<   2006年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 28日

前言撤回:やっぱJASRAC必要だわ

 ちょい衝撃のあまり、私事を話すね。
 これを書くと人物特定されそうな気もするけど、分かった人も会社には黙っておいてね。
こっそり僕にメールください。


 えっとね、最近自主映画撮ってたの。最近更新が滞っていた理由もその編集のせいなんだけどさ。
初脚本・初監督・初カメラ・初編集。今月の頭にはまだ台本すら、というかカメラもなかったんだけど、何とか昨日完成させて、納入した。

 後は上映会を待つばかり、あっ、そうだ著作権の処理がまだだった。今回外国曲も使ってるし、英語で海外へ問い合わせとか面倒だなぁ・・・と思って、とりあえずJASRACに電話。
 邦楽の使用もあったけど、これは申請書だけ出せば問題なしって言われた。料金もCD1枚くらいの金額だし。で、問題の洋楽について問い合わせてみると、日本での権利会社を紹介される。

 
 今度は、その紹介された会社に電話。実は、楽曲の映画での使用許諾を・・・と話を持ちかけると



「そのアーティストですと、500万程度が相場ですね。」



はぁ?こっちは自主映画で仲間内でひっそり上映会やるくらいの規模なんですが。



「それとレコード会社への著作隣接権の処理に同額くらい掛かりますね。」


はぁ?ってことは合計8ケタですか?邦楽は4ケタだったのに?っていうか僕の年収ご存知です?

「だったらあきらめるしかないですね。」

・・・もう編集終わっちゃったよ。いや、許諾が先なのは分かってるけど、その曲使うかどうかなんて、編集してみないとわからないじゃん!
 


 それと、上映会後にWeb公開も考えてたんですけど、それは・・・・いえ、聞くまでもないですね。請求金額9ケタになっちゃうよね。
っていうか、AC/DCって、そこまでの大物か?




 とりあえず、編集しなおすしかないかなぁ。っていうか正直ムカツク。別に商売しようとしているわけでもないのに、そしてそんなに客も来るわけないのに何その値段?






 問題は許諾権だ。音楽なんて世界中で色んな人が同時に使えるはずのものなのに、元権利者は1人だから、「お前には使わせない」って言ったら簡単に使用料が跳ね上がる。

 つーか許諾権って少し納得できない。音楽なんて模倣子(ミーム)なんだから、色んな人に色んな風に受け取られ、ウィルスのように拡散していくものだろ?それこそ発表して手から離れたら、最早自分ひとりのものではなく、自分と、聞いてくれた人達全ての共有になるわけだからさ(全ての表現は、表現者と消費者の両方が必要だからね。)、手から離れたものをコントロールしようとするのが腑に落ちない。法学的には間違ってないんだけどさ。表現者的に間違えている気がする。



 そこへいくと・・・と思ったわけ。JASRACはえらいね。
 許諾権を強制的に委託させてるから、申請さえ出せば好きに使えるし、使用料も常識の範囲内だ。
 多分何も考えていないんだろうけど、その無理矢理システムは著作権法の目的の「文化の発展に寄与」していると思う。僕の活動が本当に文化発展かどうか知らないけど、JASRACは役に立ってる。後はおJASRAC自体が儲けようとしなければねぇ。。。お前らビルでかすぎるよ。


 








===以下、ロケンロールな僕。本音。==============================


  っていうか、まじむかつく!AC/DCお前らヘビメタだろ!商業主義に毒されやがって!
地獄にも著作権は存在するのか?!
著作権なんてクソくらえだ!お前ら俺の楽曲好きに使え!ってくらい言え!!!
 


 もう分かった!AC/DCの曲使ってやる!許可は取るけどテープに固定はしない!CDのまま使う!
 そして該当映像部分を生舞台に切り替える!これならただの演奏利用だからJASRACが何とかしてくれるし使用料も4ケタですむ!(訂正:3ケタだった)



 これって最早映画ではないが、これで上映する!!web公開はあきらめる!
ザマミロ!1000万円儲けそこなったなAC/DC!いい歳こいたスクールボーイは引っ込んでろ!!バーカ!





