「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 30日

シロくなる第1歩

シロって言っても、今日は別の話。
ニコニコ動画とYouTube、JASRACに著作権料支払いへ


大変いいことじゃないかと思う。場が包括契約なりしてしまえば、利用者に負担をさせることなくアップできる。これは大変素晴らしいことだと思う。
というか、第1歩としてJASRACから取り掛かったのは筋がいいよね。(ここが旗振りだし、かつ基本的にお金で解決できるところだ。)


音楽に関しては、あとは著作隣接権だ。これを全て包括契約なり個別許諾なりでクリアする方法を考えないと。
それと映像周り。

そう考えるととりあえず残ってる主な団体。

日本文芸家協会
日本脚本家連盟
日本シナリオ作家協会
株式会社イーライセンス
日本レコード協会
日本芸能実演家団体協議会
実演家著作隣接権センター 
アジア著作協会
民間放送連盟

日本放送協会(NHK)
日本映画製作者連盟(映連)
全日本テレビ番組製作社連盟(ATP)
日本音楽事業者協会(音事協)



まだあるけど、思いつくまま書くとこんな感じ?(・・・テレビ局は面倒くさいけど全部やってるんだよ!)


ただ映像に関する権利を持っているところ(テレビだと民放連が代表になるだろうね。)とニコニコ動画についてはかなり揉めるだろうね。
他人の著作物をいかに面白くなるとは言え「上から書きこむ」ことで「ネタ化」して消費するんだから、これは人格権の問題(同一性侵害)に問われる可能性が高い。JASRACと違ってお金じゃ何とかできないかもね。




ただ、こうやってニコニコとかyoutubeとかが「シロ」になれば、ずいぶん素敵空間になると思うよ。
映像制作者にとっては夢の空間じゃん。許諾と公開にかかるお金が全くかからないということだし。
ビデオ代わりにしている人も、場が包括許諾さえ結んでしまえば公然とアップ出来るようになるし。



・・・ただ、映画撮る身としては・・・外国曲の包括契約がどこまで行っても考え辛いのが痛いなぁ。。。






あと、問題なのは現在の技術では、「包括許諾」の便利さと「全局報告」の配分の正確さが相反している。
ただ、ここは技術発展で何とかなりそうなんで、関係者さん頑張ってください。
[PR]

by soulwarden | 2007-10-30 23:18
2007年 10月 29日

テレビ局はアニメのお金の中抜きをしているか?

僕のブログに昔からいらして下さる方には申し訳ない。
何度も説明をしたけど「ネット番組」について、もう1回書く。


平成15年の経済産業省の資料を基に「テレビ局が放送しかしていないのに、スポンサーからのお金を抜いて現場にはちょっとしか渡らない」という話がネットに広まってる。
多分火種はここかな。

切込隊長も一言で解説していたし、どこかで冷静な議論になる」と思って放っておいたのだけど、それもない。

業界人が「既得権益です」とかしゃべったのがすでにブログのソースとなってるみたいだし。そんなうまい話あるわけないじゃん。つか、代理店…





解説。


テレビ局はアニメのお金の中抜きをしているか?
答えは否。テレビ局は商売をしてるだけ。




この世には、「黒ネット」と「白ネット」という2つの番組販売方法がある。
「黒ネット」は、「ネットタイム」とも言われ、全国放送でキー局がスポンサーを見つけてくる番組。ゴールデンタイムのほぼ全ての番組がこれにあたる。アニメでいうと、コナン(小学館他)やサザエさん(東芝他)、ワンピース(バンダイ他)とかだね。(追記:ワンピは昔のワンピね。いまはゴールデンから出てる。)
さて、言うまでもないがスポンサーは「CM」を流すためにお金を出している。(そして、このCMの料金でテレビ局は収入を得ている)この時スケールメリットを出すため、そして全国展開というスポンサーからの要望にこたえるため、全国の系列地方局の「放送枠」を抑えて、「全国一律放送」を実現する。
 テレビ局は集めたCMの料金のうちから、系列地方局に「放送枠代」、正確には「その抑えた枠の中でCMを流した代金」を払う。
一方、地方局は「番組販売費」を払う。じゃあ例えをコナンにすると地方局は「コナンの中で流れる小学館のCM」の料金を貰う代わりに「コナン」という番組をキー局から「買う」。(だから古い用語ではフルネット局のことをmust buy局とか言う)。これに加え地方局は、CMを代わりに売ってきてもらった手数料という意味で「特別ネット分担金」も払う。

 ここまでが、キー局が全国で放送するための「枠の仕入れ」に掛かるお金。そしてキー局の手元には全地方局から集めた「番組販売費」「特別ネット分担金」と、「自社CM分として引いたお金」(これが大きい)が残る。
 このお金を使って、キー局は番組の制作を行う。もちろんテレビ局はアニメーションを作る機能を(簡単なもの以外は)持っていないのでプロダクションに発注する形となる。
(厳密には予算委員会方式をとっているキー局も多く、単一番組での売り上げの赤字黒字を見ないところも多い。)
 1ついえるのは、この方法は巨大なお金を動かすことが出来る「恵まれたコンテンツ」であることだ。こんなのできるの、正直あんまりない。
 黒ネットであることで一定のお金は既に保証され、ゴールデンタイムに流されることで、多くの視聴者に訴求できる。ということはDVDやキャラクターグッズの販売も成功しやすい。(ここで、著作権をどちらが持つかという話が出てくる。法上はもちろん制作者にあるが契約により局に移動している場合も多い。窓口権だけテレビ局に残す場合もある。)

 テレビ局としては、実はタイムの利益率はそんなに高くない。アニメ離れが進んでいる現状、アニメをゴールデンタイムにかけるというのは、視聴率を押し下げる効果すら生んでいる。が、編成上「全視聴層に訴求する」ために、残されていたりもする。

一方「白ネット」はスポンサーがない番組のことを指す。多くの場合ゴールデンタイム以外の番組だ。(非常にざっくりだけどね)
これは、キー局が地方局へ「番組を販売」することにより、お金を集め、それにより収益を図るものだ。
 この場合、地方局は「番組」を買い、中のCM枠を「自局のスポットCM」用に使用する。(CM枠が埋まっていない=真っ白=白ネットだ。)


