2010年 05月 31日

TBS「革命×テレビ」が面白くない

革命×テレビ、面白くないというか・・・正確にはぐだぐだ。


このぐだぐだ感はustでは普通だけど、TVで見るときつい。



TVは知らず知らずに「同じテンポ」で動いている。視聴ターゲットにもよるけど、大体そのテンポは一定。そのテンポとustのテンポがあっていないのが原因としては考えられる。
 あとは技術的なものが、現場に影響している。現場にOAを映す戻り回線がないと、どうしても間は悪くなるよね。(これ多分ないよね。あるならustの意味なしだし。)
 中継切れとか、テレビの世界のお約束じゃ普通にありえないことも起きているし。

このままじゃ、すぐになくなりそう・・・



 以上、感想。
 じゃあ、出来はさておいといて、ではこの番組をテレビでやる意義。

多分ない。

 以前にも書いたが、ustのメディア意義としては、情報の取捨選択の箇所が編集者から視聴者に変わる点だろう。
 これは、チャンネルの選択肢が増えるって話だけじゃなくて、情報発信側として何を削って何を載せるかが視聴者側=発信者として委ねられているってことね。twitterも同じ。


 しかしながら、大勢の人が見ている中では、編集側での情報の取捨選択は絶対に必要。じゃないと、放送に乗せてはいけないフレーズが乗る可能性がある。(エロ絡みのネタから始まって名誉毀損ネタまでね。)
ということは、ustの持つ意義とテレビ放送は根本から相容れない。イコール「ただの画質が悪くてぐだぐだな中継」となってしまう。

普通のカメラとマイクロ使ってやる中継で実現可能なことやってるんだから、そりゃ意義なんてないわ。制作費安いですぐらいの話だ。
twitter連動にしても、メールのお便り募集と何も変わらん。生放送でスマステが昔からやってるわな。


この番組、なぁにも革命なんてしてないよ。




久しぶりに日に2本更新。やったね。
[PR]

by soulwarden | 2010-05-31 00:29


<< 反芻するメディア      <Hearts of IRON... >>