<   2006年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 29日

テレ朝のプロデューサー、裏金作る

テレビ朝日がやらかしたねぇ。



まぁこの手のキックバックはよくあるパターン。目新しさがない。
もっと犯罪に美学を!そう、陽気なギャングが地球を回すが如く。俺ならもっとうまくやる。(もちろん本気じゃないので念のため。映画のセリフだ。)




とりあげても面白くないけれど、背景事情をば。
まず、よく聞く「プロデューサー」と「ディレクター」って何やる人なのか。
業界人らしく「プロデューサー」はPと「ディレクター」はDと略すね。




まずD。Dは番組内容に責任を持つ「現場監督」だ。番組制作の現場や中継先なんかに必ず1人はいる。
それぞれ役割によってチーフディレクター(またはメインディレクター)、生放送の現場を仕切るフロアディレクター、単にディレクターなんかがいる。ちなみに一番下っ端はアシスタントディレクター(AD)と呼ばれ、過酷な業務をやっている。(労働基準法って何?それっておいしいの?3日寝てませんが何か?の世界だ。ただし、地方局は雑用や調査は全てDが自分でやるので、ADがいない場合が多い。金ないし。)


一方PはDが番組を円滑に作れるような制作機能を担当する。
例えば、予算の管理や制作会社の選定、タレントの確保なんかだ。
番組全体のスピンオフ、例えばグッズ開発とか書籍展開とかにも権限を持つ場合が多い。


PとDは受け持つ現場が異なり、基本的には対等の関係・・・・のはずだけど、実際には若手がDを経験した後で昇進してPになるという慣例があることや、場合によってはチーフディレクターがPを兼任する場合などもあるため、現実的力関係はP>Dだ。


さて、この世で強いのは金持ってる人間だ。予算を握ってそれをバラ撒ける人間は、それだけで他の会社の首根っこをつかんでいることになる。
だからそういう箇所にはよく汚職なんかが起きることになる。テレビ局の場合、それがPということになる。

 また、Pには「自分の番組」という自負が強烈に働く。(例えば番組表にはPの名前が明記されたりする。)その番組の責任者という面が、「俺の番組」=「俺が何してもいい」という風に変化してしまう風潮はある。
 実際、昔はテレビ局が知らないところでPが勝手に番組の書籍を出したりとか、そんな事例もあったらしい。すごい私物化っぷり。書籍の印税?・・・どこに行ったんだろうねぇ。


 今は、そんな不正がないようなシステムの構築に各局が取り組んでいる。
けど、今回のような事件がおきることを考えると、それも不十分なようだ。
タレントとどのような関係を作るかという点もPの腕前として評価されるからだろうか。
まぁ、付き合いをする上でお金欲しいよね。(僕も欲しい。)今回事件を起こしたPも、作ったお金をタレントとの飲食代に使っちゃったみたいだし。さすがに全部飲んだわけじゃあないだろうけど。



 じゃあどうすればいいんだろう?と考えるんだけど、さし当たっていい方法思いつかない。
P=Dシステムは組織的には良く出来ているし、あとは本人の意識とモラルの問題なんだけど。




就業中に「道徳の時間」を設けるしかないのかなぁ。
[PR]

by soulwarden | 2006-09-29 01:46 | 怒り
2006年 09月 27日

しばらくお待ちください



もう少しで改編期抜けるから、復活します。
[PR]

by soulwarden | 2006-09-27 08:23
2006年 09月 24日

ホントに焼いた本焼きそばの

切ったお湯からチキンラーメンの匂いがする。
お湯茶色いしさ。


チキンラーメン買えばよかった。
[PR]

by soulwarden | 2006-09-24 00:44
2006年 09月 23日

視聴率量子論

量子について、何も知らないから適当なことを書くよ。

量子って、「観察する」という行為が、量子の振る舞いを変えてしまうんだってね。
(これが文系の限界)



ということで、量子と同じような振る舞いをするものを、もう1つ見つけた。
「視聴率」




現在テレビの「視聴率」は「視聴率調査機器」をビデオリサーチがつけて回り、その家庭の協力で調査されている。(ちなみにニールセンは撤退。)
1家庭の調査期間は1年。その家庭のテレビがどこのチャンネルにあわせられているか、1分に1回データを取っている。サンプル数は関東地区で600世帯くらい。

視聴率は要はスープの理論だ。よくかき混ぜたスープは1口なめると全体と同じ味がする。
あんまり少なかったら「たまたまコショウが多いところ」とか「パセリがなかった」とか発生するけど、600世帯もとれば十分・・・らしい。