しかし地方テレビ局からすればmust buy指定を掛けられない限り「わざわざ高い金出して買ってまで」アニメソフトを使う魅力がないのが現状だ。なぜなら多くのスポンサーは「アニメ・マゲ・サスペンスへのオンエア不可」というスポット線引き上の制限を行っているからだ。これはスポンサー(もしくは代理店)が持っている独自データ上、「そこにCMを出しても効果がない」もしくは「ターゲットと合致しない」となっているからだ。(サスペンスの場合にはちょっと事情が違っていて、保険金殺人とかテーマなのに生命保険CMを流したりとか、薬物殺人で製薬会社のCMを流したりとか、洒落にならないから。)(追記:マゲ=時代劇)

地方で見られるアニメが少ないというのはここに起因する。キー局・準キー局レベルならば、それでもまだ「深夜アニメ希望」のスポンサーもいるし後述の「戦略」のためにアニメを編成する余力があるが、地方局にはそれも無理だ。

という訳で深夜アニメなんか、数少ないアニメ編成局の「番組販売費」のみで制作しなければならない。そして正直これは無理な作業だ。金額が1~2ケタ足りない。(ちなみに番組販売費が気になる人は、計算してみればいい。年間30億売り上げの地方局が1/3を番組販売費に使うと仮定すれば、その金額を365日で割りさらに48で割ると30分番組のものすごいざっくりとした単価が出る。ちなみに局の売り上げ比や人口比で番組単価は変動する。)
 ではどうするか。この足りないお金は「キー局」の「持ち出し」(赤字)によって補われる。
何故赤字を許容するか?それは「あたったらデカイ」からだ。当たるか当たらないかは宝くじみたいなもので興行の常なんだけど、一度当たれば映画化、DVD、キャラクターグッズ展開…でこれまでの赤字を取り戻すことが可能なわけだ。こういうの「戦略番組」といわれたりする。


これが主なテレビ局の商売方法だが、最近では「製作委員会方式」、(業界内では多分「テレビショッピング方式」という方が通りがいい)という方法も存在する。
これは製作委員会がテレビ局から「放送枠」を買い、そこにアニメを流すやり方だ。
テレビ局からすればテレビショッピングを流すより(はるかに)実入りは少ないが、番組の風体をなしているのでコンテンツ充実という意味で、まぁ我慢が出来るという手法だ。金銭的に我慢が出来ない局はやめていったので今じゃあこの手法とるのはtxくらいだけどね。(追記:首都圏の独立U局はバリバリです。)
一方製作委員会からすると「プロモート」としてテレビ局の電波が使用できるという点で魅力がある。
で、何を狙っているかといえばやはり、映画化、DVD、キャラクターグッズ展開による「当たり」だ。それと多少はスポンサーが期待できるだろうか。(30分買い切っているので、この場合CMの料金は製作委員会に入る。使わない場合は空で局に返したりもする。)

 ちなみに製作委員会方式で地方展開をした例は聞いたことがない。少なくともうちでは引き合いがない。もしも引き合いが来ても比率から考えると「それはあんまりにあんまりな金額じゃありませんか?」レベルになるだろうけど。



 ネット界隈では、この「テレビショッピング」方式と、経済産業省の「黒ネット」方式を混同して話をする向きが非常に多い。(テレビショッピング方式だとそこまでテレビ局の取り分である放送枠料金は高くない。1回あたりの放送枠は、例えキー局でも無理すれば僕でも買えるくらいの金額だ。)



あと触れていなかったけど黒ネットで代理店が2割のマージン持って行く件について。
簡単に説明すると代理店って、新聞や雑誌やネット込みで広告全般の計画立案をしたり、そのためのCMを作ったりしている(まぁCM制作は別途お金が出る場合が多いが)。2割はその手数料だ。




 さて、ここまで書けば
「5000万円がこんなに中抜きされて・・・」とか書く人は「5000万円が何に対して向けられたお金か」を意識せずに、もしくは敢えてごっちゃにしているのだと気付く。

5000万はCMを流すためのお金で、アニメコンテンツを作るためのお金じゃないってことだ。




 アニメーター自体が産業的に辛いという話は良く聞くし、それは将来的なコンテンツ衰退を招きかねないとは思うが、それはこの構造とは別の話だし、むしろ局主導の「黒ネット」ではなく、製作委員会の主導するアニメの方がよっぽど金がない構造だ。(先行投資型となるし、外した場合大変。)


それに、テレビ局とすれば「2倍制作費を突っ込んだら、2倍の視聴率が取れるか」と聞かれたら苦笑いするしかない。
 今以上の視聴率はおそらく見込めない。ゴールデンタイムのアニメはおそらくじわじわとなくなっていくだろうと思う。
 深夜アニメについては・・・どうだろね。今たくさんあるから、これが儲けていたら続くんじゃないの?儲けていなかったらテレビからは撤退して別の方策を探すだろうさ。それこそ手法はいろいろあるだろうし。






 要は、アニメの市場規模自体が小さいというのが一番悪いって話。



(追記:ここの図解、非常に分かりやすいです。感謝。)
[PR]

by soulwarden | 2007-10-29 22:04
2007年 10月 26日

自分用メモ

メモ。

バラエティーの罰ゲーム自粛を=BPO青少年委が見解
[PR]

by soulwarden | 2007-10-26 00:17
2007年 10月 26日

まだアンケート続けるよ。

昨日、人に会っていて(オフ会というやつですか?)
「あのアンケート何のためにやっていて、これからどうするつもり?」
と聞かれましたし、他でも書かれたりしたので一応表明しておきますが、


僕はこのアンケートからとりたてて議論する気もまとめる気もありません。
ただただ、転写するだけです。



じゃあ何のためにやってるか?何のためでしょうね。
まぁ前にも書いたように、ここは「インターネット先進ユーザー」が集うブログですので。(何故ならここはyahooじゃないから。)



あ、一応僕のブログはCC宣言をしており、商売に使わない等の右条件を守っていただければ好きに使っていただいて構いませんが、もちろん今回のアンケートにご協力いただいた方の著作権はそのままです。ご留意ください。



