<   2005年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 29日

ワンセグほうそう♪

忙しい忙しいとのエントリしか上げていないような気もするけど、
実際に忙しいんだから仕方ない。帰ったら2時半だし。疲れてるよ。。。



ところで「1セグ放送」の記者会見があったねー。おかげで頭の中が聖者の行進の替え歌「デジタル放送♪」が鳴りっ放しで止まらない。
1セグは単純に稼げそうなので、(有料でも需要がありそうだ)今から大事。だって携帯でテレビが見れるんだぜ。「だからなんだ」になりつつあるけど、ここは「携帯でテレビはありうるパターンだ」って力説をしときたい。普及したら・・・・ラジオ業界を圧迫しそうな気もするが、関係ないか。


でも、正直、上のほうは1セグ持て余してるみたい。
稼ぎ方がまだイマイチ分からないのに、出銭がすでにあるのでやりたくないんだと。
稼ぎ方は誰かがおいおい見つけるんだし、既存のビジネスモデルのそのまま適用だって可能なわけだし、何よりテレビを1億台くらい新規設置するのと一緒の効果があるんだから、やらないって選択肢はないだろうと思うけど。



 そんなに困るのなら年間3億くらいで放送免許のレンタルでもすればいいのに。



・・・レンタルであったら借りたいな。事業起こしたい。





・・・・・・・・・・・と、仕事に疲れたサラリーマンは適当な夢(というか単なるフカシ)を語る。
[PR]

by soulwarden | 2005-09-29 03:19 | 疑問
2005年 09月 27日

クソ忙しい

 あんまり忙しすぎるとアレだね。


アンテナが鈍る。


何も考えられない。










それより明日明後日は・・・徹夜しないと仕事が追いつかないかも。
僕、事務職なのに。。。
[PR]

by soulwarden | 2005-09-27 01:08 | 日常
2005年 09月 26日

吉岡忍を引用してみる

 これは僕の言葉ではなく、数年前に吉岡忍の講演会で聞いた話。
ただ、もしも文脈を間違えて聞き取っていた場合の責任は全て僕にあります。





昔、といってもそんなに昔じゃない昔、日本社会というのは2つの軸があった。
一つは企業社会。もう一つが地域社会。
 近年になって、企業はその社会の構成員たる会社員をリストラの名の下に切り捨てていった。
これは、切り捨てられた方はもちろん、残った方にもこの社会は守ってくれないという事実を見せ付けてしまい、結果企業社会は崩壊してしまう寸前となっている。
 一方、もう一つの軸たる地域文化も、団地化などによる近所付き合いの減少によって、これも崩壊の手前だ。

 このような状況になってしまい、いま日本社会は情報に対して、根元の方から揺さぶられる状況が生じている。
 テレビの言うこと、雑誌の言うこと、そんな情報に対して一斉に揺さぶられてしまい、全員がそちらに向かう状況になっている。言うまでもなく、これは危険だ。





いや、別に何が言いたいわけじゃないけどさ。
いや、本当は言いたいんだけどさ。





ツッコミ禁止!
[PR]

by soulwarden | 2005-09-26 00:48 | メディアリテラシー
2005年 09月 25日

世界のCMフェスティバル

世界のCMフェスティバルっていうオールナイトのイベントがある。
CMを4000本くらい、徹夜でひたすら見続けるという狂気のイベント。

毎年「CMで食っている業界の人間として」行かねばと思いつつ、日程が合わない不思議。
今年も福岡公演はいつの間にか終わってるし。
大分公演は地理的に時間に間に合いそうにないし。



ってことは11月に勝負だな。
今の仕事の調子じゃあ10月以降のことは考えられないけど。。。
[PR]

by soulwarden | 2005-09-25 00:32 | 日常
2005年 09月 23日

まとまらない

3秒に1人子供達が死ぬアフリカを何とかしたいと、
心の底から思っている人には、
果たして日本人の血を流す覚悟があるのか?
それと僕達も飢える覚悟。
問われているのはまさにそこだ。