==========================終了==========




 あ、もしも自主映画に興味もたれた方がいらっしゃればメールください。
私的録画は著作権適用外ですので。
[PR]

by soulwarden | 2006-02-28 02:49 | 疑問
2006年 02月 26日

できた!

完成!
[PR]

by soulwarden | 2006-02-26 23:06 | 日常
2006年 02月 25日

今ふと思ったんだけど

 ふと思ったことだから、脳みそを通していないんだけど。



テレビ報道って、NHK以外は必要ないんじゃない?

どうせ信頼されていないんだしさ。





特番を一切組まないテレ東路線は正しい気がする。
[PR]

by soulwarden | 2006-02-25 12:36
2006年 02月 23日

編集多忙につき

すみません。更新ままならない状態です。


そういえば、ニンテンドーDSでワンセグが見えるようになるんだってね。
ポータブルDVDプレイヤーでもワンセグ受信が出来る機種が発売になるらしいし。


やられて気付く。ワンセグ、思ったよりも視聴範囲が広そうだ。
[PR]

by soulwarden | 2006-02-23 23:24
2006年 02月 22日

酔っ払いの更新

 うらっ!送別会のカラオケ帰りの孝好です。
 酔っ払いのまま、カラオケにて思ったことを語らせていただきます。






もうロックは所詮ファッション以外の何者でもないんだよ!この野郎!


ロックの政治性になんてアポロより昔に消えてるんだ!この野郎!


反体制を気取るなら商業主義にも反旗を翻せ!この野郎!


具体的にはクリエィティブコモンズ宣言でもしやがれ!この野郎!


大体コピーコントロールなんてロックの魂に反していると思わないか!この野郎!


聞いてるのか!おいっ!尾崎!




 ポーズで稼いでやがるロックにブーイングを!盗んだバイクで走り出せ!ロッキンオン!




追記:おいら、酔ってるなぁ。。。別に尾崎に文句はないです。最後、尾崎の大合唱になったのが原因です。
でも、ロックはファッションだという見解は素面でも曲げません。
[PR]

by soulwarden | 2006-02-22 01:54 | 怒り
2006年 02月 18日

確認書偽造発覚!電話してみた

確認書偽造問題。気付けば第3回。業界人以外、ほとんど興味を持たないB2Bの文書の話を延々とするこのブログ。マーケティングが分かっていないよね。


というわけで、昨日、岩手朝日テレビ(IAT)に電話してみました。
「ご来社戴ければ説明致します。」なんて、素敵な対応してくださった総務の方、ありがとうございます。行きたいけど平日は勘弁ね。
 というわけで話を聞きだすために「昔この業界で確認書の仕事してまして。。。」と嘘をつきました。IATの総務のおいちゃん、ごめんなさい。僕、ばりばり現役の局員です。事件当時は学生でした。それと、フレンドリーに「懐かしいですよね、それを昔はエム作業と読んでましたよね。」とか思い出話をしてごめんなさい。資料を読んで知ってただけの知識です。そして、ここに聞きだした話を書いちゃうけどゴメンね。報道目的のためという台詞は、何も報道機関にだけ与えられている言葉じゃないから笑って勘弁。



 報道発表と、業界内に廻った話と、電話して聞いた話をまとめた。
やっぱり確認書偽造しなくてもよかったんじゃないの?としか思えん。


 ことの発端は、ディーラー会社が悪いことをたくらんだ事から始まる。「親会社を騙そう」。
 ディーラー会社がCMで使ったお金には「販売促進費」が自動車会社から援助される。これを実際の金額より水増しして請求することで、プール資金を作ろうと企んだ。で、地元代理店に圧力をかけた。