まだまだアンケートにご協力してくださる方を募集しております。
このエントリにコメントもしくはトラックバックつけていただければ幸いです。メールでも構いません。
よろしくお願い致します。
[PR]

by soulwarden | 2007-10-26 00:04
2007年 10月 23日

緊急アンケートあなたのご意見は? その2

引き続きのご意見です。(エキサイト長文制限に引っかかった)

まだまだご意見募集中です。

========================================

社内ニートさん(デスクトップ守りまくり系)
1、  反対
PCが勝手にDLしてくるんだ、俺は悪くない。

2.1、 反対
バックアップさせろ。

2.2、 反対
デスクトップPCとノートPCと携帯とipodとその他のモバイルメディアに自由に複数回ダビングさせろ、それがバックアップになる。

3、  中立
よくわからない、が、中国の偽ディズニーランドみたいのがウォルトディズニーの死後数十年で合法化されるのなら、それはそれでカオスな気がする。

4、 中立
どうでもいい、つかsoulwarden氏が目の敵にしてるフリーライダーは、ほぼ例外なくインターネットユーザー(笑)だと思うんだけど?
MiAUの設立趣意を読む限り、「先進的インターネットユーザー」なんてひとくくりにするのはフリーライダーに失礼だw


==============================================


通りすがり@コンテンツ屋(コンテンツ屋系)

1、賛成(無駄だけど)
法律で禁止して何人か捕まえても、見せしめ以上の効果さえないと思う。Winnyの情報漏えいで人生狂った人間が山ほどいるのを知っても、やる奴はやってるわけだし。
とはいえ、コンテンツを作る側からすると1視聴1円とかでいいから払ってもらえる仕組みがあると助かるので、そういうシステムの構築を促す動きには賛成しておきたい。

2,1、反対
ミス・失敗に対する対応ができないシステムは、欠陥があると考えるべき。

2,2、賛成
コピーワンスの欠点が修正され、人為的ミスなどの心配がほぼなくなり、通常の利用であれば問題はないと考えるので賛成。
ただ、今から仕様変更して間に合うの?っていう「対岸の火事」的不安はあるけど。TV局とか開発とか電気屋とか現場の人たちが大変なことになるんじゃね。


3、反対
著作権が50年だろうが70年だろうが今、コンテンツを創っている奴らがもらえるお金はどうせ変わんないので、どうとでもしてくださいというのが本音。賛成派の松本零士先生がむかつくので反対。

4、中立
 やりたいならやればぁ。
「我らがインターネットユーザの代表です」みたいな臭いがして、基本的には嫌いな人種だが、こういう規制やら束縛を嫌う人たちが社会に果す役割があるのも事実。なので好きなようにやってください、私と関わりのないところで。

==============================================

福田2さん(漂白言論じゃさそう系)

1、 反対
冤罪の起こりそうなシステムだから。
2.1、反対 
DVDR等、メディアの信頼性がどれほどなのかしってるのか?
2.2 反対 
この縛りのせいで、HDDが満タン等での、HDDの中身の消去、初期化ができない。
3、 反対 
遺族を50年以上守る根拠が乏しい。
4、 反対 
不必要な理由は存在しない。


============================================

IRYさん(ただの消費者と見せかけて実は!・・・系)
1、→文意不明。
丸ごと違法と認定されたサイトなのか、違法な内容を含むサイトなのか。流れから「著作権をクリアしてないコンテンツのダウンロードを違法とする」の意と判断する。賛成。故意犯に限定するのであれば不都合があると思わない。海賊盤対策は個別業者狙い撃ちよりも業者から客を取り上げて日干しにする方が効果的だとも思う。これで正規品の売り上げが増えるかわからないが減ることもないと思う。大いにやるべし。

念のため補足。上記「1」への理由中で「業者から客を取り上げて」というのはもちろん「客を牢屋にぶち込んで」という意味ではない。威嚇して客が近づかないようにするの意。

2.1、→反対。
焼きミスすることもある。メディアにバックアップとったあとでもHDD内で作業できた方が便利。

2.2、→消極的賛成。
反対する理由があまり思い当たらない。自分の使用状況ではHDD内コピーも含めて5回以上コピーした記憶がないのでこれまでと全く変化ないと思う。ただし10回(9回)という回数の根拠が不明。

3、→反対。
延長の根拠に説得力を感じないから。ただし存命中の著作権者への見返りは断固守るべし(敬意&金銭)。延長への反対が今の作者への軽視になってはならない。

4、→反対。
場があって困ることはないから。ただしデマを飛ばして煽る人はお願いだから消えてくれ。

================================================

渡辺裕さん(2回目で微妙って使うなって言ったら面白がってる系)
1、微妙。
違法コンテンツ配給側が「私ら違法なんですけど?」って言うわけないので、知らずに入って違法だ違法だ! と騒がれてショッキング。
2.1、微妙。
「失敗したらそれまでなシステムはクソ」という意見に賛成なんだけど、だからといって複数コピーを容認したら限度枠いっぱいまで無茶する馬鹿が目白押し。民生用は3回失敗でゲームオーバー・コンティニュー無しが男の中の男。
2.2、微妙。
10回とか多すぎですよね。3回でゲームオーバー上等。
3、微妙。
個人的には30年で十分だと思ってるんで現行の50年でも十分長いと言えなくも無いですね。70年の有効期限いっぱいまで愛でられる作品よりも半年~2,3年程度で消費される「商品」のほうが圧倒的に多いわけですから。「商品」の側も助けてあげたい。
4、微妙。
「場」は必要だと思うけど、そこを主にご利用するのが「誰か」にもよるんじゃないですか? 多分フリーライダーさんが大挙して押し寄せて当然のよーに占拠すると思いますが。
 それがインターネッツ界隈の「意思」だというなら、じゃあインターネッツなんぞ滅ぼしてしまえと。そういう意味でブッ叩かれそうな気がします。

====================================================

わわわさん(一般会社員と見せかけて実は!・・・系2回目)