ただ、ここで「視聴率量子論」(今僕が勝手に名づけた)が働く余地が生まれる。
視聴率調査対象家庭は、「自分のところの視聴データが視聴率に反映されること」を知っている。
ちなみに「テレビ局が視聴率を超重要視してる」ことも調査家庭は知っている。


つまり、視聴率調査対象家庭は、気に入らない番組や局を見ないことで、意思表示ができることを知っており、それを活用することも可能なのだ。




 そんなこと、現にあった。
 視聴率対象家庭を興信所使って調べ、「お願いだから僕の番組見て」とお金を置いて回ったプロデューサーが某NT○にいた。
 その手口がばれ、N○Vが謝罪会見した次の週以降、視聴率に異変が起こった。

 ○TVの視聴率が2%下がったのだ。
 前週と同じような番組表だったのに。

 要は、視聴率調査対象家庭が今回のことに怒っており(どういう怒り方かはわからないけど)、明確な意思を持ってN○Vに意思表明をしたのだ。
 これをきっかけとしてか、NT○は視聴率をずるずる落とし、視聴率三冠王の地位をCXに明け渡した。



 ほかにもある。例えばお色気番組は地方では視聴率があがらない。
対象家庭が「その番組を見た事実が記録に残る」ことを警戒しているのだ。



 ちなみに視聴率には統計上の誤差がある。
でも、この「調査すること」による誤差はどのくらいなんだろう?
[PR]

by soulwarden | 2006-09-23 02:03 | 疑問
2006年 09月 21日

ガンバレラジオ!

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20060920AT1D1909Q19092006.html
[PR]

by soulwarden | 2006-09-21 01:21
2006年 09月 20日

くだらないものでGoogle1位になったコンテスト参戦

僕が汗水たらして会社でエクセル君と仲良くしている間に、世間では
くだらないものでGoogle1位になったコンテスト」が開催されていたらしい。
ミズタマのチチさんのところで知る。

相当後発ながら僕も参加してみる。


入念に検索した結果、以下のフレーズをエントリいたします。


==========================
マッチョな男達が一日中あなたを監視します
がけの下に放り投げんばかりの勢いです
ひたすら叩きっ放し投げっ放し。
いきなり必殺技かよっ
死なないのは引田天巧だけ



カメラに映らない下半身
神木君のナマ着替え
起きたらエクボが出来てるの。
左手は明らかに汚い
何が悲しくて26歳夏の終わり!




==========================




以上が、僕の「google1位になったコンテスト出場作品」です。


あと単品でいけば、お寺のクリスマスイルミネーションとかでも1位だった。







(追記:今気付いたけど、引田天巧の「コウ」の字、僕間違えてるな。正しくは「功」。)
[PR]

by soulwarden | 2006-09-20 01:38 | 日常
2006年 09月 20日

無断リンク禁止を笑う奴は・・・

おひさ。かつてないほど更新の間が空きました。
まだ改編期で忙しいので、ちょい適当なネタです。




無断リンク禁止!と書いてあるHPがある。


で、「無断リンク禁止」っていつの時代の掟だよって笑われたりしてる。
ご丁寧に想定問答集無断リンク禁止サイトリンク集まである。
スラッシュドットに逆側の想定問答集まであって結構楽しい。




えぇと、先に自分の立場を言っておくと、僕は無断リンクなんてどっち向いていてもいい。
無断リンクが法に触れるわけでもないし、それがマナー違反と言えるまでのコンセンサスもない。
(ただ画像等の埋め込みリンクは、やり方によっては法に抵触する。)
まぁ嫌がる人へは意図的にリンクするのはやめてあげれば?と思うくらい。
・・・そういえば、僕もリンク張るときにポリシーなんか気にしたことなんかなかったな。
逆に僕もどこにリンク張られてもあんまり気にしないし。




ただ、「無断リンク禁止」しているサイトを笑っている人を見ると、こちらが笑ってしまいたくなる。
こいつら、きっとぶぶ漬け喰っちゃうタイプなんだなって。書いてある建前をそのまま鵜呑みにするなよ。


