<   2006年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 29日

テレビ局の裏を斬る!第3回

 テレビ局の裏を斬る!
 さっきまで僕も忘れてましたこのコーナー、テレビ局の電波では見えない部分を斬っていく企画です。

第3回はいよいよ本陣

「経理の裏を斬る!」










デジタルテレビが高くて買えない。








 いかがでしたか?次回のこのコーナーもお楽しみに~!
また番組では皆様からのお便りを募集しております。知りたいこと、聞きたいことは葉書・FAX・Eメールでお尋ねください。 宛先はこちらまで。



次回は秋頃の予定です。
[PR]

by soulwarden | 2006-06-29 00:52 | 日常
2006年 06月 27日

初恋

初恋の女の子がいた。
彼女は、元気で華やかで、奥手な僕はそっと見ているだけだった。
朝の忙しい時間、すれ違うようにして会えるその時だけで、僕の心は満たされていた。
もちろん彼女は僕のことは知らないだろう。


先日本屋さんに行ったら、たまたまそこに彼女がいた。
彼女は今でも、元気で華やかで、あの頃と同じように輝いていた。


そして、女性になっていた。



・・・っていうか、何その巨乳?
[PR]

by soulwarden | 2006-06-27 21:09 | 日常
2006年 06月 25日

テレビ局のチャンネル数増加がもたらすもの

古の時代、とは言っても十数年くらい前までだけど、テレビ局が持っている情報出力チャンネルは電波媒体(テレビ)だけだった。
1953年だっけ、テレビという媒体がはじまってから、ずーっと民放テレビ局の持つチャンネルはテレビ1つだけだった。


 時代は移り、テレビが生まれて40年たった90年代中頃、インターネットというプチ魔物が日本にやってきた。
 インターネットが持つ意味は『情報の流通コストが極端に下がる』ことだけど、この時代のインターネットが具体的にもたらしたものは、ホームページとメールだった。
テレビ局はホームページを作り、無自覚なまま情報出力チャンネルを1つ増やした。メルマガや携帯サイトを作った局は2個も3個もチャンネルが増加した。


 そして、地上デジタル化の波がやってきた。

 デジタル放送がもたらしたものは、ハイビジョン放送だけではない。SI/EPG、データ放送(連動・非連動)、1セグ放送、1セグデータ放送(連動・非連動)、1セグSI/EPG
その気になればまだら編成を組むことで、ハイビジョン放送を2・3分割をすることも可能だ。
もちろんアナログ放送はあと5年はとまらない。

 出力チャンネルをせいぜい3つくらいしか持ってなかったテレビ局は、
地上デジタル放送開始と同時に、いきなり最大12ものチャンネルを得てしまったのだ。



 そしてさらに、キー局ではインターネットを使った番組配信も一部で行っている。
そうなると、出力チャンネルはまだ増える。




 地上デジタル放送を開始するに当たって、重要なことが1つある。
「2倍の波を出したらかといって視聴者は2倍見てくれない。」ことだ。まぁ、アナログテレビとデジタルテレビを同時にみんな見ることはありえないので当たり前だけど。

 テレビは広告媒体であり、視聴率がその販売指標となる。
 デジタル放送を開始したからといって見る人の数と行動パターンは変わらないので、視聴率は(アナログ+デジタルで)現状維持となる。
 つまり、広告収入は伸びない。


 収入が伸びないということは、支出を抑える必要がある。
 しかし、出力チャンネルは12。最低でも7個(アナログ放送・デジタル放送・データ放送非連動・SI/EPG・1セグ・1セグデータ放送非連動・1セグSI/EPG)は絶対に送出する必要がある。だって電波媒体であり「放送」だから。



 そこで、誰しも考える。
「これ、なんか統合できない?」
実はチャンネルは違えど、扱っているデータ内容はほとんど変わらなかったりする。たとえば、1セグデータ放送の報道内容は、携帯サイトの報道内容と同じで問題ないわけで。