1.反対。
合法・非合法の線引きが全く分かりません。
2.1.反対。
「1回」の定義を緩くするか3回くらいしてもらわないとDLNAとか出来ないです。
2.2.中立。
さすがに10回もコピーする必要性は感じませんが、中途半端に制限するのもどうかと。
3.中立。
金のかかる70年前の作品には別に価値を感じません。
4.中立
数は力なんで当事者の為の「場」は必要なんではないかと。

=================================================

SiroKuroさん(この間の論争は僕は面白かったんですが系)

1、保守的な立場から、どちらかといえば反対。
コンテンツの違法流通を抑制することが目的だと認識しているが、効果の程度があまり期待できないことが理由。なお、海賊版をダウンロードすることが消費者の権利の1つに数えられるかどうかはここでは考えていない。


2.1
権利者の立場から、消費者の通常の使用が害されるならば反対。害されなければ賛成。
権利者の立場から見ると、著作権に則った流通のコントロールという目的はよく理解できるし、コピーワンスやダビング10という選択肢が存在することは実に魅力的。

ただし「これらの技術を無視してコピーするクラッキングの抑制」と「これらの技術が未熟ゆえに消費者の権利を害する可能性」の2つについては懸念。この懸念の背景にはCCCD技術の失敗がある。技術的に消費者に受け入れられるならばなんら問題は無い。



3、保守的な立場から、反対。
明確な理由なしに欧米にあわせる必要はまず無い。20年延長してメリットがあるのは一部の著作権者だけ。延長しないならば青空文庫が栄えるメリットが考えられるが、それを考えずとも延長にたいしたメリットが無いものと認識している。



4、反対。
意見は多ければ多いほど良いが、一部の強者が多数派意見を握りつぶすことが出来るのが現状。ユーザの意見を中央に届けるための支援は、その役目に際して MIAU が適切かどうかはともかく、早急に必要だった。

==================================================
R.Fさん(同人作家系)
1.反対
ダウンロードの時点で明白に違法だとわかるとは限らない。恣意的な警察の運用に利用される可能性が大きすぎる。
2.1. 反対
あれは「コピーワンス」ではなく、「ムーブワンス」である(じっさい、移動も一度きりしかできない)。そんな詐欺技術には断固反対。
2.2. 反対
「コピーワンス」と同様の羊頭狗肉である可能性が捨てきれない以上、反対。
3.  反対
遺族云々というのならば、子供が十分稼ぐことが可能になる25年で十分。
4. 反対
監督省庁が権利者側しか向いていない現状では、利用者側の意見を取りまとめる団体は必要。

==================================================

blackantさん(人生、寝言の如し。系)

1、反対。あくまで違法コンテンツを準備した側のみを取り締まるべき。合法を装ったサイトを目の前にしたら、ネットに疎い一般人は違法と知らずにダウンロードしてしまうはず。さながらフィッシング詐欺の手口のように。
2.1、そんな技術に血道を上げるのはエネルギーの無駄遣いのように思えて反対だけど、コンテンツを安くしてくれるなら賛成してもいい。映画なら劇場公開中に何度でも見に行けるように、DVDなら気軽に買えるように、ネット配信ならプレイヤーを変更しても気楽に再課金できるように。映画は1000円以下がいい。昼飯の定食と天秤にかけられるくらいがいい。
2.2、よくわからない。どうでもいいとも言える。映画なら「10回もコピーできれば十分じゃない?」という意味で賛成。でもやっぱり「そんな技術に血道を上げるのは・・・」と思うと反対。
3、徴収された著作権料が作品の保護(たとえば美術品なら劣化を防ぐための管理や修繕とか。映像や音楽や書物の場合・・・何だろ?)に適切に使われるなら延長してもいいけど、よくわかんない人たちの懐に入るのであれば反対。松本先生は「遺族の生活を守りたい」みたいなことを言ったらしいけれど、死後50年もあれば十分じゃないの?配偶者はともかく子孫は自分で稼ぎましょうよ。
4、あったほうがいいんじゃない?


=================================================

Tさん(普通の利用者とみせかけて実は!系そしてこのネタ使うの3回目)

1、反対。
将来に与える影響が甚大であるにも関わらず、拙速に成立を目指すプロセスそのものに反対。また、『ダウンロード』の定義そのものがあやふやであること。

2.1、反対。
利便性を著しく阻害する。権利者にとっても利用者にとっても不幸。

2.2、反対。
利便性を著しく阻害する。権利者にとっても利用者にとっても不幸。

3、反対。
著作権によって利益を得るのは著作者だけでよく、著作者の配偶者や子孫が利益を得る必要はない。

4、反対。
どの程度の力を持った存在となるか分からないが、声をあげることは重要。何もしないよりは1000000倍良い。


===============================================

ふにふにさん(ふにふに系)

1反対
 実効性においに疑問がある上に、現状特定の著作権者だけを有利にする法改正は、法の公平の観点から言っても不適切だと思います。

2.1 中立
私自身、コピーフリーのときは、PCに取り込んでHDDで保存していたので、それができなくなったのは大いに不満ではあります。
が、そのおかげで、コンテンツをコレクションするということがなくなり、視聴数もずいぶん減って他のことに時間を使えるようになったので、結果的には別にどっちでも良いかなと思うようになりました。
それに、大部分の視聴者は録画したって積んどくだけで見返すことなんてほとんどないですしね。

2.2反対
孫コピーができない以上1回だろうが10回だろうが意味がないです。

3反対
著作権って、遺族を食わせるためのものじゃないでしょ。

4反対
いままでなかったことが、今の惨状を生んでいると思っていますので。
日本は、消費者団体全般の力が弱すぎます。
個人的には、アメリカ科学振興協会みたいのが、理想なんですけどね・・・・


===============================================

ねもとさん(どうじんけい)
1. 中立
どちらでもない。
理念で言えば賛成。
現実的には「ダウンロード禁止」という言葉が独り歩きするのが確実なので反対。個人情報保護法の顛末を見ても明らか。

2.1 中立
どちらでもない
映像コンテンツの本命はセルソフト。セルソフトが充実すればTV放送からのコピー問題は相対的に低くなる。
TVを観ない人が増えている。私もニュースぐらいしか見ていない。観たい時に入手でき、直接的に対価を払えるセルソフトの普及が急務。
ただしDVDはもはや海賊版業者を幇助するための媒体。コピー管理の進んだBDでのリリースが理想。

