「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 30日

民放連放送基準に5つくらい違反してるじゃないか

放送で見て目がテン。


とにかくDeNAモバゲータウンのあのCMは許せないし、これを作った代理店も信じられないし、それを平然と流す放送局の考査担当は死ね。


SMゲーム企画中ってなんだそれ?中高生ターゲットだろうが!
関係者は民放連放送基準の3章8章11章15章あたり、まとめて読んでおけ!




・・・と書いて隠して、再構成。



結局、にしおかすみこがテレビの中で「女王様キャラ」をやっててるのが、原因だ。こりゃ間違いない。
事態は「あるある」の時と一緒だ。考査担当者が「マイナスイオンなんてありませんから!」とどんなに力説しても「だってあるあるで見たし」と代理店に言われて全く説得できなかったあのときと同じ。「エンタで同じことやってるじゃん。」の一言に考査担当は沈む。

だったら、テレビ局が最初から使わなければ良いではないかって話にはなるが、
「あれはあれで、笑いという文脈の中ではアリなんだよな。」と僕は思ってしまう。
(あるあるの時は「あれはないよ」と思っていたが)




SMという世界を15秒でことさら際立たせる手法は正直ないんではないの?とは思う。

せめて「SMゲーム企画中」ってスーパー打たなきゃなぁ。



あと、JASRACのその2、早く書きたいなぁ。
[PR]

by soulwarden | 2008-01-30 00:37
2008年 01月 29日

事故のときの「しばらくお待ちください」テロップを業界では「オマチ」といいますが

ごめんよ。ちょっとまた最近色々と忙しくて・・・
お祭りの野外ステージの進行Qシート書く羽目になったりとか。







ブログの続き書きたい!でも眠い!続きちょっと待って!
[PR]

by soulwarden | 2008-01-29 01:57
2008年 01月 24日

最近涙腺弱くってさ

もうなんか予告編の音楽1つで駄目だね。
[PR]

by soulwarden | 2008-01-24 21:06
2008年 01月 24日

JASRACとストライキその1

きちんと書けない時は2回に分ける。ということで第1回。JASRACについて。


JASRACは、消費者を苦しめ、文化から搾取する巨悪だ!みたいに信じている人って結構いると思うけど、思うにJASRACにはそんな意図も実績もない。彼らはただの商売人だ。しかもとびっきり優秀の。


うまいよなぁと思う。嫌われることすらブランド化させるなんて。


まぁ彼らは嫌われても痛くも痒くもない。
要はJASRACっていうのは、野球選手の代わりに年俸交渉をする代理人と同じようなものだ。代理人は球界やファンからいくら嫌われても構やしない。その選手の給料とイメージを守ることが出来ればそれでいいのだ。

 例えばイチローは「僕求道者ですから。野球できれば給料なんてどっちでもいいですから」というイメージをきちんと守っているが(イチローになら僕は抱かれてもいいね。)、5年1億ドル契約なんてものもしているわけで。代理人が間に入ってイメージを守っているお陰だ。
 作詞・作曲家も一緒の構造。JASRACがあるから「僕たち、お金なんて要らないんです。本当はみんなに自由に使っても構わないんです」ポーズが出来る。

でも、それを本当だととってはいけない。それはファンにいい格好するためのポーズだけだったりするから。だって本当にその気だったら、クリエィティブコモンズなりつけて、自分の権利を開放するもん。(もちろん、本当に思っている人や、思っているけどしがらみ満開で出来ない人というのも沢山いると思うけどね。)



 さて、その優秀なる商売人JASRACさんは、もちろん個人個人の消費者やブログを対象に網を向けることは少ない。そんなことをしてもあまり果実にはならないからだ。せいぜい「仕事していますよ」と「お前等あんまりオイタすると大変よ?」のポーズをとるためくらい。(その度にネットで大騒ぎしたりするけどね。JASRACの仕事の総量からするとたいしたことない。)


 そんなことよりJASRACは、大口契約のほうに夢中になる。商売の単価はこちらのほうがはるかに大きいし。

 大口契約の1つに「民間放送連盟」がある。「民放ー関西テレビ」が主な構成要員。放送では当然音楽を使いまくっていて、JASRACの収入の中でもかなりの割合を占めている。

 最近(2年前だっけ)物凄い値上げを民放連に対して強行(高度経済成長期と勘違いしているんじゃないか?というくらいの凄い値上げ)。我が民放連は(金銭的には)無条件降伏に近いような条件を呑まされ、各社とも売上悪い中でヒィヒィ言ってる。




 そんなJASRAC、今後「金のなる木」に成長しそうな「ネットでのソフト配信」に飛びつかないわけがない。


以下、次回。今日は眠い・・・
[PR]

by soulwarden | 2008-01-24 01:56
2008年 01月 22日

NHK受信料に代わる資金獲得方法

NHK株に関して。



もうNHKは受信料なしにしてさ、NHK本体が株取引で運営費を稼ぐって手法は如何でしょう?