 そして、一瞬でつまずく。
上の例、1セグデータ放送はBMLで書かれてあって、HTMLと同期をとるのが困難だ・・・
誰だよ。BMLなんて導入したのは・・・(同期が不可能ではないとは思うけど、BMLなんてマニアックな言語を誰も書けないし、そもそも仕様を持っていない)

同じように例えばSI/EPGと1セグSI/EPGでは取り扱える文字数が異なるので機械的に流用することは出来なかったり、どこかで何かが躓く。




 何より、一番問題なのは取締役とかの上層部が、出力チャンネル1つの時代に育ってきてるから、いまさら増えた別出力チャンネルに完全についていけてないことだ。
データ放送が何かさえもよく理解していない。ここで愚痴るつもりはないけれど。
 しかもデジタル化の投資でテレビ局の経営足腰って弱ってるから、金を出さない。
ハード面は(経営陣がよくわからないままに)導入されるものの、その新チャンネルに人を貼り付ける必要があるのが理解できない。なので、人とは増えない。

そして現場ではデスマーチが始まる。




はい。これが草創期までさかのぼった「僕が忙しい訳」です。


後日、これにシステム関係を当てはめていこうかなと。
[PR]

by soulwarden | 2006-06-25 02:45 | 怒り
2006年 06月 22日

勘違い局員の思考

サッカーの試合時間をテレビのゴールデンに持ってくるため、わざわざ一番暑い時間帯に日本の試合時間を変更させ、最近ネットでは戦犯扱いされている某巨大代理店(仮にDと略します)ですが、



テレビ局といたしましてはD様は一番のお客様でありまして、売上の半分くらいがD様由来という関係上、
逆らったり悪口を言ったりなんて、とんでもないことです。
もちろん、お客様は神様です!つまり D=ネ申!



ちなみに視聴者もお客さんだとは思っていますが、別に直接金取ってるわけじゃないので、イチイチ相手していられない
つまり視聴者=視聴率=営業数字! みたいな。




・・・と思ってるテレビ局員は結構多いです。残念ながら。
[PR]

by soulwarden | 2006-06-22 01:14 | 怒り
2006年 06月 20日

誰かさんのおかげで

古川さん!あんたタイミング悪いよ!
別にいいけど、こっちの話だけど、あんたタイミング悪いよ!だからあんた悪くない!僕の間が悪い!





守秘義務違反は一切していないけど
ソ連で「スターリンは馬鹿だ!」と叫んだ酔っ払いが、国家機密漏洩罪で捕まったみたいにさ、
何で因縁つけられるか分かったもんじゃない。





いやね、人がたくさん来ることは(主にどこかと喧嘩してる時)結構あるけどさ、今回は多分来る奴来る奴放送人だから。。。
ユニーク数でいえばいつもの3割増しぐらいなんだけど、その質が怖い。
(6/21追記 なんか昨日はもっと来た)

念のため過去のエントリのいくつかは隠しましたがあしからず。
半月くらいたってギャラリーが散った頃にまた公開します。





悪いことしてるわけじゃないし別にばれてもいいんだけどさ。面倒なのは嫌いだから。
[PR]

by soulwarden | 2006-06-20 03:42
2006年 06月 19日

国民的行事?

サッカー見ながらふと思った。





衆議院の選挙行く奴よりも、大勢の人間がテレビ朝日見てんだろうなぁ。。。






明日は視聴率の出る日。何%まで行くか?
[PR]

by soulwarden | 2006-06-19 00:06 | 日常
2006年 06月 18日

古川ブログは裏話の倉庫だなぁ

ついこの前
ハイビジョン放送の帯域が足りてないんじゃないかって話書いたけど

元マイクロソフト日本法人の会長古川享ブログで、地上デジタルの仕様が1080iになったときの経緯が出てビックリする。

ふーん。こんなことがあったんだ。
デジタルの仕様決定に関して一番本気にならなければいけなかった放送局(なんせ自局の放送の仕様だ)が某公共放送の前にはあまりに無力だったんだなぁ。
どこまで信じていいのか裏の取りようもないけど。