2.2 中立
どちらでもない

3. 中立
どちらでもない
「70年」に着目すれば、特に無期限でも良いのではと思う
「無方式」に着目すれば反対。
早い話50年を超える保護については登録式・有料で行うべきだと思う。支払いを怠ればその時点でパブリックドメイン。料金は特許のように年々高くなる方式で。

4.反対
理由
・言論の自由があるから
・言論の自由という原則を揺るがす反社会的な活動ではないと思うから

==============================================

bucmacotoさん(北の国からトラックバックくれなかった系)


1.基本理念賛成 (以下の3要件が担保されること)
 ・量刑は罪の軽重に比例すること。(大量・多種・原著者の意向反映)
 ・当局や権利隣接者の恣意的な運用を防ぐこと。
 ・冤罪を引き起こさないこと。(誤り と 過ち は別物ですから)

2.1 反対(ただしごく弱腰 w)
2.2 賛成
 著作者・発表者に方法を選択する権利あるのは当然。
 選択肢は淘汰に委ねるのがいいという見解です。

3.反対
 発明特許の期間と整合性があっても良いと個人的には思います。

4.No.
 そういう場を制限することは、日本国憲法理念上もできない。
 あえて個人的な見解を言えば、不要(なくても困らない)と思います。 けれども、必要ない(無用だ あるいは 不必要:存在しないほうがよい)とは思わないのです。

=================================================

mrcmsさん(中の人系)

1  反対
これ施行されても私らは困らないのですから(と思い込んでますから)。しかしWHOのタウンシェンド氏ロリサイト閲覧事件でもわかるように(その事件の真偽はともかく)、いつ何時気付かず罠に嵌ることだって有り得るわけです。ほかにも例えば電気機器のリサイクル法でヴィンテージ楽器が使えなくなったとか、こっちが想像する以上のことが起こり得るわけで、そうすると、なんでも簡単に法にするのは慎重になるべきなんじゃ?と思うわけです。

解釈不能なくらい事細かに明文化しない限り、安易な法化というのは極力避けるべきじゃないか、と個人的心情として思いますよ。』


====================================================

Unimiso さん(メールいただきました系)

1、違法サイトからのコンテンツダウンロード違法化へ賛成しますか?
  まずダウンロードの定義からでしょう?
  ウェブキャッシュに残ったものも、違法とか言われたら、ユーザー制御下
  じゃないんだからかなわん。
  つか、ダウンロードを論点にしていること事態が的外れかと。
  アップロードとか公開にフォーカス当ててくれ。
  ダウンロードは、違法アップロードであるとユーザーが認識できるものは
  違法化しても良いが。
  違法図書や円光と同じじゃないかな?
  利用者が認識でき、制御できるものならダウンロード違法でも良いが、なにも
  かもを一緒くたにするのは論点ずれてる。
2.1、コピーワンスに賛成ですか?
2.2、ダビング10技術の採用に対して賛成ですか?
  どっちでもない。
  回数論議じゃなくて、まずは今可能な保護技術(DRM)とかに焦点当てるべきだろ?
  0回か一回以上は大きな隔たりがあるが1回が10回になっても何も変わらん。
  ごちゃごちゃするんなら0回でも良いんじゃない?
  その代わり目コピ耳コピは合法化すれば。
  # 情報の劣化なのだからコピー反対者もこれで納得してくれ
3、著作権の保護期間延長に賛成ですか?
  著作権という枠が広すぎるんだから反対。
  絞った上での(営利目的でのなんとか権とか)権利ごとなら、延長は
  賛成する部分もある。
  あと、その保護対象が営利に活用されてるのかとか、ちゃんと区別
  すべき。
4、上記1~3に関するインターネットユーザーの意見表明の支援の場なんて不必要ですよね?
  あってもなくてもいいんじゃないかな。
  べき論じゃないのでは?
  それを議論というか質問に乗せることのほうが的をはずしてる気がする。
  実社会でも、そういう場がほしいと思った人が場を作り、賛同した人が集まる。
  それと同じであって、場がある「べき」ではなくあってもよい。


=============================================


ごめん、最初は整理しようと意図はあったけど、忙しいのでとりあえずコピペ。
あとで整理します。

そしてだんだん不安になってきたのですが、・・・抜け、ありませんよね?




まだまだご意見募集中。
お気軽にご参加ください。
[PR]

by soulwarden | 2007-10-23 08:58
2007年 10月 21日

構ってください。

緊急アンケートあなたのご意見は?10人しか答えてくれない。。。逆に言えばお答えくださった方本当にありがとうございます。


でもですね、僕のブログにはもうちょっとアクセス数があると思うんですよ。ユニークでこの1000倍以上は。


・・・1000倍はもちろん嘘ですので、みてる人はアンケートご協力して下さい。

堅苦しくないものですし、IPもとっていないので身元も分かりません。会社からの書き込みでも(僕は)構いません。お気軽にどうぞ。


質問再掲です。
1、違法サイトからのコンテンツダウンロード違法化へ賛成しますか?
2.1、コピーワンスに賛成ですか?
2.2、ダビング10技術の採用に対して賛成ですか?
3、著作権の保護期間延長に賛成ですか?
4、上記1~3に関するインターネットユーザーの意見表明の支援の場なんて不必要ですよね?

「反対」「賛成」「中立」でお答えください。「反対」が多いほど、miauの意見に近いということになります。





というか構って。



足跡ばかり残す人はブラリします!(モバゲー風)
[PR]

by soulwarden | 2007-10-21 23:42
2007年 10月 20日

緊急アンケートあなたのご意見は?

