<   2006年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2006年 07月 30日

googleを捨てて劇場に行こう

google先生ってすごい。知らない言葉があっても、たちどころに答えを教えてくれる。知りたいデータもすぐにありかを教えてくれる。まるで僕の頭の中にもう1つ(精密かつ長期記憶もできる)海馬があるみたい。僕も、もうgoogleなしの生活なんて考えられない。googleに頼りっぱなしの生活。



でも、google先生も教えてくれないことがある。
例えば、夏の砂浜の裸足の感触や砂の熱さ。
例えば、間近で見る力士の存在感。マゲの油の臭い。
例えば、バイクで風を切る感覚。
例えば、オレンジのすっぱさ。

そんな皮膚感覚、googleは絶対に教えてくれない。

もちろんgoogle先生で検索すれば上の情報もたくさん出てくる。でも、それはあなたでないどこかの誰かの主観に基づいて書かれている情報だ。海を見たことのない人に海の大きさを理解させるのは難しいように、体験しなければ分からないことは世の中に無数にあるのだ。


映像はテキストに比べてまだ、個人の目線に近い効果を出す。
あたかも自分がそこにいるような疑似体験が可能だ。テレビが40年前に爆発的に普及した要因もそこだ。それに加え、編集のおかげで現実ほどタルくなくなっているのが。


ただ、映像も所詮、誰かの目線と主観で撮ったものだ。
言うならば視線の強制。それって怖くない?人に目玉の支配権を奪われてるんだから。

だから機会がある限り、現場に行き体験しよう。
力士の大きさや肌の質感は、自分の目で見ないと絶対に分からないのだ。NHK見て相撲がつまらないって言ってる奴はタダの馬鹿。





さて、僕が長々と言葉を尽くして言いたいことなんですが、「ゲド戦記はクソだ」ということに尽きたりする。せっかく張り切って公開初日に行ったのにさ。
ただ、どんだけクソなのか、どこがクソなのか、自分の目で確かめてみなければ分からないので、是非、映画館に足をお運びください。

そう、ネットでどっかの誰かが書いた映画評だけを見て、それで行った気になったりしないで、映画館に行こう。パソコンなんか窓から捨ててしまえ。この時期ファンからの放熱で暑いだけなんだから。
体験できるものならどこだっていい。コンサート会場・武道館・遊園地・野球場・海や山、興味のあるところへ行こう。足を運んで、自分の五感で確かめて来よう。そしたら、google先生が教えてくれる誰かの言葉が、実感となって体の中に流れ込んでくるはず。意味のある情報になるはず。




もちろん、一番いいのは自分が発信者に回ること。
でも、そうもいかない以上、せめて観客になろう。ネットとテレビだけで判った気になる無責任な消費は避けよう。



自戒を込めて。
[PR]

by soulwarden | 2006-07-30 17:51 | 日常
2006年 07月 27日

新宿駅と地方テレビ局を比較する。

先日東京に行った時、新宿駅の賑わいを見て
「え?今日は何かのお祭り?」と素で言って馬鹿にされた田舎者です。

こんばんは。




けど正直なところ思う。新宿駅人多すぎ。ありゃ迷子になるって。
wiki先生に聞いたら、新宿駅総体の1日当たり利用者は347万人らしい。
・・・は?

ちなみに、日本の都道府県別人口はこちら。
日本の都道府県で新宿駅の利用者人数に到達している県なんて、東京含めても10こしかないのだ。まぁこれを異常事態と見るか繁栄の証拠と見るかは人と立場によるだろう。




さて簡単な思考実験、人口300万人以下の、俗に言う「田舎」県を平均化してみる。
1県当たりの平均人口は簡単に計算したら154万人。まぁ丸めて150万人。
ちなみに1人1日当たりの平均テレビ視聴時間が3時間半~4時間15分(調査や地域差が激しいのでずれがある)とされている。まぁ少な目の数字を利用して3時間半。210分。

つまり平均的な地方テレビ局は、地域に存在する1日当たり3億1500万分のテレビ総視聴時間(150万人×210分)を、2~4のテレビ局で奪い合い、それをCMを通して金額化する構造をとっている。
まぁNHKを入れて考慮すると、民放1局あたり1億分間の視聴があれば上等だろう。



話は戻って新宿駅。347万人が1人当たり駅で10分の時間を利用するとして、
3470万分。



その媒体や場所がもつ時間を

1人当たり利用時間×1日当たり利用人数=総体消費時間


と仮定して計算した場合、テレビ局のもつ「1日当たり資産」は、新宿駅の持つ1日当たり資産の3倍程度となる。



多いと思ってはいけない。新宿駅で1人が目にする広告量は、物凄くタカが知れている。

新宿駅が広告収入でどれほど儲けているのか分からないけど、少なくともJRの営業の根幹は運輸収入であり、広告は副次的なものだ。
地方テレビ局は新宿駅に広告を3倍貼って、その代わり切符代を只にして営業しているようなもの。(それで営業可能なのは、電波媒体運営コストがJRと比べて圧倒的に安いためだ。)