 地元代理店はこう考えた。水増し請求をするのにも証拠が必要だ。証拠となりえるのは「CMの本数が入った確認書だ。」
 で、地元代理店の営業は、新入社員に「確認書の偽造を行え」と圧力をかけた。

 当時IATは、他社に先駆け、CMの放送結果を受けて確認書を機械的に発行するシステムを導入し、「放送確認書」を発行していた。このような機械式だと確認書の偽造は出来ない。
 そこで担当の新入社員は正規の確認書を抜き取り、ワープロと社印つきの紙を使用して「本数を水増しした放送確認書」を作成した。
・・・で、この選択に確認書職人達は首を傾げる。

 そもそも確認書にはCMの金額は入っていない。契約単位で、オンエア日・CM枠・秒数・CM素材名が記入されるだけだ。つまり、確認書だけでは「それが90万円か120万円かなんて区別がつかない」のだ。
 だから今回のケースでは、代理店に「急な発注で、例外的にCM単価が高くなった」と説明させれば特に問題なかったのである。それが通らなければ、深夜の空いてるCM枠で、サービスでオンエアすればいい。これなら後で回収できる貸しだ。確認書の偽造なんて禁断の大技を最初から繰り出す話ではない。いきなり必殺技かよっ!って突っ込みたくなる。
 つーか確認書なんて致命的なもの、(この体育会系業界の中)発言権のない新入社員に任せる業務ではないのだ。(まぁ、これは業界全体の空気ぬるかったのもあるけど)
 ここに、事件前年1996年に創業したITAの、組織と人員の経験値不足が見える。


 その後のFBS・MROの不正を受けての社内調査及び広告業界協会調査の時には、(抜く前の)正規の確認書の控えと発注データとの照合だったのでばれなかった。 IATも広告業協会も「不正なし」と報告している。

 が、その後でこの問題がIAT内部で問題にされ、実際に内々に処分は行われているらしい。



 まぁ、今回の事件、組織も人員も若かったのが原因・・・というのが、本当のところのようだ(と26歳は語る)。それと地元代理店の営業がバカだったのが。この代理店、ADKとの提携とかも解消されるだろうね。




 しかし、9年前の事件が急浮上したのが気になる。というか、(こんなずさんな偽造でこれまで税務調査で引っかからなかった事のほうがビックリだ)。




 今回の事件が明るみになった発端は、民放連へ文書で通報されたのがきっかけ。民放連がIATに問い合わせされると、既にこの件の内部処分も終わっているIATは「ごめん」とゲロったらしい。
 じゃあ何故9年前の事件を蒸し返す?これで幸せになるのは誰だ?



・・・・わからん。
 ちなみに静岡第一テレビのCM中抜きが発覚したのは、労務で揉めた挙句の社内告発だ。
今回もそんな感じかなぁ?と想像してみるのは簡単だけど、正解ではない気もする。


 まぁこればっかりは岩手に行って話を聞かないと駄目だろうな。もしも岩手に行ったときにはIATの総務のおっちゃん対応よろしく。
[PR]

by soulwarden | 2006-02-18 13:22 | 疑問
2006年 02月 17日

確認書偽造発覚!そもそもの話

 ごめん、昨日はいつの間にか寝た。

 えぇぇと、昨日はほとんど書いてないから仕切り直してもいいくらいなんだけど、

「CMは放送の確認が難しい」→「まぁ、信頼しあってやりましょうや。」
とのなぁなぁな感じで30年間CMは運営されていたってところまでだっけ?