こんにちは。オールドメディアで働いております孝好です。僕はインターネット先進ユーザなのでしょうか?語尾の長音を取るあたり、少し頑張ってみました。


多分、miauが言うこの「先進」って定義って、yahoo以外も見ている人ぐらいに解釈するのかなぁと。


さて、そういう意味でここにいらっしゃる方々はインターネット先進ユーザーに違いありませんので緊急アンケート。



1、違法サイトからのコンテンツダウンロード違法化へ賛成しますか?
2.1、コピーワンスに賛成ですか?
2.2、ダビング10技術の採用に対して賛成ですか?
3、著作権の保護期間延長に賛成ですか?
4、上記1~3に関するインターネットユーザーの意見表明の支援の場なんて不必要ですよね?
(4番、文脈変えずに設問変えました。否定にも肯定にも取れるまずい質問でした。あと2番、日本語になっていなかった・・・)


(賛成・反対分かりやすくするため、miauの声明の逆を書いています。つまり、みあう大賛同の人は全部「反対」になりますのでご注意ください。)



コメント欄、トラックバック、メール、何でも構いませんので僕にこの5点について賛成か反対、中立と、その理由も教えて下さい。


もう一回書きますが、反対が多ければ多いほど、miauの意見に近くなります。



順次、このエントリの下に追加していきます。
テーブル使って表にしたほうがいいのかなぁと思いながら、面倒くさいのでお一人ずつ書いていきます。

===============================

mohnoさん(コンテンツ・フューチャーをスキャンした人)


1. 賛成
 違法コンテンツを防止する対策が必要という意味です。「海賊版だってダウンロードするのは“権利”だ」という考えには反対です。
あと「アナウンス効果」と言っているだけなら“違法化に反対”です(アナウンス効果だけと表明した時点でアナウンス効果はなくなるので)。
2.1. 中立
(権利者が判断すること。私自身はコピーワンスのものに手を出すつもりはあまりない、という意味では反対)
2.2. 中立
(ちなみに、EPN なら手を出します)
3. 反対。
許諾を取りようのない孤児著作物があるため。一定期限後の登録制に賛成。
4. 中立。
というか、別に1~3に限らず、意見表明すればいいと思います。パブリックコメントもありますし。

===================================================

福田さん(漂泊言論の人)
1、  賛成
「違法サイトからのコンテンツダウンロードを野放しにすることで一体どのように権利保護が維持されるのか、その見通しが見えない。」
2.1 中立
「業務用機器ならともかく、民生用機器でデジタルコピーに固執する必然性があるのか今のところ分かりません。」
2.2 中立
「業務用機器ならともかく、民生用機器でデジタルコピーに固執する必然性があるのか今のところ分かりません。」
3 中立
「延長反対派は4年前の映画の保護期間延長を盛り込んだ改正にはなぜ反対しなかったのか」
4 反対
「ただし、自分が支持するか否かは別にして」


====================================

名無しさん。(殺伐系)

1、  賛成
「違法ファイルのダウンロードを正当化するなんて、とんでもない。」
2.1 賛成
「DRMは権利者が決めることであって、消費者が口を出す事ではありません。」
2.2 賛成
「DRMは権利者が決めることであって、消費者が口を出す事ではありません。」
3、  中立
「これに関しては議論の余地はあるでしょう。」
4、  賛成
大体「インターネット先進ユーザーの会」とか「ミャウ」とか名称がふざけてます。
国民を馬鹿にしてます。

===================================

swさん(miau系)

1、 反対。
「冤罪と、安易に裁判で脅すことをなくす仕組みだけは作っておいてね。
 というか、別の方法考えたら?
 そもそも、認証技術などはdog yearで進歩しているのだから、あと数年もすれば、
 使用するファイルが適法がどうか、認証管理できる仕組みも作られるのでは?」
2.1、反対
「多分、私には関係のない分野ですが。
 これは、さすがに使いにくすぎるのではないかな。」
2.2 中立
「多分、私には関係のない分野ですが。
 これだけ緩和されていれば良いと思うけど。分かりやすくしておいてね。」
3、 反対
「メリットよりデメリットが多いでしょう。
 それより印税を上げてあげた方が作家のやる気もでるのでは?」
4、 反対
「こういう団体がないと、ユーザーの意見の蓄積が行われないですよね。
 それは、甚だ、非効率です。」


==========================================

アキオさん(徒然なるボクサー系)

1、 反対。
「サイトそのものが放置なら、ダウンロードした人がどうこう、と言う話は、サイト設置者の次にくる事」
2.1、反対
「DVDR(RWとか含めて)って、HDDディスクから落とす時(画質が)XP以上だと、二時間はいらない。なのにハードディスクの中のデータは消えちゃう」
2.2 中立
「まぁ配布でもしない限りは」
3、 反対
「わかんない、、ナニが正しいのか」
4、 反対


===========================================

カリガリ博士(ドイツ系サイレント映画)

1、 反対
「いくらでも抜け道があるので、やるだけ税金の無駄」
2.1、反対
「大迷惑な規格だから。RecPotからD-VHSにムーブ失敗して何度泣いたことか。」
2.2 反対
「オレを泥棒扱いする奴の話は聞けない。」
3、 反対
「一回延ばしたら、またずるずると延ばす気がするので。」
4、 反対
「意見を言う場が大いに越したことは無いので。」


=============================================

渡辺裕さん(ハナ毛系アルファコメンター)
1、 中立 
「法制化は、どっちでもいい。違法者を定期的に暗殺して総量規制はしておくべき。」
2.1、 中立
「コピーしないからどっちでもいい。」
2.2、 中立
「ダビングしないからどっちでもいい。」
3、 微妙
零細事業者育成のためには必要なんだろうけど、実際にそれで得をするのは大人気著作者限定なんで。微妙。でも大人気著作者を馬車馬のように働かせる環境があると零細事業者はますます困るので。ある程度「楽」が出来る環境作りは必要かも。
4、 中立
どっちでもいい。場があってもすぐ腐るし、腐敗防止のための活動をしたら、そこが「村」になる。

===============================================

mikioさん、(お久しぶりに書いてくださった系)
1、 反対 
「高校野球みたいで連帯責任はいやだな」
2.1 中立
2.2 中立
「どっかでアナログはフリーとあっが、それってi tunesと同じこと?」
3、 反対 
「著作権て、誰のものかなと思う。」
4、 微妙
この流れでこれは反則では、(会には)反対しない。