あ、議論の前提は「公的企業・団体」ね。個人でやっているサイトのことは知らん。っていうか上に書いたし。


=====無断リンク禁止サイトの本音===========================

 まぁ、我々公的団体は信頼性が命なんだから、変なサイトからリンク張られたくないよね。特に糾弾系やアダルトサイト系なんかとか。だってリンク張られたらgoogleさんからは「そのサイトから支持されている」と見なされちゃうし。そんなところに支持されても。
・・・一応書いとこうか「無断リンク禁止」って。
でも、あれだよね。wwwっていうのはリンクによる知識共有システムなんだから、全部リンク禁止にしてもねぇ。
じゃあ許諾制にする?あ、許諾してもHPの場合、そのHP自体が一月後にはアダルトサイトに変わってる例なんかも考えられるよね(これは実際にある)。ってことは、許諾出した先が変なことしないように定期的に巡回して監視しなくちゃいけなくなるよね。
・・・・でも、そんな手間のかかる事ができるのって、ド○モくらいだよね。(すごいよね。ほんと。)

じゃあ、許諾時に個人情報を抑えて、アダルトサイトへの変更なんかできなくさせちゃう?
・・・でも、そんなことしても裁判で勝てる気しないし、不要な個人情報を抱え込むのって、爆弾抱え込むのと一緒だよね。


あー、もういいよ。無断リンクで。リンクされること自体は自分のHPのSEOになるんだし、
法的根拠も何もないのは知ってるけどとりあえず「無断リンク禁止」と書いておくから、
だから勝手に無断リンクしろ。許諾なんか求められたら手間が増える。
「無断リンクはうちは関知しません。関係ないところで許諾なく勝手にやられているだけです。」
ってスタンスを貫くからさ。別にそんなことで目くじら立てたりしないし。
まぁ。よっぽど酷いリンクの場合(アダルトサイトなんか)には警告出すかもね。




=========================================


っていう本音を何故理解しない。


企業も、昔ならともかく、現在、厳格に無断リンク禁止を運用し、本気でwiki先生に削除求めるようなところなどないでしょ?(自分で記述削除して怒られるようなところならあったけど)



無断リンクは問題じゃない。公的企業・団体にとってはどういう文脈で触れられたかだけが問題なのだ。




ということで、公的企業の無断リンク禁止は、京都人的感性の下で表記される日本人的美意識の結晶体です。ってお話。
[PR]

by soulwarden | 2006-09-20 00:46 | 疑問
2006年 09月 15日

色々やりたいネタはあれど体がきつい

昔エントリで

>今のYoutubeを褒めている奴らは、テレビのいいとこ抜きだけを見て
>「やっぱこれができるYoutubeはすげー。だからテレビは退屈でダメなんだ」とか言ってる、
>アホか。元はテレビじゃん。

と書いたけど、

これ須田さんと同じ感覚なので、ちょっと安心。







 最近気の抜けたエントリを上げているのは、10月改編の準備で忙しいのと同時に私生活でも色々ありまして・・・来週終わりまではこんな感じです。ごめんなさい。
さて「毎日更新」と、どの口が言ったのでしょう?




 じゃ、おやすみなさい。そろそろ3時半なので自分電池が切れます。充電しなきゃ。
[PR]

by soulwarden | 2006-09-15 03:19 | 日常
2006年 09月 13日

盗っ人じゃないけれど

別に盗っ人じゃないけど、「この盗っ人猛々しいやつめ!」と思った。



匿名・実名判断は完全に分かれている。図書館が主体的に判断を下しても、それは責められるものじゃない。っていうか、ちょっとは振り返れ。

別に焚書したわけじゃないんだから。
[PR]

by soulwarden | 2006-09-13 23:18 | 怒り
2006年 09月 11日

5年前の今日

5年前の今日。

たった数機の飛行機により、世界が変わったように思えた。









でも、本当は違った。その時は思わなかったけど、今になってそう思う。

世界が変わったのではない。元から違っていたのだ。
僕が認識していなかっただけで。

あの飛行機は、世界には別のルールがあることを見せ付けたのだ。
多くの命を犠牲にして。


あの飛行機は、背を向けてそこを見ようともしない僕を羽交い絞めにし、
2つの摩天楼が崩れ落ちていく様を、死に行く人々を、そして、そうまでして伝えたかった怒りや恐怖や熱情を、見せ付けた。

そのデモンストレーションの結果、残された3000の遺体と2つの墓標。4つの残骸。
彼らは何を訴えかけるのだろう?
その死はこれからどれだけの意味を持つのだろう?


僕等は考える必要がある。
1つ1つの失われた命が、意味のあるものであるように。






5年前の今日亡くなられた全ての方々、
行き着く天国の所在と種類は人によって違うでしょうが、

      Better Place
そこは、現世よりましな場所なはず。(Michelle Williams「heart of yours」)




安らかにお眠りください。
[PR]

by soulwarden | 2006-09-11 23:59 | ことばことのは