前に書いたこと。



正直、ここまで日本国民の過半数が思いこまないとアフリカは救えないと思う。それだけの問題だ。
 でも、そんな覚悟、僕にはない。僕は見も知らぬ人よりも、自分のブログ書く時間のほうが大事だもん。みんなそう。一瞬だけかわいそうに思うのは簡単だけど、自分の生活は代償に出来ない。
 となると個人で「やれる範囲」で効力がありそうなものを考える。ということは対象範囲も絞るべきだな。ダルフールのみとか。まぁ何にポイントを絞るかもおいおいだな。活動範囲はどの道ネットだ。

 ネットを使う限り、santaro_y さんの「祭りスタイル」に持っていって、人も関心を煽って、みんなの時間を3分ずつでも分けてもらう元気球方式にするのが一番だ。単純に面白いのに、何かの役に立つ形を目指したい。
 ちなみにネットでお祭りになりやすいのは、ネットしか知らない事実を糾弾していく際。のまねこみたいな。じゃあ炎上を管理できる形で引き起こすか?何を燃やす?・・・・ホワイトバンドか。それなら何の良心の呵責なく目一杯燃やせそうだ。R30(まだ呼び捨て)が燃やし方は教えてくれたし。・・・いや、どちらかといえばホワイトバンドはアフリカの貧困問題の提起には何気に役立っている。入口出口なんで友好的スタンスを貫いたほうがいいのか?でも、いい燃料だしなぁ。。。
 ただ、炎上させたエネルギーを、今度は反転させてアフリカのために向けなければならない。
・・・どうやって?いや、むしろそんなトリッキーなことするよりも「クリックで救える命」のように、最初から前を向いているほうがいいのか?















今のところのまとまらない僕の頭の中大公開。
[PR]

by soulwarden | 2005-09-23 07:37 | 例の白い腕輪
2005年 09月 22日

瞬間沸騰!!!!!!及び今後の話について

(今月いっぱい、一番上に上げています。)



 もう書かないって言ったけど、撤回!

ホワイトバンドプロジェクトの本店、いつの間にか生産国の表示を消してやがった!!!何時からだ!?

つーかHPから消したら問題解決するんかい!今回の仕掛け広告代理店(代理店が噛む時点で変だと思わない?)の社員ブログ8/14に、南アフリカでの生産開始を示唆する発言はあったが、これも片鱗だけ残して消えてるし!南アフリカ生産なら意味があるからホワイトバンドも見直してやる気だったのに!!!
ムカツク!





ホワイトバンドについて、これ以上書かないって決めた理由。そして、また書いてる理由。

 アフリカ問題を認識しておきながらそれを放置している僕の良心が「ただ今、呵責・呵責をしております」って訴えてくる!ホワイトバンドの問題点について書く度に「じゃあお前はどうなんかい?」と怒ってくる!
かと言って、僕に出来ることなんか何もない!問題が大きすぎて、とてもじゃないが手をつけられない!借金帳消しじゃまるで駄目なんだよ!絶対に余計な武器買うだけだもん!

 ホワイトバンドの主催の奴等は、こんな呵責に耐えながら運動してるのか。自分達の運動がアフリカの子供達を救わないことを知っておきながら、それでも300円の輪ッか売り続けて。すげータフな精神だな。
 それとも、本当に自分達の運動が意味があるものだと無理に思い込もうとしているんだろうか。それもまたすげータフな面の皮だな。

 だからもう書きたくなかったし、アフリカ問題に対しては何もしないと放言し続けた。

 この前からずっと考えていたんだけど・・・一つだけ、僕にでも出来る、でも、やってもやらんでも同じような発想ならある。ホワイトバンドと同程度の成功率(低っ!)の企画。最初に思いついて、いやいやこれじゃあ余りにもと思い直して、それでもこれくらいしか結局思いつかなかった企画。

 ホワイトバンドがやった作戦と一緒のメールアクション。

趣旨は「アフリカ大陸への武器禁輸の国連での提案(国家間個別交渉)及び採決への努力を、日本政府に求める」
賛同者には、専用フォームにコメント及びメルアドを入れてもらう。(選択非公開もあり)
万単位で、メルアドとコメントを集めたら、代議士を通じて外務省に渡す。



・・・・・・・・・やばい。自分で書いときながら、絶望的にアフリカの子供達を救える気がしない。
万が一うまく賛同者が万単位で集まって、万が一うまくそれなりの政治家を説得できて、万が一うまくその政治家が外務省を説き伏せて、万が一うまくチャイナとかが邪魔しなくて、万が一うまく国連で採択してくれて、万が一うまくそれが効力をきたす様に国際社会が体制を整えてくれたら・・・・・・・・考えるだに遠すぎる。

 何かやった気になって終わりだったら意味がない。ホワイトバンド買った奴と同じ、それではただの自己満足に陥ってしまう。もっと意味がある事が何かできないだろうか?