=================================================

少しテレビ業界に近い人さん(業界系)
1.   賛成 
「違法DLは一般的な良識に反する行為だと思う」
2.1  賛成 
「単純・明確化しやすいルールなので賛成」
2.2  中立
「非常に使いにくそう…」
3、  反対
「青空文庫的なものは必要だと思う」
4   反対
「いわゆる(?)インターネット先進ユーザ(ー)が意見交換・または論議をする場は必要だと思う」


=================================================

m-s-y-k さん(The life is juicy系)

1、賛成。
アップロード者の逮捕をバンバンやりまくれる法律(刑ももっと重くなれば更に良し)ができてくれるのなら、アップロード者が減り、違法ファイルをダウンロードする人も減ると思うのでコンテンツダウンロード違法化はしなくてもいいとは思う。
2.1、賛成。
パソコンソフトのパソコン1台に1ライセンスでも特に問題は無いと思うので、CD、DVDのコピーワンスも問題ないと思う。
2.2、賛成。
バックアップをバックアップして、それを更にバックアップしたものをバックアップしてバックアップバックアップ・バッ・・・・・10回以上もダビングする必要あるかな?
3、反対。
50年で十分かなと思うので。
4、中立
どっちでもいい。あえて決めるなら、やや賛成。
必要だとは思うが、そこが利権の場にもなりそう。

インターネットユーザーの味方(代表)ですよという肩書きで
有名になって“MAIU~”(まいう~)。
講演会の仕事を受けて“MAIU~”。
取材が増えて“MAIU~”。


===============================================

shidhoさん(同業者さん・・・だと思ってたんだけど今いち確信がもてない系)

1、違法サイトからのコンテンツダウンロード違法化へ賛成しますか?
No.(違法化に賛成しない、もしくは違法化に反対)

これは、特に日本の警察、というか司法が経済的な案件に対して、きちんとした運用が出来るとは信用していないから。

2.1、コピーワンスに賛成ですか?
Yes.(機能として存在することに関しては賛成)

著作物に関しては著作者によって立場が異なるわけで、その態度によってはコピーワンスの番組があってもしょうがないとは思う。

また、現在の地上波民放が一律にコピーワンスを採用していることに関して多分に「運用が面倒くさい」という面があるのは否めない。

よって、EPN、コピーワンス、コピーネバーを取る必要があるなら、それを取る必要があると主張した主な著作権者を公表する、といった条件を付した上で放送局側に選択させるべき。*1

それとは別に、それら条件がついていなくてもYoutube,Winnyにアップロードする等の行為が認められたわけではないことについては(録画物に電子透かしを入れる等の)何らかの方法で示し、理解を深めさせるべきであった。もう遅いような気もするけど。

もう一つ蛇足。これら制限はあくまで「デジタルコピー」に限るべき。アナログコピーへの制限は、少なくともアナログ放送が続いている間はかけるべきではない。

2.2、ダビング10技術の採用に対して賛成ですか?
No.(機能として存在することに関して反対)

10回という回数に関して法的、技術的に担保されたものが作れるとは思えないため。複雑な機構を作ればそこに穴が出来るのが必然でもある。

また、コピーワンスが主にデジタルBSについて残る件に関連して、「コピーワンスを今後も利用するなら設備改修が必要になる」という話を聞いているため。

この話が本当なら、今後行われる変更は「現在のコピーワンスフラグをダビング10フラグに読み替えて、別途コピーワンスフラグを増やす」ということになっている可能性がある。これが単なる思い過ごしであればいいのだけど、仮にそうなるなら、それはかなり大きな規格の変更であり結果的に混乱をもたらすことが懸念されるから。

3、著作権の保護期間延長に賛成ですか?
No.(保護期間延長に反対)

本心としては「公表後50年」にすべきであると考えているが、企業以外の特に個人の作品について「公表」の日時をいつにするかについて曖昧な点が残る懸念がある。*2その次善の話として「死後50年」というのはいい落としどころではないかと考えているため。「死後70年」では「公表後50年」との乖離が激しすぎる。

4、上記1~3に関するインターネットユーザーの意見表明の支援の場は不必要ですよね??
No.(といっても「MIAUが必要」というよりは「MIAUが不必要とまでは思わない」程度)

上記意見がMIAUの方針とは異なる以上、全面的にMIAUの行動を支持するわけにはいかないが、ある程度は「小異を捨てて大同につく」行為は必要だと思う。また世間一般的にはMIAUの方針のほうが主流(声が大きい)と思われるので、その点で上記意見をまとめたことについては妥当な判断であろうとも思う。よって、そういう行動を起こしたことに関しては評価したい。*3

*1:放送局は"他の著作権者がデジタルコピーに難色を示している"というロジックを使う訳なので、それならその著作権者を示せ、という動きには対応すべきであるとも思う。

*2:死後公表された作品はその公表後50年保護される?という懸念も含めて

*3:4.は意見としては一般的なものを想定している設問でもあるが、ここでは具体的にMIAUについての意見とした

============================================

foooneさん、(長文系)

1、反対

わざわざ、法律の条文にする必要は無いと思います。

当面の課題は、無許諾で市販の音源から作成した着うたがダウンロードサイト経由で蔓延することだと思います。

対処方法としては、20数年前にPCソフトの違法コピーが蔓延が問題になった時と同じような方法で、商用コンテンツの中心顧客と思われるF1ターゲット周辺のユーザをダウンロードサイトから遠ざけて、神(20年前は任天堂)の降臨を待つのが個人的にはいいと思います。

2.1、中立(現状では止む無し)

HDDは直ぐに満杯になるのでどのみち何かに退避しないといけないので、現状D-VHSを使っている限りでは、それほど大きな問題ではないかなと個人的に思っています。D-VHSであれば、画質も劣化せず、データ放送も、サラウンド音声もそのまま録れるので、早送り・巻戻し・頭出し・一時停止くらいしかトリックプレイをしない私には十分です。しかし、D-VHSそのものが風前の灯であるのと、D-VHSから何所にも移動できないのが個人的には大問題です。今のところ、Rec-Pot, Hit-Pot, HDD/DVDレコーダ, CSチューナから録画をしてますが、機器のトラブルで問題は発生することは無くて、ARIBのフェイルセーフ機構もD-VHSだと一応機能するようです。オペレータ(自分)の性能はよくないため、オペレータミスはそこそこ発生していますが。

