)条項を導入させ、自主的な行為を望むのならば別にいいけど、やり方によれば思想の自由への介入。
どちらにせよ、ろくなことじゃない。


こう見るとフェアが何たるかもわからないまま、フェアの目的を「恣意的に」規定すること自体が危険ではないか。そう思う。



 さらに1点。最後の方で、老人と若者等、片方から見たフェアと片方から見たフェアが対立してる状況が出てくるけど、この理念は衝突時に解を与えられない(氏の見解は出ているものの)。
 なぜならば。「続く続かない」を演算し判定する主体は誰なのか分からないから。

 判断主体を個人個人とおくのであれば・・・なんだ、ただの功利主義の一戦略ってだけの話に落ち着くよね。で「フェア」はあんまり関係ない。
 民主主義での判定だと、この場合個人個人の合算となるから・・・やっぱりあんまり関係ない。
 今更神様を持ち出すのは・・・ホッブスに対して失礼。ニーチェにも。
 けど氏が「こっちのほうがフェア」と宣言しているということは・・・フェアの判断基準は「弾様」?
・・・あ、やっぱり全体主義だ。まぁこれは冗談として。

主体は誰だ?フェアを演算する人は。

主体なき「フェアの目的」って、誰がどのように使うの?このままじゃ使えないじゃん。







以上3点、「よりフェアにするためにはどうしたらよいか」というつっこみどころ満載の提案に、若者からのつっこみをお届けしました。
[PR]

by soulwarden | 2008-06-15 01:36
2008年 06月 14日

地震雑感

朝、時事通信の号外速報メールで飛び起きて、会社と上司へ電話。顔も洗わずにマスターに急行する。



なんか大きな地震って土日の朝、初動に人手が足りない時間帯によく起きる気がする。


僕達テレビ局もそうだけど、地方自治体もね。(かといって権限委譲制度は馴染ないし…)


とにかく犠牲者がこれ以上出ないことを。
[PR]

by soulwarden | 2008-06-14 13:54
2008年 06月 07日

技研に行ったよ

ものすごい投稿した気でいたエントリが実は反映していなかった事実が判明して、今更あげなおすよ。でもNHK技研公開に行ってきたって話なんだけど聞きたい?


…今更だよね。色んなな話が既に出てたし、先々週の話だし。
まぁ興味のある方お付き合い下さい。せっかく上京したんだし。


そもそもは年に1回のNHK技術屋さんの発表会。ただ技術屋じゃなくても普通に楽しめるお祭り。
構成的には男子率99、8%のちょっとオッサン率高目(曜日にもよるかも。)。メモをとる真面目な人多数。僕は技術はわからないけど、ちゃんと分かってる人も多数。だからNHK研究員の人も、手を抜いた解説してると即座に観客から「その説明だと計算上ビットレート足りないですよね」等ツッコミが入るので大変。



ここ最近の技研公開の目玉はスーパーハイビジョン(今のハイビジョンの32倍の情報量を誇る次世代規格テレビ)だ。
アナログ放送の100倍綺麗なだけあって、120インチテレビでも、ワラワラいるカニの毛の1本1本、群生するヒマワリの花弁の1本1本までもが気持ち悪い程よく見える。プロジェクターでの視聴もすごく綺麗。

因みに音声は驚異の22,2ch。さすがそこまでやると、音が立体的に聞こえないはずがない。


他にも「フィルム状のスピーカー・ディスプレイ」
「メガネかけなくてもいい立体テレビ」(←これ凄かった。テレビを下の方からみたら本当にパンチラが見えるかもしれない時代の幕開けです。でも実用にはほど遠い感じ。)
「1000000枚/秒撮影の高速カメラ」
なんかも展示されてた。

いや、NHK技研の人って凄いよな。頭いい。


ただ、そんなに進んでどうするの?とも思う。

普通の家庭に最低120インチのテレビ(だっけ?)と24本のスピーカーは置けないし、必要ないよね。(フィルムやポール型スピーカーによる視聴を考えてる節はある。)

そもそも僕の視力はメガネかけても0,4。展示目玉のスーパーハイビジョンはすごく綺麗なのは分かる。分かるけど今のハイビジョンと並べたり近くに寄ったりせずに比べるとどうだろう?大型スクリーンに投影しなけりゃどうだろう?
一番のボトルネックである眼球を通す以上、ある一定ラインを超えた技術は必要ないのではないだろうか。

ちなみにこの点はNHK技研もちゃんと考えているみたいでブースもあり、実験も進んでいた。ただ、話も聞いてみたけどイマイチ腑に落ちない感じ。(実物と写真とを比較して、どこまで精度をあげると見分けがつかないかという実験だけど、精度というより立体視が関係してるんじゃないかと思った)


結論としては脳に直接イメージを送るのが一番効率よさそうなので、NHK技研の皆様に置かれましては、電脳技術の開発をお願いします。



撮影もきっと大変だなぁ。
スーパーハイビジョンはピントがもの凄くシビアそうだし、ホワイトバランスも気を使うだろうねぇ。
合わせて22本のマイクを適正な位置とバランスでセットするなんて気が狂いそうだ。

まぁそれは仕方ないのかも。撮影環境込みで開発してくれると信じてる。22本のマイクをスイッチ1つで傘のように展開してくれるシステムとか。
[PR]

by soulwarden | 2008-06-07 20:07
2008年 06月 04日

アルコール燃料車

いい加減俺も書くこと書けとは思いつつ。
本日も泥酔中。去年の20倍くらいのペースで酒飲んでる気がするね。
飲んだら全く書けねー。




mixiでは日記を毎日2~3本書いてるので、僕の本名ご存知の方はそちらも見てください。全くテイストが違いますが。
僕の本名を知らなくてmixi読みたいという奇特な方は所在地関わらず飲みに行きましょう。
[PR]

by soulwarden | 2008-06-04 01:22