 ごめん、これを読んでくださってる皆様にご相談!





アフリカでの惨事を救う何かいい手ない?
そして、いい手があったら、全力で何とかしてみない?





しばらくこの記事を一番上に上げときます。

9/22追記 そしてごめん、このエントリに頂いたコメントについては、今月中くらいレスを避けさせて頂きます。しばし潜航させて。申し訳ない。後でまとめますので。。。

10/6追記 申し訳ない。。。週末まで待って。。。
[PR]

by soulwarden | 2005-09-22 03:22 | 例の白い腕輪
2005年 09月 21日

僕が追い詰められてる理由

 急がしいっす。そして、どこのどの口が「毎日更新する」って言ったのでしょうか?
すみません。

ここまで追い詰められてる理由を書き出してみるスペシャル
・10月期が迫っている

以上!


 僕は事務屋さんなんだけどテレビ業界での事務職って何やってるんだか、あんまり世間には知られていないと思う。報道とか制作とか技術とかアナウンスとかは、基本的に語感の通りだけどね。

じゃあ、テレビ局のお仕事を書き出してみるスペシャル
・営業      DやHにいじめられるのが仕事。スポット営業とタイム営業がいる。
・デスク     営業デスク。営業のとってきた仕事を、実際にCM枠として確保(この作業を
          時間取りと言う)する人。営業数字を同時に管理する場合が多い。これもスポッ
          トデスクとタイムデスクがいる。
・枠管理     時間取りを行うための販売枠を管理する人。「9/12の報道ステーションの枠に
          は375秒のスポット枠があって、うち30秒だけ時間取り済」とか、そんな感じ。
・営業経理   請求書を出す。
・企画      新しい商品開発を行う。
・確認書担当 放送を正確に行いましたよという納品書代わりの放送確認書を発行する。
          昔あったCM中抜き事件を発端に、妙に厳しい。
・編成      実際の放送番組表を決定する人
・広報      番組広報や電子番組表(EPG)の作成、新聞発表を行う。
・ネットワーク 系列ネットワークとの窓口業務・情報収集を行う。
・回線      マイクロ回線の申請を行い、東京キー局の番組を自局に引き込んでくる。
・フォーマット 番組のCMや提供イベントの管理を行う人。
・視聴者対応 こんな感じの仕事。電話かけないでね。
・伝送      キー局との放送用のデータの交信の管理をする人。
・考査      搬入されたCMやテレショップ等が法令違反や嘘を言ったりしていないかチェッ
          クをする人
・事業      イベント(コンサートとか)の企画立案と運行を行う      
・法務      著作権管理や自局番組が法違反してないかチェックする人
・コンテンツ   他局に番組を販売したり、過去映像を売ったり、映画化したりする
・プレビュー  オンエア前に実際に目視で番組の確認を行い、テープにキズがないか、CM入
          り時間が間違えていないかチェックする人
・素材      代理店から入ってくるCM素材を管理して、それを時間取りされたCMに指示通
          りに割り付ける。
・VAF      提供スーパーやオープニングタイトルを送出するVAFという機械の管理・素  
          材登録作業をする人。
・バンク     CMを送出するCMバンクに、使用するCM素材を登録していく仕事。
・放送      1日の放送運行データをプログラムする人。
・送出      三交代でオンエアが正常かどうか見張ったり、テープを掛け換えたりする人。


 事務職(少し技術)ばかり、具体的に書くとこんな感じ。キー局なんかは、この書き出した項目の1つの業務に、10~20人くらいいたりするけど、地方テレビ局にはとてもとても人が足りないので・・・1人が3つくらい掛け持ちをする。もちろん、2・3人で分担して行う業務もあるけど。僕の業務も項目にして4つ半くらいはやってる。


・・・正直、忙しいっす。
 ただ、キー局と比べて明らかに利点なのは「業務が多岐に渡るので全体像が把握しやすい」
ことかな。つーかそもそも、キー局の人間は放送に至るまでに、これだけの業務があることを把握していない気がする。まぁ、地方局の人間だって怪しいが。 


 まぁ、守備範囲が広い分、かなり自分の勉強にはなります。
 だけどね、正直お休みが欲しいです。ごめんなさい。体キツイです。。。
[PR]

by soulwarden | 2005-09-21 02:05 | 疑問
2005年 09月 18日

世間は3連休なのに

僕も一応3連休のはずなのに、毎日会社に行く羽目になっているのは誰のせいだ!?