 今度のデジタル化は、その状況で鉄道を敷きなおして広軌にするようなものか。5年間は2重運行で。

・・・そりゃ危ないなぁと思う。



どちらにせよ、重要なのは人の流れを確保すること。
そこにトラフィックがなければ、広告を目にする人もいなくなる。









やっぱ経営安定に1番いいのは、県の人口を増加させることだなぁ。
埋めよ増やせよ。僕も早く結婚しよっと。
[PR]

by soulwarden | 2006-07-27 02:10 | 疑問
2006年 07月 25日

伸びる伸びる

締め切りは、伸ばせば伸ばすほど伸びるゴムみたいなものって言ったのは西原理恵子だったけ?



どうやら著作権も同じ性質があるらしい。
関係団体一同、映画以外の著作権も50年→70年に伸ばしたいらしい



さて、どこまで伸ばせば気が済むのか?
作品を創った時に過去の遺産に乗っかっていないと断言できる奴なんかいないと思うけどな。(いたら出て来い!)



いかに心血注いだ作品でも、50年も経てば今度は恩を返す番だと思うよ。
[PR]

by soulwarden | 2006-07-25 00:33 | 怒り
2006年 07月 23日

琵琶湖のほとりにて

旋回成功。そして帰還。

陸で自然と沸き起こる拍手。
誇らしげに湖に浮かぶパイロットと製作チームへ。




機体破損のため、無人の機体をプラットフォームから落とさざるを得ないチームもある。

もちろんそのチームにも惜しみなく拍手が送られる。
泣きながら機体を落とすパイロットと製作チームへ。


飛びたかっただろうな。






なんだかプラットフォームと空を見ているだけで涙が出そうになる。






思い出した。なんで僕が鳥人間コンテストが好きなのか。

覚えてる人も多いだろうけど、2003年大会で日本大学理工学部航空研究会は34キロ先の琵琶湖大橋まで飛ぶという大快挙を達成した。もちろんその時点で新記録。しかし審判より、安全のために橋手前での着水命令が出された。

でもパイロットは
「まだ飛べる!まだ飛びたいんだ!橋はくぐるから、飛ばさせてくれ!」と絶叫し、全く審判の言うことをきかず、プロペラを回し続けた。


「もういいから着水しよう。」とパイロットを説得する会長も泣いていたし、もちろんパイロットも号泣していた。涙腺がついていたら、きっと機体も泣いていたと思う。テレビの前でこっそり僕も泣いていた。




そして、手作りの飛行機は橋の手前に着水した。






「でも」も「だから」もなく「ただ、空を飛びたい」という理由なき動機は、それだけで美しいと思う。

だから「大空に飛び立つ」機体は、それだけで人を揺さぶる。
記録も大事だけど、鳥人間達はただただ空を飛びたいのだ。






宴は終わる。



鳥人間達、ありがとう。
スタッフさんもお疲れ様。
YTVさん、編集頑張って面白い作品に仕上げてね。とりあえずDVDは買うから。




また来年。
[PR]

by soulwarden | 2006-07-23 10:00
2006年 07月 23日

長い翼の機体は

d0050270_7414472.jpg

美しいし、それだけで飛びそうな気もする。

スタンバイ中なのが王者、チームエアロセプシー。
その次に待っているのが…名古屋大学AirCraft。
[PR]

by soulwarden | 2006-07-23 07:41
2006年 07月 23日

朝6時から琵琶湖に飛び出す

d0050270_649316.jpg

お前らかっこいいぞ!

でも着水したら、心臓麻痺起こしそう…


写真汚くてごめん。飛行中の写真は解像度落とすようにしてんだけど、手ブレまでした。


機体はタイムトライアルの部最初のフライト、つくば鳥人間の会。
[PR]

by soulwarden | 2006-07-23 06:49
2006年 07月 22日

飛んだっ!

d0050270_15231769.jpg

写真は都立航空高専Team RTRの機体。(最初のRは鏡文字)



学生のパワーは凄いよなぁ。本当に空飛んじゃうんだもん。
[PR]

by soulwarden | 2006-07-22 15:23
2006年 07月 22日

さめた世の中に

d0050270_14364865.jpg

鳥人間。




久留米高専翔愛好会さんのお揃いTシャツ。
機体も素晴らしく奇麗。


遠くまで飛んで欲しい。
[PR]

by soulwarden | 2006-07-22 14:36
2006年 07月 22日

出番を待つ機体達

d0050270_14215244.jpg

[PR]

by soulwarden | 2006-07-22 14:21
2006年 07月 22日

YTVもご苦労様です。

d0050270_1414377.jpg

クレーンたっけー。

この上のカメラマン、トイレにも行けないな。



この上でカメラ回すのと自作飛行機に乗るのと、どちらが怖いかな?
[PR]

by soulwarden | 2006-07-22 14:14