 ちょっと待って。その前に、歴史的背景を説明する。


 民放はCMに関してビタ一文信頼がない。以前にやらかしちゃってるからだ。
覚えている方も多いかもしれない、1997年「CM中抜き事件」である。


 これは福岡放送がCMの発注があったにも関わらず、放送をせずにお金をもらっていたという、業界の信頼を揺るがす大事件だった。まぁ要は詐欺だ。
 さらに北陸放送も中抜きしていたことが判明。民放全体が大騒動になった。
(ちなみにこの2局は系列を一時外され、1年間ネットCM料金が受け取れなかった。)

 直ちに各放送局が社内調査を行い、「弊社にはそのような詐欺はありませんでした」
との発表を行ったものの、一度失った業界全体としての信頼性は取り戻せず、広告主協会が、広告業協会を各民放局に派遣し、調査を実施した。

 この時の調査では何も出なかったものの、翌々年、静岡第一テレビで「やっぱりCM中抜きやってました!」と(密告電話から)発覚。系列からの除名どころか民放連からも追い出される。(翌年再入会したけどね)


 激怒止まらないのはスポンサーだ。(当然だ)
 「お前ら信頼できないから、信頼とりもどせるようになんとか考えろ」と広告主協会を通じて民放連に迫り、
民放連はそれぞれ系列に「人的操作が出来ない機械式の放送確認システムを早急に作れ」と指導。

 その結果、機械式、俗にVITC方式と呼ばれるCMの確認法が開発された。
詳しくは省くが、これはCMが流れないと放送確認書が発行できないというシステムである。
 この導入が(前後するけど)1998年~1999年。各系列できちんと運用ルールが完成するのが2000年くらいだろう・・・と社内の資料からは推察される。

 これが「CM通知書」という名前のワープロ打ちしていた書類が「放送確認書」という絶対神聖視され、「放送確認書をミスったり、改ざんすることは放送事故よりも酷い」といわれるようになった経緯である。


(ちなみに、これでも信頼できないスポンサーは、独自のエンコードをCMに挿入し、自分達でCM確認している。さらに、CM中抜きがないか、これは今でも定期的に広告主協会が目視で調査を行っている。)



 以上が、この事件の下地。これは僕が入社前の話だから不正確な面がある可能性あり。
違っていたら訂正しますのでよろしくお願い致します。



 今回の事件の考察は、また明日。
 出来ることなら岩手まで電話かけて取材したい。事情は大体分かったんだけど、いまいち掘り下げられなくて。。。多分、今回テレビ局、悪くないと思う。
[PR]

by soulwarden | 2006-02-17 01:14
2006年 02月 16日

確認書偽造発覚!

出た!放送確認書偽造

 
 ちなみに放送確認書というのは、放送局で命の次に大事なものとされる。これに間違いがあるのは、放送事故を起こすより致命傷・・・だとされている。それを偽造するなんて・・・って話だ。


 普通に考えてオンエアされたCMは納品できない。納品するとしたらテープに録画することぐらいだけど、経費も手間も掛かって仕方ない。(多いスポンサーは、1月で1000本くらいはあるし。)
 それで、昔は信頼でやっていた。テレビ局が詐欺をするはずがないだろうとの信頼関係。



 ところが、それを裏切るような事件が起こった。



と、ここまで打ったところでいつの間にか寝ちゃってたんで、つづきは今日書きます。
[PR]

by soulwarden | 2006-02-16 08:34
2006年 02月 15日

ミュンヘンを観た

ミュンヘンを観た。


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
この映画鑑賞記は、友達のブログpeekaboo styleとの共同企画です。
 同世代が同時期に同じ映画を観て、どのくらい感想が違うのか。
 こちらも僕のこのエントリと合わせてご覧戴ければ幸いです。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

本編はこちら。但しネタバレあります。ご注意下さい。Double Team Review 『munich』
[PR]

by soulwarden | 2006-02-15 00:40 | 日常
2006年 02月 13日

切羽詰るRadio

 背に腹はかえられないのかラジオ。

ラジオは脳に効くだってさ。




同じ効果を謳ったテレショップが入ってきたら謝絶するくせにさ。
[PR]

by soulwarden | 2006-02-13 23:23 | 疑問