「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 30日

マルチメディア放送企画 LLC合同会社

NTTドコモとフジテレビ、ニッポン放送、スカイパーフェクト・コミュニケーションズ、伊藤忠商事が、5社の共同出資による合同会社を設立すると発表したらしい。


アナログ停波の後の電波帯を狙い、ワンセグ放送用の会社を作るらしい。とりあえず資本金3000万だけど。


ワンセグは現在、地上デジタル波の補助サービスとして位置づけられている。
で、免許の関係でワンセグには独自編成権が存在しない。
つまり、今は地デジとまったく同じ放送をする必要がある。


この制約が取れる可能性があるのは、2008年の免許更新時。
既存プレイヤーとしては、この年以降、いかに魅力的なワンセグ向けコンテンツを作れるかが問われると思う。



後発が追いかけてくることによって競争相手が増えるのは、いいこと。
視聴者も増えるし、伴って市場もあったまる。
もちろんかかった経費だけペイできるコンテンツが生成できるかなんだけどね。



でもワンセグは正直CMで料金取るモデルじゃない気もしないでもない。
だったらどうするかなんてわかんないんだけどさ。



どうだろ?
[PR]

by soulwarden | 2006-11-30 01:48 | 疑問
2006年 11月 30日

メモ

まぁ、そういうことだよね。


あとは人格権か。
[PR]

by soulwarden | 2006-11-30 01:34 | 日常
2006年 11月 28日

番組名のつけ方

「じゃあ、サンデーモーニング」
「いや、その番組あるし。」
「じゃあTHEサンデー」
「いや、それもあるじゃん。そんな真似っこじゃなくてうちの局らしい番組名ってないかな?」
「んー。しゃぼん玉サンデー」
「・・・うん。確かにうちの局らしいね。でも、それもパクリ。しかもそれホリデーじゃん。」
「サンデー・・・日曜日・・・」
「こら、ライブドア翻訳で翻訳かけない。」
「だって、ここフランス語やドイツ語も試せるし。」
「そうなの?で、日曜日は?」
「・・・sundayのフランス語はsunday。ドイツ語でもsunday」
「本当か。あやしいぞ。」
「まぁ、ライブドアだし。」
「お前、大学の第二外国語は何?」
「中国語。」
「中国語で日曜日って?」
「確かシンチーテン(星期天)。」
「語呂悪いな。」
「というか、みんなが知らない言葉を番組名に使っても。」
「そうだね。」
「じゃあ王道に帰ってサンデースペシャル。」
「キャッチーじゃないよね。」
「じゃあサンデーボックス。」
「それ、馬の名前。」
「えぇと、サンデー・・・ねぇ、何で僕だけ考えてるの?」
「だってさっきまで散々考えたし。サンデースパイスとか。」
「ちょっと待って検索する。あ、KBSのラジオ番組名じゃん。」
「うん。知ってて言った。」
「駄目じゃん。他には?」
「サンデープレゼント。」
「だから、その番組名もあるって。」
「うーん。サンデー・・・・」






サンデーとかサタデーから始まる番組名って、大抵どこかが使っているから、新しい番組名って出てこないよね。



ただ今募集中。けっこう苦しい。
[PR]

by soulwarden | 2006-11-28 03:17 | 疑問
2006年 11月 27日

何も生み出さず

最近ではいい商売があるらしいね。

ウィキペディア先生からコピペしてページを生成し、トラックバックスパムを送ってアフィリエイトする。
こちら と こちらがウィキペディア先生の記述。そのままコピペ。
まぁこんなスパム、前から飛んできてたけどさ。

大学生のレポートも最近じゃこんな感じらしいね。友達の助手が怒ってた。
「あいつら、改行やフォントすら調整しない」って。





まぁ別にウィキペディア先生は商業利用を禁止していないので、使用することは罪ではない。
教育目的ならなおさら。
しかし、その行為自体、何も役にも立っていないし、付加価値も生み出していないよね。




あさましい。
[PR]

by soulwarden | 2006-11-27 22:33 | 怒り
2006年 11月 24日

テレビCMはスポンサーの信頼性を保証するか?

未来系企業というか、近未来通信がなんだか大変なことになっている。


近未来通信はテレビでもCMを流している信頼できる企業・・・だと思ってはいけない。
テレビ局でCMを流すのはお金があれば可能であり
「CM料金を払える」だけのお金を持っていることしか保証しない。


もちろんテレビ局では放送までに
「その企業が信頼できるか」をチェックする業態審査
「CMに法や内規違反がないか」をチェックするCM考査という2つのハードルがある。


そのうち割と安心できるのはCM考査だ。
近未来通信の今回問題になった「IPオーナー募集」のCMは、投機性が高いとの判断で
各局考査がNGを出してブロックしたところが多い。
(もちろんヌルいの考査やっている局は通した)


問題は業態審査だ。
 テレビ局の業態考査能力は、正直たいしたことがない。会社概要を確認するぐらいしか手はないからだ。
新しいスポンサーがCM出稿したいと言ってきた時に、その会社のHPを見て終わりといった場合も多い。

もちろんヤバい物件は報道部が情報を掴んでいることがある。
しかし、この報道部のネタが考査担当に入ることはあまりないし、入ってもそれが考慮されるとは限らない。


今回のケースで考えると
「近未来通信はどうも怪しい」というネタをテレビ局が事前に知っていたとしても、その広告出稿については法的責任は問われないため、場合によっては出稿を受け付ける。



