ニセモノの良心

soulwarden.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 11日

ラジオを聞きまくってみた

長距離ドライブを平日にやらかしたおかげで、

School of lock
Jet stream
やまだひさしのラジアンリミテッド

をもれなく全部聞いた。いま計算したら総番組時間が5時間な事に気付き、どっと運転疲れが出た。腕と腰が痛い。





でも、なんかラジオ面白かった。

超のつくラジオっ子だった昔の血が騒いだ。投稿とかしてみたい。
(僕は丁度、ミニオンナイツやラジ王、中島みゆきのお時間拝借で育った世代だ。マリちゃんズ大好き。)













ラジオ、特に深夜ラジオの魅力って、深夜に繋がりあっている感覚にあるのだと思う。
誰も起きていない夜に、起きている同士が電波を通じて広く薄く繋がっている感覚。
いうなればMixiみたいな。
しかし電波と言う完全に一方向のマスツールなのに、極めてパーソナルに近いツールのように見せかける手法はお見事。ラジオでは司会者のことを「パーソナリティ」と言うけどまさにその通りだなと思う。




ただ、あんまり商売になっていない気がする。
番組内の毎回決まった時間帯に1分くらいの決まった音楽がに流れてる事がある。昔は意味が分からなかったが、今なら分かる。あれローカル用CM枠だ。

この5時間でたくさんそれらしき「使っていないCM枠」は耳にした。それをそのまま流しているということは最初から売る気がない。つまりローカルCMにそれだけの需要がないって事か。

しかしスポット需要がないと各局も厳しいだろう。特にラジオのネットタイムの配分は値崩れしてるんだから。



個人的には消えて欲しくないメディアなんだけどねぇ・・・
EDINETでFM各局の様子を伺う限り相当厳しそう。




なんというか・・・がんばれ。ただの感傷なのかもしれないけれど。
[PR]

by soulwarden | 2006-08-11 04:24 | 日常


<< 視聴率の仕組みから消費者の責任...      そりゃプロデューサーが正しい >>