キー局のせいだ!
うちの局のせいだ!
それと僕のせいだ!
つーか僕のせいだ!
全面的に僕のせいだ!



昨日は会社で午前様だぞ!会社で放送終了のエンドタイトル見ちゃったし!
お休みなのに!何が悲しくて26歳夏の終わり!




・・・じゃあ、会社に行ってくるよ。仕事が溜まりまくっているし。

何でこんなに忙しいかはまた後日にでも。。。
[PR]

by soulwarden | 2005-09-18 10:30 | 怒り
2005年 09月 17日

ヤラセも出来ない場合

まぁた酔っ払って、徒然なるままブログ書こうかなと思ったんだけど、
まぁた同じネタとかになりそうなんでやめとく。それよか、一昨日の続き。
そして先に言っておくと、結論がないよ。だって、酔ってるからそこまで考え切れないもん。
信じてもらえないかもしれないけど酒嫌いだ。。。


 一昨日の続き。報道は物語を持って仕事に臨む。
とすれば、さらに大きな他人の物語に飲み込まれてしまうこともありうる。
例えば今回の選挙だ。出来れば政治がらみの話は書きたくなかったけど、あまりに適切なんでつい話を持ち出すと、今回は小泉さん一人が話の紡ぎ手だった。
 それ以外の人は全て、小泉の物語に乗るか、そのアンチテーゼを張るしかなかった。別の物語を持って選挙に望んだ人は北海道選出の例のあの人以外に誰もいない。

 報道部は編集権を報道の自由・表現の自由だと言って大事にするが、何のことはない、その編集する際の意識を持っていかれてるのなら、最初から編集権がないのと同様だ。

 じゃあ、現実とも乖離してはならず、かと言って他人の物語にも飲み込まれない方法を現場は考えないといけない。現実に落とし込めない議論は嫌いなので、今回の話に落とし込むと
「じゃあ、小泉さんの言説に惑わされない、且つ状況を正確に伝える報道ってどうすればいいの?」
 もちろん、誰一人としてそんな芸当には成功していない。対峙者の民主党ですら出来なかったんだから仕方のないこととも言えるけど、みんな小泉さんの語る物語に飲み込まれちゃった。
だから全ての番組が並べて小泉広報番組と、その真逆を張るだけのアンチ番組という2択状況になっちゃった。

 本当のところ、現状では仕方ない事態だと言える。お前ならどうする?って聞かれてみても、「いやぁ・・・」としか言い様がない。当事者がすごく大きく物語ってるんだから、それを取り上げた瞬間飲み込まれそうだ。ぼんやり考え付くのは「番組毎にターゲットを絞って視聴者に訴求して、そこに立ち位置を確保する」というやり方くらいか?でもこれはテレビ向けではない。どちらかというと雑誌的かな。ターゲットが最初から絞れてるから。でも雑誌社だってきちんと明確な立ち位置を保てたものはいないしなぁ。。。



 アップする前に寝てしまった。今読んでもあんまり内容がない。ごめん。今から会社に行って来ます。



 
しつこく書くけど、別に僕の政治的スタンスを表したいものではないので。
[PR]

by soulwarden | 2005-09-17 10:18 | 疑問
2005年 09月 15日

ヤラセが起こる理由って

 誰か僕に睡眠時間を下さい。
なんかやることいっぱいです。スーツとパジャマで撮影とか。


 つーか、ここまで追い詰められてんのはキー局のせいだ。キー局が僕が狙い撃ちしてる。
「あいつを困らせるために作業遅らせてやろう。」なんかそんな気がする。
このやろ!普通に困ってるぞ!早いとこCM量確定させろ!10月期っていつから始まるのか知ってるのか?!