しかしこれ、うちでもいえるなぁ。
報道端末ってそんなに厳重な監視しているわけじゃないから、アルバイトでも見ようと思えば見れるし、報道部員に「株持っていないか?」と問い詰めれば、もちろん1人くらいはいるだろうし。

あんまりロックを厳重にすると、今度は報道の命「俊敏性」が損なわれるしね。難しい。






「李下に冠を正さず」ってことわざの解説、この前NHKラジオで聞いたけどさ、
そういう意味じゃ報道関係者、株取引全面禁止でもいいような。
[PR]

by soulwarden | 2008-01-22 03:55
2008年 01月 18日

私的録画録音補償金なんて稼ぎにならないからやめてしまえって

権利者団体が「Culture First」宣言、文化保護で補償金の拡大求める

馬鹿か。


しかしなんでこんなに下手糞なんだろうね・・・
ひろゆきならもっとうまくやるだろうし、実際にやってるよねぇ。
(黒字になっていないとか、ユーザーがおもしろければいい宣言とか。自分が信じてもいない幻想を他人に信じさせる能力は凄い。)




個人的にだが、私的録音録画補償金の制度は廃止するべきと考えている。
だって、私的複製は、著作権の例外規定だから。概念上おかしいって。




大体において、私的録音録画補償金の現在の実績を知らないわけでもあるまい。(リンク先、pdf。私的録画補償団体sarvhの年間収支)

これによると録画部門で年間わずか16億円!
それを会員の

社団法人日本民間放送連盟加盟133社
日本放送協会 (NHK)
社団法人全日本テレビ番組製作社連盟
社団法人日本映画製作者連盟
有限責任中間法人日本動画協会
社団法人日本映像ソフト協会
協同組合日本映画製作者協会
社団法人日本音楽著作権協会 (JASRAC)
協同組合日本脚本家連盟
協同組合日本シナリオ作家協会
社団法人日本文藝家協会
社団法人日本芸能実演家団体協議会
社団法人日本音楽事業者協会
社団法人日本レコード協会 (RIAJ)
社団法人音楽出版社協会



で分けるには、あまりにパイが小さすぎる。
1社当たりいくらだって話だ。


録音部門だって年間12億円。(リンク先pdfね)
これこそ40万枚セールスのCD1回分の売上でしかない。



例えばこれをipod、パソコンあたりからも並べて補償金を徴収して、これまでの10倍ふんだくっても、まだまだパイが異様に小さい。
ざっと計算して現状の10倍の補償金とったとして・・・うちの規模の地方テレビ局で年間でGTR買えないくらいのお金しか手に入らない。

つまり10倍に拡大したって地上波1日分の稼ぎにもならん。うちの規模の局ですら。



まっとうに金稼ぐほうがナンボか楽だし、そのために私的録画してもらう方が絶対に商売のためになるって。(というか見逃すも見逃さないも、そもそも著作権の例外規定だしさ)




逆に聞きたい。
何が、そして誰が、一体どういった動機で、金にもならない私的録音録画補償金制度なんかにこだわっているんだ?



不思議。
[PR]

by soulwarden | 2008-01-18 01:22
2008年 01月 16日

傘下の放送局は最大12 持ち株会社で総務省方針

傘下の放送局は最大12 持ち株会社で総務省方針


北海道・東北(札幌・仙台)・・・7ないし8
関東(東京)・・・7
中部(名古屋)・・・8ないし9
関西(大阪)・・・7
中国四国(広島)・・・9
九州・沖縄(福岡)・・・8



かな?
それとも、7(関東)+5(つぶれそうな局を下から)?これだとプラス関西の準キー局が6局助けて11局救済体制も可能。



さてどっちだ?
[PR]

by soulwarden | 2008-01-16 00:57
2008年 01月 15日

酔っ払いのライフハック

 酔っ払って縁石の上を歩いて帰る方法。



 足元を見ずに、少し先を見る。














取り立てて何か比喩で言いたいわけではなく、今日気付いたありのままの事象です。








5キロってナニゲに遠かった。
[PR]

by soulwarden | 2008-01-15 00:16
2008年 01月 11日

ウンパルンパかわいいよね

チャーリーとチョコレート工場見てると、突然AKB48を思い出した。
何故だかは分からないが。
[PR]

by soulwarden | 2008-01-11 22:53
2008年 01月 09日

CMの裏側にて その2

「俺はどうしても覚醒というフレーズが気になる。」
「どういう意味なんでしょうね?覚醒剤…はあんまり関係ないでしょうし。」
「分からない。しかしパチンコで覚醒というのは、出玉を暗示しているのではなかろうか。」
「あーそうかもしれませんねー。」
「いや、これはアニメの元ネタからですよ。」
「そうなの?何が覚醒するの?」
「この初号機…いや、ロボットみたいなやつです。」
「ロボットが覚醒って意味分かんないんだけど。ロボットって機械だから、機械が覚醒すると言う日本語はおかしいよね。」
「いえ、これはロボットというかですね…」
「君、ちょっと詳しそうだから、このアニメに置ける覚醒の意味を教えて欲しいのだが。」
「ええっとですね…えぇぇと…(絶句)」
「無理ならあらすじだけでも構わない。」
「いえ、あの、えと、主人公の成長物語と言いますか…」
「覚醒?」
「いえ覚醒するのはこのロボットの方で。」
「だからロボットが覚醒っておかしいでしょ」
「いえ、あの、その…」


メガネ君がアニメのことを何でも知っていると思ったら大間違いです。





今調べたら「覚醒=パチンコの出玉が凄い」って認識であってるみたいだし
[PR]

by soulwarden | 2008-01-09 22:46