そして地方局、本気で蚊帳の外だ。
まぁデジタル放送の仕様を知らない以前にデジタルの意味がよく分かってない人が放送局(の特に取締役)には多いので蚊帳の外で仕方ないんだけどさ。





 ちなみにマイクロソフトの推し進めていた720pはデジタル放送の仕様に入っているものの、実際には放送が出来ないし、放送しても意味がない。


放送できない理由・・・・720pの映像を映すには受像機側に「D4端子」が必要だけど、これに対応していない機種がある。


意味がない理由・・・マスターが720pにきちんと対応できない。再生デッキが1080iにしか対応しておらず、マスターアウト直前で720pに変える仕様のため、720pでのオンエアに意味がない。ちなみに放送局マスターなんて特殊な装置は結構な寡占業界だから他局も同様。
調べてないけど、カメラもそもそも720pで撮れないんじゃないの?って思う。





ちなみに古川ブログはデータ放送言語の決定経緯とか色々興味深いネタが出てる。首を傾げる記述も多いけど、放送人必見。
[PR]

by soulwarden | 2006-06-18 00:36 | 疑問
2006年 06月 17日

時事通信から返事が来た

=====================

孝和様

時事通信社メディア編集部です。
いつもモバイルニュースおよび「号外速報」をご利用いただきありがとうござい
ます。
お尋ねの件につきましてお答えいたします。
地震に関する「号外速報」は現在、「震度5弱」以上を配信の目安としています。
ただ、今回の九州・大分地方を震源とする震度5弱の地震に際しましては、編集
作業上の不手際により結果的に配信漏れとなってしまいました。お詫びいたします。
今後とも時事通信社モバイルニュースおよび「号外速報」をご利用くださいます
よう、よろしくお願いいたします。


=====================


それってある意味「特オチ」じゃないかとか、本当に編集不手際なのか?とか色々突っ込み所のあるメールが返信されたけど、一番の突っ込みどころは


名前間違えんな。
[PR]

by soulwarden | 2006-06-17 02:43 | 怒り
2006年 06月 15日

時事通信にメールしてみた。

 いつも御社の号外速報にお世話になっています。孝好と申します。
 私もマスコミ勤務ですので、御社からの素早い号外配信により重大事件に対して対応の遅れがなくなり、大変に助かっております。
 
 ところで今週の12日・13日、九州及び北海道にて震度4~5の地震が発生しましたが、御社からの号外速報は一切入ってこないままでした。
 これは昨年の関東で起こった同程度の地震(確か震度5弱だったと記憶しております)の際に、7通もの号外速報が入ったことを考えると、少々腑に落ちないものがあります。
 同じ震度でもその発生地域により取扱いが変わる等は、倫理性ゆえにありえないとは思いますが、確認いたしたくメール差し上げた次第です。
 
 御社において、地震の取り扱いはどのような基準になっていますでしょうか。号外速報の基準となる震度等、ご教授頂ければ幸いです。

 なお頂きました返信は、私のブログ(http://soulwarden.exblog.jp/)にて紹介する場合がありますのでご了承いただければと思います。 


孝好soulwarden@excite.co.jp








僕が覚えてる東京の地震、震度5強だったかも。。。その時には言いがかりだなぁ。
まぁ時事通信の対応方法が見てみたいから、違うなら違うで質問を投げてみようっと。

コレ見てる時事通信さん、ごめんねぇ。ネタに使われたと思うかもしれないけど、田舎者として真偽を知っときたいんだ。「知る権利」の行使だと思って許して。
[PR]

by soulwarden | 2006-06-15 01:11 | 疑問
2006年 06月 13日

もうなんにもやる気がしない

ジーコのばか。

















何が「ひとりでできた」だ!
[PR]

by soulwarden | 2006-06-13 07:07 | 日常