 そんな中、世間がすっかり忘れてる風味のヤラセの話でもしてみる。
ヤラセって、これとかこれとか。
 しかしもう1週間も前だよね。今更何の話?って感じがする。つーかこの感覚は危険な気もするがスルー。
 この話の前提として、テレビ局の良心たる報道に絞って話をする。バラエティ?あんなんヤラセ満開に決まってるじゃん。っていうか、バラエティはそれで誰も傷つかないから別にいい。この分野では演出とヤラセの差って本質的にはない。バラエティじゃなくて「ドキュメンタリー」とした場合は問題あるだろうけどね。


 えぇとね、一般的な話として、個人の資質的問題と組織構造の問題がある。
どこの組織にもどうしようもない奴はいるもので、その時点で、ある程度の問題発生要因を抱えてしまっている。まぁ、僕は確実に問題派生要因だわな。
 それに対して組織が、社員マナーアップ運動(笑)やチェック体制の確立、パスワードなんかで権限者を限定する等で、個人の資質から来る問題発生を抑えようとする。これが一般的な構図。
 もちろん逆もある。例えばある業界で、長年に渡って(政府黙認状態で)談合が行われていたと仮定する。で、そこに勤める担当者は、自分の良心に背いてでも、違法な行為をやらざるをええない。
 日本の会社では、組織構造に問題がある場合が多い、と思う。両方の意味でね。
風土的なものなのかな?「家族が食えないので泥棒しました」は人情には訴えるものの「いや、でも犯罪だから」になるのに、「会社がやれといったから談合しました」は、少なくとも会社に勤めてる人には「あー仕方ないわね。でもそれが勤めだもんね。」と認めてもらえる。というか分かってくれる。
 この差って気持ち悪い。「いや、でも犯罪だから」って会社に言えよ。僕は言えないけど。


 話を戻してヤラセの話に戻ると、ヤラセで企業としてのマスコミが得をすることは全くないので(信用失墜は視聴率やセールスに普通に跳ね返る。)、組織としては個人のヤラセ資質を抑えようとする方が重要になる。
 で、報道のオンエアテープはデスクがチェックをすることにはなっている。ただ、そこでヤラセが発覚するかどうかは疑わしい。というか、番組始まってもまだ編集してることってあるし。もちろんその場合ノーチェックだ。
 あと、「面白いものを寄越せ」というデスクからの圧力や人数減による作業量の圧力は、組織構造の問題ではないかと思う。追い詰められたらヤラセに走る可能性が高くなるから。


 ただ、ヤラセの質がいちいちしょぼいのは何故だ。伊勢海老釣れなかったんで買って来ましたとか、お守り持たせて見ましたとか、正直どうでもいいネタばっか。
 多分、これは最初に物語を作るからだ。
 物語を持つことは悪いことではない。物語なき映像は散漫になってしまい、見れたもんじゃなくなる。
 映像って言うのは同じ素材を使っていても編集如何によっては悲劇にも喜劇にもなりうるという特性を持つ。と言う事は、現場で感じたり考えたりした物語を正確に伝えることが必要になる。もちろん、公正中立な立場で、取材対象者の発言の意図を損ねたりしてはならない中での物語だ。
 で、その物語を取材前に先に作っちゃう。そしたら「こうあるべきだ」との物語に、現実を無理矢理合わせようとして、洗濯機をふっ飛ばしたりとかいうニュースの捏造をするようになっちゃうのだ。
・・・こうして考えると、個人の資質よりも(これも大きく影響はすると思うが)、先に全景が頭に入ってしまうニュース取材というものの(組織ではなく)構造的な問題のような気がしてきた。
 しょぼいヤラセはなくならないだろうね。情けない話だけど。


 前に釣り番組にて、こんな事があった。
「   第*回放送分のXXX沖の真鯛を追うの回はオンエアを中止し、
  放送予定を全て繰り上げます。申し訳ありません。
  理由・・・釣果が全くなかったため。                          」

・・・そのヤラセなど微塵も感じられない潔さに惚れそうになった。
というか、これをオンエアしたら、さぞかし楽しかっただろうな。スポンサー大激怒間違いなしだけど。
[PR]

by soulwarden | 2005-09-15 01:06 | 疑問