2.2、反対

松下、シャープ、東芝、ソニー、日立等の機器では何らかの方法で1つの番組を2重に録れるためダビング20になる可能性大です。通常のCPRM対応DVD媒体にMPEG4 AVCでHD画質+サラウンド音声で記録できる機能も追加されるので、1台の機器で20枚も複製を作れるのであれば俄か海賊版製造者がオークションサイトに出没する日も遠くないと思います。アナログホールの問題も新たに顕在化しそうです。放送日直後の一番需要のありそうな時期に高品質なコピーを大量に作れる割には、最終地点になる媒体から移動できないようになっており、何を目指したのか正直よくわからないというが私の印象です。

EPNは、放送側も受信機側も運用実績がないのになぜ簡単に対応可能と言切れるのか、データの暗号化だけでなぜネズミ算式にコピーが連鎖がすることを止めることができるのか、この2点が自分が疑問に思うところです。

素人考えですが、BMLのコメント領域にコンテンツID等の拡張情報を埋込む方式が、ストリームレコーダなら受信機は既存のものをそのまま使える上、放送側も比較的軽微なダメージで済むと思ったのですが、ダビング10が提案されたのは何か海よりも深い事情があったのでしょう。

3、中立

ユーザが高齢化してきたため、一度商業的な価値が低下した作品が数十年後に再浮上する現象が発生している(需要曲線がバスタブ型になる)ようなので、このような状況をフォローするための仕組みが、単純な延長措置より必要かなと思います。JVAの販売実績データ等にこの現象が現れ始めているため、何らかの対策をしないと往年の名作を大量に保持しているハリウッド辺りが指を銜えて黙って見ているとは思えません。

4、場は必要(だが発起人は?)

先進ユーザというわりには、発起人の人達が話ている内容が10年位古い感じが漂っているのが気になる部分です。基本設計から既に30年を超える年月が経過したインターネットがネットワークシステムに求めるユーザの要求に応えられなくなりつつあるのは、ある意味当然で、インターネットやたらに拘っているのもちょっと疑問な所です。

INSの再来のような感じもしますが、アクセス回線にバインドして、アクセス回線キャリアがアカウント管理、著作権管理、課金処理を一元化し、不正業者や不正ユーザをリボークできそうな、NGNがインターネット上のサービスの様々な問題を一掃してくれるかなと個人的には淡い期待をしています。個人レベルでNTTグループ、KDDIグループ等の影響から逃れるのは日本に住んでいる限り至難の業だと思っています。

インターネット上ではCGM等の現象の中心にはキモオタとその愉快な仲間たちがいて、メインストリームでパラダイムシフトを起こしているのは任天堂やNTTグループ等の独占大型資本ではないのかというのを発起人達は直視しているように見えないのも不満な点です。



=================================================

つづきは、こちらで。
[PR]

by soulwarden | 2007-10-20 14:58
2007年 10月 20日

しっかり取材せいよTBS

高校文化祭の演劇に著作権料?
TBSのNews23で、高校の文化祭で生徒が演じる演劇に著作権料を求められるケースが出てきている、という話があったらしい。

他にも結構その話題書いている人がいる

・・・・あのぅ。僕が高校生だった12年前から上演許可も取ってるし、許諾料5000円(当時。今は知らない)払ってるよ。

演劇やっているものには当たり前の話なんだけど。
むしろ、いままでやっていなかった高校があるの?信じられん。払ってなかったら高文連なにしてんのって話になる。
TBSちょっとでもそのあたり取材したの?


1時間の尺に収めるのに台本を切った場合も、もちろん報告する。
切り方が酷いと「金は要らないから私の名前は出さないでくれ」といわれたりする。


>都立青山高校の例では今年、公になってるもの(DVDやビデオなど)を生徒が台本に起こし、許諾を取らずに上演するという”苦肉の策”を講じたらしい。
いや、それ許諾取らなきゃアウトだろ。






著作権法批判も結構だけど、
>プロの世界もいずれ草木の生えない広漠とした世界になってしまうんじゃないかと思うのだが。
とか、演劇に行ったことあるんだかないんだか知らないけど、演劇の世界を支えていない人に言われても・・・ねぇ。

それより芝居の1本でも見てくれたほうがよっぽど助かるんだけど。
[PR]

by soulwarden | 2007-10-20 14:27
2007年 10月 18日

Movements for Internet Active Users

ということで、明日、みやうが発足するらしい。


こういう組織が出来ること事態は非常にいい事だと思う。



MIAUが取り上げていく問題なんだけど、


1、違法サイトからのコンテンツダウンロード違法化への反対意見表明
2、コピーワンス及びダビング10技術の採用に対する反対意見表明
3、著作権の保護期間延長に対する反対意見表明
4、上記1~3に関するインターネットユーザーの意見表明の支援



僕の考え方としては、1、2の前半、3、4は文句なく大賛成なんだけど、2の後半、ダビング10には正直反対する理由がそんなになかったりする。つか、どっちでもいい。



でも、どこかで支援できたらいいなぁとは思う。
白田センセを孤立無援にさせちゃいけない。




ということで、とりあえずは支援表明エントリ。

僕を権利者側に見る人がここのところ多くて、(僕はフリーライダー嫌いなだけなんだけど、自分の行為がフリーライダーだと自覚のない人が多い。)支援表明するのがいいのか悪いのか分からないけどさ。


まぁ田舎から出来ることがあれば、お手伝いいたします。
[PR]

by soulwarden | 2007-10-18 01:05
2007年 10月 17日

今日は朝からすげー駄目駄目だ!

1、完パケ素材(完成品)のHDCAMテープを、間違えてD2デッキに突っ込む。例えるならDVDをCDプレイヤーに突っ込んだようなもん。
随分と形は違うんだけどね。

2、さらにそのHDCAMテープを間違えてイレイサー(消磁機)に突っ込む。繰り返すけど完パケ素材。


3、イレイサーのスイッチを入れる。


4、自分のしでかした事に気付き、真っ青になる。(←今ココ)


…どうしよ。他局のテープなのに…(致命傷)
[PR]

by soulwarden | 2007-10-17 13:57