これは媒体で広告を出した道義的責任はもちろんあるが、広告についての責任は最終的にはスポンサーが負うべきものであるとの判断が働くから。
(だから以前に「広告表示のないブログ広告スタイルは危険だ」とのエントリを上げた。広告と分からなければ、本来広告主が追うべき責任がブログ主に向かう。)



これについての判例もある。
で、ごめんあるって言った矢先から判例が見つからない。記憶でモノをしゃべるからその程度の信頼度で読んで。
以前読売新聞を被告にして起こった裁判。
「読売新聞にマンション販売の広告が出稿されていて、それを見て契約を結び代金を払ったが売主が計画倒産し、返金がされなかった。」というケースで、被害者が読売新聞に
「計画倒産しそうという情報を把握しておきながら広告の出稿を受けたため、被害を受けた」として、損害賠償請求を起こした。(・・・あれ?ここまで書いて計画倒産だったか不安になってきたぞ。悪意があるかどうかは裁判上大きなポイントなのに。)


判決は読売新聞の勝ち。
「例え報道機関として当該会社の状態を知りながらも、広告を受け付けたことについては賠償の責任はない」
とのこと。




ただ、やはり公共の電波を使っている以上、道義的な責任というものは存在する。自曲電波を媒体にして騙される人を産んではいけない。
そんなの「安心して見れる」テレビじゃない。


しかし、テレビ局の「信頼」借りようとする怪しい会社は山のようにある。
僕自身も過去に、友達に頼まれて集会に出たらマルチまがい商法の勧誘で、その場で「地元●●●テレビでもCMを流してます!」と司会の人がうちの会社の名前を挙げたことがある。慌てて帰って出稿停止させたが、半年間はそのマルチまがい商法の会社を取り扱った実績は残った。


ただし、テレビ局も探偵じゃないんだから全てのスポンサーの業態は把握できないし、株式会社だから不況になると考査も甘くなる。


 個人個人で充分気をつけてね。「テレビでやってたから安心の会社」なんてないからね。
[PR]

by soulwarden | 2006-11-24 01:27
2006年 11月 23日

わんこ可愛かったけど

ね、徳島の絶壁の犬、あんなテレビ中継しなきゃいけないもの?
[PR]

by soulwarden | 2006-11-23 14:27
2006年 11月 22日

道路使用許可

NTVが届け出ださずに道路使用して、Pが書類送検されてるね。



昔コメント欄で絡まれたことがあるけど、基本的には路上でカメラをまわすのには許可は要らない。
僕が道端で写真とっても怒られないのと同様だ。道路は公共のものであるからね。

ただし、著しく通行の邪魔になるといった、撮影が他人に迷惑をかける場合には、道路交通法上問題が出てしまうので、許可を得なければならない。
それもそうだ。道路は公共のものでもあるが「通行のために整備された」ものだから、当然だ。路上屋台に許可いるのと一緒。





 今回のケース、実際に見てないので適当なこと言うけど、TOKIOを低速バイクが追う形なら・・・それだけなら許可は要らないと思う。微妙だけど。

 ただし、TOKIOも老いたりとは言え、そして他と毛色が違うとは言えジャニーズ。見物客が多数出たんじゃないかなぁと思う。
 撮影が邪魔というよりも見物客が邪魔になるということも考えられる。そこまで考えると、ちょっと許諾無しは危ない気もする。


 それと、ロケ中のスタッフって殺気立っているので、かなり態度が悪い。
地元の人に場所をお借りしてるのも忘れ
「静かに!」とか思わず命令しちゃうこともあり、そのせいでトラブルを生じさせることも多々ある。まぁ、そりゃトラブルになるわ。

 今回の件、近隣住民となんらかのトラブルがあり、それがこじれた結果のような気がするな。
[PR]

by soulwarden | 2006-11-22 03:12
2006年 11月 21日

すっげー長くなったけど全然まとまらないので、書き出しだけ書いて今日は寝る

例えばweb2.0を謳う者を全員束にしても、宮崎駿の創る作品には敵わない。


そして宮崎駿もジブリという集金システムがなければ才能を発揮できない。
[PR]

by soulwarden | 2006-11-21 01:34 | 日常
2006年 11月 18日

ワンセグの収益

フジテレビとリクルート、ワンセグのデータ放送活用の新会社


ワンセグを情報プラットホームにしたいみたい。確かにSI/EPGやデータ放送をキーワードのタグの代用に出来るから、コンテンツマッチは簡単に出来る。

ただし、テレビ局がその前にしなきゃいけないことがある。





まずはワンセグのCMから金を取ることだ。
現状、ワンセグってどこまでもサービス放送だ。テレビ局の収益はゼロ。
これを何とかする方が絶対に先だ。

いまオンエアしているCMから料金が取れないのに、他の事やってうまく行くはずがないもん。
[PR]

by soulwarden | 2006-11-18 02:55 | 疑問
2006年 11月 17日

疲労中なので、一言だけ更新。

昨日の津波、大変だった。会社ではりついてた。






ひとつ怒ってる。
時事通信はまた携帯向け号外速報メールを打たなかったことだ。
あそこの会社は地方民の命を何だと思ってるのだろうか?
[PR]

by soulwarden | 2006-11-17 00:55