「ほっ」と。キャンペーン
2011年 03月 21日

放送に総括を

今日から2度目の月曜日。


今回の地震で、民放が色々叩かれた。
そして叩かれるだけの問題があったのは間違いない。

ただ、それは何か?
切り分けないといけない。



不安でたまらない人は
「TVは何か隠しているだろう!安心ください安心ください言ってるだけじゃないか!」と言うし
反対側からは
「不安を煽るような報道はやめろ!今回はチェルノブイリと違う!」となる。




対東電にしても
「あんな暴言吐きやがって!」
「スポンサーだからって、かばって隠蔽してるだろ!」と2パターンの声がある。

避難所も
「映すな!プライバシー侵害だ!」
「映して安否確認に!」と見解が分かれる。






だから地震発生からこれまでの報道について、ちゃんとメディアは総括の場を求めないといけない。
何が良くて、何が間違っていたか。
何が伝えられて、何が欠落したか。
何がメリットで、何がデメリットだったか。
どこが安心を与え、どこが扇動的だったのか。


放送媒体は、今のこと先のことばかり考える癖がある。
そこには電波は消え物という意識があるし、まぁ何より先のこと考えないと放送間に合わないって現実もある。


だけど、1つ1つの件をきちんと振り返り反省しないと、また同じことを繰り返してしまう。


1人1人や番組単位での反省はもちろんだけど、放送媒体全体として総括が必要な気がしている。
じゃあBPOみたいな外部機関がって話じゃなくて、健全で自立した業界として、ちゃんと自己反省しましょうよってこと。
[PR]

by soulwarden | 2011-03-21 12:18


<< 【よくわかる】ACの仕組み【ぽ...      あと日本共産党福島がすげー >>